FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

SINGHA beer & SINGHA Light beer



 タイで有名なビールといえば、このシンハ・ビールを欠くわけにはいかないだろう。

 タイにもいろいろなビールがありますが、このシンハは日本で言えば「昔のキリン」のような存在です。

 キリンがトップシェアを誇っていた頃は、「どういう訳かキリンです」という広告もあったぐらいですからね。



 さて、ご多分に漏れず、このシンハも様々な銘柄を出しています。

 これはシンハ・ライトビールです。

 ライトと名が付けばアルコール度が低いのが、その特徴ですが、このライトのアルコール度は4.5%。

 じゃ普通のはというと、こちらは5%。

 わずか0.5%しか違いません。

 それってライトというの? 言うのかなぁ…?

 2018.1.12 タイ・バンコク



 ちなみに標準タイプのものを過去に撮ってありました。缶の右すみに5%と見えます。


 (2012.8.7 バンコクにて撮影)

 この標準タイプですが、スーパーの世界のビールを扱うようなコーナーで売っています。

 ちなみに柿生のマルエツにもありました。なぜかビンでしたが…。

 大体330~350mlで、350円内外です。
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。
海外のビールはさっぱりしていて好みなのが多いです。とは言っても普段は第3ばかりですが(汗)。
最近は海外ビールも買えるので、こんなのみると近所のイオンリカーとかに行きたくなってしまいますね。

No title

> 朝霧高原さん

私の場合は海外と言っても東南アジアが主ですが、少し前までは旧宗主国から教わったままの製法で作られていたものも多かったです。ですから、なんともおとなしい味のものが多かったと記憶しています。

最近は見直しがブームみたいですから、その後の新しい製法で作られたものもありますが、昔から頑固一徹的なものも見つけることが出来ます。タイでは発泡酒や第3のビールは見かけませんでした。

No title

僕もビールは大好きです
やじたかさんがタイに行かれた2013年頃のビアシン小瓶のアルコール度数は
6%だったような記憶が有ります
4%も5%も6%も飲んでしまえば同じなのですが^^

日本の発泡酒という規定に当てはめるとレオが該当すると思います
僕のレストランでは扱っていません・・・まずいから^^

No title

> ROMさん

あの小瓶は、アルコール度がそんなに高かったのですね。レストランだと店員さんがついでくれるので、あまり瓶をしげしげと見た記憶がありませんので度数は知りませんでした。
あのレオって発泡酒だったのですね。今回はあまり見かけなかった記憶があります。前はよくコンビニやBig-Cで見ましたけれど。

そう言えば昔クロスターという銘柄があってシンハより心持ち値段が高くてグリーンの瓶が印象的でした。しばらくタイ訪問が出来なくてそのあとタイへ行ったら、「クロスターはなくなった」と言われて残念な記憶があります。瓶の色から実はあれはハイネケンだったのかなと感じていますが真相が分かりません。
もしその辺の事をなにかご存知でしたらご教授頂けたら幸せです。なにせ長年の謎のものですから。ハイ。

No title

>クロスター

クロスター・・・懐かしいビールでとっても美味しいビールでしたね 僕も大好きでした

十年以上前にライセンスを持っていた会社が倒産をしました
クロスターの製造工場は現在タイで流通している「キリン一番搾り」を作っているそうです。

また、クロスターは瓶の色が一緒だけでハイネケンとは無関係です

No title

> ROMさん

倒産してしまったのですか。どうりで「ない」訳ですよねぇ。

あの美味しいビールがもう飲めないのかと初めて知った時の落胆は、自分言うのもなんですが酷かったです。
ハイネケンとは無関係でしたか。

長年の疑問が解けて、すっきりとしました。今日のビールは特別に美味しく感じられるでしょう。あれ今日は休肝日だった(苦笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://yajiblo2.blog.fc2.com/tb.php/3906-08ae66e6

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

ジモティネタ満載の姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしくお願いします。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (371)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (153)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (78)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (57)
JR (151)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (476)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (45)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (100)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (220)
メトロ II (15)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (8)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (80)
飛行機_海外 (65)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (220)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (77)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (173)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん