FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

レンズテスト



今回、私の財力では、めったなことでは使えないレンズを使う機会にたまたま恵まれましたので、ちょっとテスト撮影させてもらいました。

Nikon AF-S NIKKOR 200mm F2G ED VR II

折角ですからD700を用意して、フルサイズでテストです。

さすがナノコート仕様と f 2 です。ファインダーの見え方から違っています。
もう惚れ惚れするような切れ味。
普段は迷ったり・遅いと思っているAFの追従性も文句が出るはずがありません。

描き出す絵も、キレがあるのにコクがある(どっかの宣伝文句だな)。

やっぱイイわ。とため息がでます。

それだけの仕様ですから、重いのはしょうがありません。もち上げる時「よぉ」とかけ声をかけて気合いを入れないと手持ちは厳しいです(ま、おじさんですから仕方がないです)。

それでも手ぶれ補正もあって、手持ちも大丈夫でした。

いつかはクラウン(古!)ではないですが、いつかは手持ちレンズのラインナップに加えたい。そんな気にさせるレンズでした。

ちなみに絞りはf2.8。カミソリピンと言われる f 2 さすがに恐くて使えませんでした。

2011.4.24 鶴川-玉川学園
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。

今ググって調べました。定価¥881000:約2930 g
価格.comでも、¥628000
200でF2ですから、まあ、納得・・・・・・
使ってみいけど、
小心者の私には落としたらどうしようとか使うのは怖いですねぇ。

明るいレンズに慣れると、なんでも撮影できる気になってしまいますね。
まして、やじたかさんの腕で、このレンズなら鬼に金棒でしょう!
いつかはクラウンではなくて、今度は200mm F2G ED VR IIですよ!

No title

新機材導入おめでとうございます。ファインダーからして良い画が撮れそうに
感じさせてくれるレンズは逸材間違いなしですよ。近距離のキレは半端ないですね。
しかし4連の顔は心安らぎます。生まれた時から傍にいたのだから
、水のような存在でしたが今や水も探してでも買う時代になりましたね。

No title

うわ、200mmの明るい短焦点ってこういう絵を出してくるんですね!自分は使いこなせそうにありません(涙)。
いつかはクラウンは夢が叶う言葉でしたが、いつかは大口径短焦点は叶いそうのない言葉なのが悲しいところです。

No title

D51 146さん
明るいレンズはよいのですが重いのがナンですよ。撮る時は、来る直前に持ち上げています。とてもじゃないけれど筋トレしていない身では常時持っているのもキツイですね。
やはり、宝くじでも買わないとダメかな?

No title

tha*a90*25さん
よい機材なんですけれど、残念ながら当分導入できませんね。
豪華一点主義でもちょっと無理かな。でも欲しい…。
今まで並で満足していたのが特上の味を知ってしまったため、もう並では満足できなくなってしまう。そんな感じでしょうね。

No title

朝霧高原さん
あれば絶対に使えますって。これだって普通に撮っているだけですもん。
ズームが幅をきかせている世の中で単焦点は、多少融通が利きにくいけれど、よい仕事をしてくれる職人みたいな気がします。

No title

いつか必ず手にしてやると野望を抱いているレンズ。
やはりいいキレですね。
私もニコンを愛用しているのでのどから手が出ちゃいますなw

No title

ぷら兄さん
これはブログにのせるので、圧縮したため劣化しています。オリジナルはホレボレする程です。
高額ですが、機会があれば一度は使ってみたいレンズです。絶対に裏切らないと思います。
レンズは重いですが、お財布は比例するように軽くなります(涙)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://yajiblo2.blog.fc2.com/tb.php/1252-c650edf4

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

ジモティネタ満載の姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしくお願いします。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (371)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (153)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (78)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (57)
JR (151)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (476)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (45)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (100)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (220)
メトロ II (15)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (8)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (80)
飛行機_海外 (65)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (220)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (77)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (173)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん