FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

新5051F 急行「新松田」

5950_5051F

 新5000形も2本目が既に小田急に到着していますし、順調に3本目も回送されてきています。

 じわじわっと増えていく頃が、新車の楽しみ方としては一番面白い時かもしれません。

 沢山あれば、また○○かになりますし…。

 走っているのだけれど会いにくいところが、気を引かれるところなのかもしれません。



 それはそれとして、この逆台形顔が小田急線を走るなんて想像すらつきませんでした。

 E233系顔と言っても良いのでしょう。

 本家本元では南武線に投入した8000番台を最後として、そのあとの新製車はスマホ顔と言われているE235系へと製造が切り替わりました。

 昔々、日本で廃れた自動車の金型を東南アジアに持って行って現地生産の新形として売っていました。さすがにインターネット時代では情報がすぐに流れますから、それは無くなりつつあるようですが。


 このE233系顔シリーズは、型落ちしたエアコンじゃありませんが、旧モデルだから安いヨ とばかりに、大手私鉄に売っているのでしょうか(各社仕様に合わせて、ある程度はカスタマイズしているでしょうけれど)。

 どうなんでしょうね?
 
 2020.7.12 小田急線

 
スポンサーサイト



B7 MD90-30(B-17922)

5948_B-17922

 台湾・ユニー(立栄)航空の McDonnell Douglas MD-90-30。

 この機体は、立栄航空で1998年12月に登録され、2000年3月にAMCエアラインズで再登録され、2001年11月から再び立栄航空に戻って登録され2014年12月まで活躍した後、デルタ航空で4度目の登録がなされています。

 現在のユニー(立栄)航空は、エバー航空とほぼ同一塗装になっています。

 エバー航空のLCC部門、または台湾離島部門の会社なのでしょうか。

 そのあたりがチト不勉強で、よくわかりません。すみませんです。

 2014.8.15 台湾・台北松山空港

  

来たるもの、去りゆくもの

5946_来たるものと去りゆくもの

 少し前の話題になりますが、山手線からE231系が引退し、E235系に完全にバトンタッチしました。

 昔は電車の交代なんて、よほどのことが無い限り話題にすらならなかったが昨今は、大きくニュースで取り上げられるようになってきています。

 それだけ社会の話題が無くなったのか、それともニュース・バリューの勢力をつけることができるようになったのか。

 どっちでしょ、ね?

 山手線で使われていた車両だぜ! とプレミアムが付くは聞いていませんが、再就職先での評判はどうなっているのでしょうかねぇ?

 えっ、あまり変わりない!

 通勤車ですからね。

 そりゃ、そうですよねぇ。

 2019.7.11 山手線

 

201系「青梅特快」

5947_201系青梅特快

 ふと思ったのですけれど、青梅特快って101系で運用されていた特快の時代から、あったのかなぁって?

 たまにしか使わない新宿駅~お茶の水駅間でしたら、なにが来ても停車駅に変わりはありませんので、来た列車にポンと乗っていました。


 一方で西方へ帰る(行く)人は、立川駅で乗る方角が変わる訳ですから気にしなくてはいけないんですよね。

 電車に乗るって、意識していないと結構めんどくさいものなのかもしれません。

 2007.6.3 中央快速線

  

AE ERJ-190AR(B-16827)

5945_B-16827

 台湾・マンダリン航空の Embraer ERJ-190-100 IGW。

 2008年6月に登録された現有機です。

 撮影したのは台湾・台北松山空港ですが、成田にもよく飛来している機体のようです。

 さすがに現在は新形コロナウィルスの影響で台湾から(へ)運航は止まっていますが、再開後にはまた姿を見せてくれることでしょう。

 2014.8.15 台湾・台北松山空港

 

211系と南アルプス

211系と南アルプス

 この位置から見える南アルプスは、ちょっと変な感じがしました。

 見慣れている尖っている山々がよく判らないからです。

 いつも見ている場所から違った場所で見る山々は、違う山のようにも思えてくるから不思議な感覚になります。

 つまり自分の中で、「この山々は、こう見えるのが、常識だ」という意識が形成されているのかもしれません。


 普段の夏でしたら、小・中学校はもう夏休みに入っている時期です。

 私もそろそろ南アルプスや八ヶ岳の山々を、いつもの場所で拝顔したくなりました。

 2019.8.5 中央東線

 

3093F Fトレ2代目

5943_Fトレ2代目

 前年に唐突に打ち切られた初代Fトレのリニューアル版として登場しました。

 ラッピングがおとなし目の表現となってしまいましたが、それが条件だったようなので仕方がありません。

 こちらは途中で打ち切られる事はなく、無事に予定期間のラッピング期間を成し遂げられました。

 これが終了してから、既に長い時間が経ちましたので、そろそろFトレ第3弾をお願いしたいところですね。

 もうミュージアムの存在が周知されているから小田急的には、もうやらなくとも良いのかな?

 2012.12.2 小田急線

 

JAL MD90-30(JA8064)

5942_JA8064

 日本航空のMD90-30。

 元はJAS所有の機体で1995年12月に登録され、2004年4月に日本航空に統合、2012年10月に登録抹消、他社へ売られました。


 調べてみると、この機体は黒澤明監督がデザインしたレインボーカラーを纏っていました。

 残念ながら直接この目でそれを見る機会はありませんでしたが、新聞1面を使って大きく広告を打ちその中で各機体を描いてあったことを覚えています。

 一機ごとに違うデザインと塗装は手間とお金が掛かっているなぁと、感心したので記憶に残っていたようです。

 2012.5.6 羽田空港国際線ターミナル

中央線の201系

5940_201系

 この先に居なくなると判ってくると、もう少し真面目に撮って見ようかとも思えてくるのは記録性趣味の特徴だろう。

 まだまだ時間があるなと思っていると、それこそあっという間に葬式鉄の仲間入りをしてしまう。

 ゆっくり・じっくりと撮っておきたいなと思いつつも、なかなかそうはならないのが仕事を持つ社会人の弱みでもある。

 この201系の時は桜シーズンを別とすれば(桜シーズンはあえて出かけなかった)、あまり人と出会うことはなくて、じっくりと撮ることができた記憶が残っています。

 2007.6.16 中央線

 

初代 Fトレ

5941_Fトレ初代

 短命に終わってしまった初代Fトレイン。

 なんでも都の条例に触れるとかで、急遽ラッピング期間の短縮が決まってしまった悲劇のラッピングです。

 ド派手と言っちゃ、ド派手でしたからね。

 小田急もここまでやるんだと、と思っていたら手痛い命令を食らい翌年のFトレ2代目を除いて、ラッピングとは縁遠くなってしまいました。

 全日空のラッピングもド派手が多いのですが、あちらは一切お咎めなしですから、都庁近くを走るのが気に障ったのかもしれません。

 なにせ羽田空港は同じ都内とは言え、新宿駅よりもかなり離れていますし。

 それ以降担当部署(担当者か)にトラウマが出来てしまったのか、ラッピング編成が登場することは激減してしまいました。

 そろそろ傷も癒えてきているでしょうから、Fトレ三代目が登場して欲しいと願っております。ハイ。

 2011.8.6 小田急線

 

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

ジモティネタ満載の姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしくお願いします。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (371)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (78)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (57)
JR (150)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (475)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (45)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (100)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (220)
メトロ II (15)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (8)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (80)
飛行機_海外 (65)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (220)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (76)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (172)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん