FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

20年目のバンコクホリディ 03

こちらが新型BTS車両。目が釣り上がってデザインが今風です。



珍しくラッピングをしていません。
造ったのは中国の会社。おそらく大分ディスカウントしたのでしょうか。価格競争になると日本をはじめ欧米諸国は、中国製に負けてしまいます。

この駅まで乗った車両は、ちょうどコンプレッサーの上でした。
懐かしいコンプレッサー音と振動。座席に座っていると足が共振してブルブルと震えます。
い~や、懐かしい。
小田急線で言えば、いま引退しつつある5000形のレベルでしょうか。いや、それ以前かな。

安い理由は、こんな所にもあるのではないかと思ってしました。



ま、性能とは関係なくデザインは、有名どころのようです。



この撮影したウォンウィエン・ヤイ(Wongwian Yai)駅は、バンコク市内を流れるチャオプラヤー川西岸になります。
王宮をはじめ、宿泊しているホテルなど、ほとんどの観光施設や政府機関は東岸側にあります。
西岸で有名な場所と言えば、ワット・アルン(通称:暁の寺)ぐらいでしょう。
西岸は、どちらかというと市内でも開発が遅れていた地域。それを一気に取り戻すべく、下を走る一般道路も太く、そしてビルも林立しました。

バンコクには、BTS、MRT、エアポートリンクを除いて、方面別に3つのターミナル駅があります。
いわゆる国鉄従来線と呼んでよいでしょうか。バンコク中央駅と呼んでいるフアラムポーン駅。ここに主な列車が発着します。
そして、対岸のトンブリー地区にあるトンブリー駅とこのウォンウィエン・ヤイ駅です。

トンブリー駅から発着するのは、その先は、ビルマに通じていた泰緬鉄道の路線。現在は途中のナム・トク(Nam Tok)で途切れています。この路線は中央駅からの路線を途中で分岐し、乗り入れることが出来ます。

最後なりましたが、ウォンウィエン・ヤイ駅が発着するのはメークロン線。元私鉄路線だったそうで買収されて国鉄になったそうです。そして、他のどの路線とも接続していません。

BTSウォンウィエン・ヤイ駅と国鉄ウォンウィエン・ヤイ駅が近いかというと、徒歩10~15分かかります。
でも同じ駅名です。
そこを歩いて移動するのは外国人観光客ぐらい。地元の人はバイクタクシーやタクシー、バスなどを使っているようで見かけませんでした。

2011.8.14
つづく

スポンサーサイト



コメント

No title

こんなに近代的な風景が広がっているんですね。
周辺各国の追い上げには目を見張るものがありますね。

No title

ワタシダさん
開発途上国では、先進国がいくつかのステップを踏んで到達した部分に中抜きで到達してしまいます。
ひとつの街に古き時代と新しき時代のものが同居しているおもしろさがありますね。

No title

チャオプラヤー川の西側までBTSが開通したのですか。バンコクに最後に行ったのは4年前なので、かなり変貌したようですね。顔のデザインとしては、ちょっと怖い気がします。

No title

SILVER KRISさん
更にこの先へ延長工事が進んでいます。
もう一方の線も延長工事が終わったばかりで、新規の開業部分は当初は無料とか。どんどんと先へと伸びています。

目尻の上がったこの顔立ちはE655系の「和」にも通じるものがあるのではないかと感じました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://yajiblo2.blog.fc2.com/tb.php/1352-dad95f1c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

ジモティネタ満載の姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしくお願いします。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (371)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (153)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (78)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (57)
JR (151)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (476)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (45)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (100)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (220)
メトロ II (15)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (8)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (80)
飛行機_海外 (65)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (220)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (77)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (173)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん