FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

麗しの島・台湾 16

台北へ移動

最終日は、ホテルの朝食も食べることがならず早々に空港へ向かう日。つまり台湾での観光にあてられるのは今日が最後となった。

基隆のホテルを引き払い、ここ連日歩いた道を荷物をもって基隆駅へ。また昨日乗ったバス路線で、まず松山機場へ。そこからタクシーでホテルへ向かう。
何せ翌朝が早いので空港近くに宿をとった。つまり空港からタクシーでのアクセスが一番早いのである。

そうは言っても、まだチェックインするには早い。ホテルで手続きだけをして荷物を預かってもらい身軽になって、いざ市内へ。

台北 中山地下街

台北駅は昨日チェックしました。が改めて台北駅周辺の地図を見てみるとやたらと地下街が多くなっている。こんなにあったっけ? というぐらい数多くある。いかに来ていないかの証拠である。もっと頻繁に行かなくちゃねって。
そ、そういう問題か!

台北駅に向かう途中の中山駅で下車し、地下街を歩く。



この地下街はオープンしたのが比較的新しいようで、フリーWi-Fiスポット&携帯の充電コーナー兼お休みスペースがあった。

たくさんある地下街での特徴を持たせようとしたのかこんなものもある。



AKB48公式台湾店ですな。
アイドルって、中国語で書くと 偶像 なのよね。やっぱり偶像だよなぁ……。



本家本元のAKB48じゃなくて、SKE48とかHKT48。なんかグループ店のような扱いですなぁ…。
いたずら書きみたいなものがあったので、なんだァと思って近づいてみたら…。



メンバーの2人ほどが台湾に来たらしく、そのサインであった。

 オジサン的には、SKEって、どこ?の世界である。(後日、調べてみたら名古屋だそうです)

 この中山地下街の特徴は、これだけではなかったのです。

 まず、懐かしのこんなものから、


日本の新世代の輸出もの。




この輸出文化、バンコクでもシンガポールでもありましたし、この台湾でも…。

ただ、いくら輸出しても、日本に直接的なリターンがないのが、ナンですな。

2014.8.14 台湾 台北
しつこく、まだ続きます。
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。

面白いですね。台湾は漢字が残っているので意味が分かります。お互い片言の英語でコミュニケーション取るよりも筆談で漢字を書いた方が意味が分かりあったりして仕事の時は面白かったです。
カラオケ店では昔の曲が沢山あって、逆に新しいのが少ない状態でした。今はネット時代なので情報のリニューアルがされない所は残ってしまうのかもしれません。近いのですけど外国なんだなあとつくづく思います。

No title

小田急指令掛川さん

台湾の漢字は大陸と違い簡略体ではないので分かりやすいですね。漢字で表現される意味さえ間違えなければ意味はわかるのがいいです。
カラオケ店はいきませんでしたが、インターネットを使った通信カラオケ(そんなのあるのかな?)だと日本とリアルタイムで大丈夫かも。でも盛り上がった曲の途中でビジー状態になり画面も曲も止まってしまったりして(笑)。

No title

AKB48の公式ショップがあるのですか。台湾でも、日本のアイドルが知られているのですね。インドネシアには"JKT48"(ジャカルタ48)があるのですけど、TPE48なんて結成されないのかな?
女僕喫茶(メイドカフェ)もあるのですね。秋葉原と変わらないですねえ。私は、香港で女僕喫茶に入ったことあります。

No title

SilverKrisさん

時代なんでしょうかねぇ。日本に憧れると日本文化を取り入れたくなる。本文にも書きましたがバンコクにもありましたし、シンガポールにもありました。どちらかというとシンガポールの方がオタク文化という点では目立っていました。
秋葉原では初期に出来たお店から閉店が始まりつつあるようですし、ひとつの時代の変化起こりつつあるようにも思います。
トラバをありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://yajiblo2.blog.fc2.com/tb.php/2480-984eeb96

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (369)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (77)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (53)
JR (147)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (474)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (99)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (219)
メトロ II (14)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (76)
飛行機_海外 (62)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (75)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (171)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん