FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

ANA B747SR-81(JA8157)

5892_B747SR-JA8457

 全日空現行塗装のB747SR-81。

 SRは基本的に-100や-200とほぼ同等なのですが、離発着回数が多くなるため足回りなどが強化されたタイプです。

 当然ながら室内は国内線用になっています。

 1982年6月に登録され、2006年3月に登録抹消。

 そののちにボーイング エアクラフト ホールディング カンパニーに行っています。

 1987.9.15 旧羽田空港・京浜島

 
スポンサーサイト



大糸線時代のキハ52 125

5885_大糸線1

 超ローカル線とも言われる大糸線。

 GWの休みを利用して出かけました。

 山々には雪が残り、国道沿いの山影には除雪された雪の塊が残っていました。

 自宅から直接アプローチするのは、距離がありますし大変だからといつものペースキャンプから出撃。

 それでも、結構な距離があります。

 非電化の大糸線エリア入れぱ、日本海海岸近くまで行かないとコンビニもほとんどありません。

 生活していくのも大変な場所なんだと思わずにはおられませんが、慣れてしまえばこんなものと思ってしまうのでしょうか。

 水田には水が張られており、秋になるのが楽しみな春のスタートでした。

 2006.5.4 大糸線


Ps. このキハ52 125はJR西で廃車後、千葉県のいすみ鉄道に引き取られました。
   大糸線へ行くより近くなるので頻繁に通えると思っていたのですが、まだ1回限り。
   気力問題か体力の問題か…。

 

小田急5258F 各停「新松田」(4両編成)

5876_5258F(4両編成)

 6両編成から4両編成へ組み替えられた5258F。それにあたっては、色々と紆余曲折があったらしい。

 当初は登山線の小田原-箱根湯本間へ入れる予定だったと噂が流れました。

 ちょっど組み替えられた本数も4本だったし…。

 箱根登山線側が、そんな古い車両はイヤだと言ったとか、言わなかったとか…。



 それで登山線用には1000形が割り当てられ、5200形は引き続き小田急側で使い続けることになった。

 はたしてそれが真実なのかどうなのかは一介の利用者には判りませんでしたが、いろいろな想像させることがあって、ちょっと面白い時ではありました。 

 2008.5.18 小田急線

 

EG DC10-40 I (JA8532)

5880_EG_DC10-30

 日本アジア航空(JAA)時代のDC10-40 I (JA8532)。

 登録は1976年4月に日本航空で登録されました。

 その後、1986年10月から日本アジア航空に移籍し、1997年10月に再び日本航空に戻り、2005年3月に登録抹消されています。

 この機体自体は、国際線用なのですが、いくつかの仕様を変更して日本国内線用に投入されました。いわゆる幹線路線と呼ばれる路線を飛んでいました。

 JAAでの機材拡充のため、国際線仕様に戻されて日本アジア航空へ、日本航空に戻ってきても国際線仕様のままでした。

 登録から抹消まで30年近く飛んでいたようで、その後再就職をしたようです。

 1987.10.18 成田空港

 

JAL B767-346(JA8264)

5881_JL B767-300

 日本航空のB767-300。

 日本航空で1987年9月に登録され、日本アジア航空に1997年4月移籍。

 これは短期期間で終わり1998年2月に終了です。

 その後再び日本航空で活躍して2014年8月に登録抹消になります。

 日本での登録抹消後、再就職先はオリエント・タイ航空(HS-BKI)でした。

 1987.10.18 成田空港



 そのオリエント・タイ航空は、2008年7月21日に運行停止が命じられて以来、運行再開、停止を繰り返し、2018年になって再び運行停止になり、台湾・桃園国際空港やタイ・バンコクのドムアン空港に機体が放置されています。

 台湾・桃園国際空港に放置されていた機体は、その後自然崩壊したと思われる写真が見つかりました。

 飛行機しかもジャンボ機を置きっぱなしとは、置かれている空港もいい迷惑なんでしょうけれど、そこまで放置するものなのか。

 実のところ回収しようにも、整備費や駐機代などの費用が捻出できず(払えず)に、そのままになっているような気がしています。
 
 
 

LSE「はこね」 赤色塗装時代

5877_LSE赤塗装「はこね」

 オレンジ・バーミリオン塗装から、HiSEに似せた塗装になっていたLSE。

 ちょっどこの色を纏っていた時に鉄道に復帰したのですから、LSEはそういうものなんだとずーっと思っていました。

 それが、1編成のみ復活塗装で元のような色に戻り、そして最後は残った2本もオリジナル塗装へ戻ります。

 似せたことは別としても赤塗装は、これでなかなか良い塗装だったなと今回セレクト作業しながら改めて感じました。

 2008.6.1 小田急線

 

KE B747-3B5(HL7468)

5879_KE_B747-300

 大韓航空のB747-300。

 登録は1984年12月、登録抹消は1997年8月6日。その抹消理由が破損・大破とあった。


 調べてみると大韓航空801便として乗客237人と乗員17人が搭乗しソウル・金浦空港からグアムへ向かい、グアム空港で現地時間午前1時42分に悪天候下有視界飛行のみで着陸を敢行し、失敗し空港手前6.1キロに墜落・炎上。
 とウイキに記載があった(超要約です)。

 乗客乗員258名のうち228名が亡くなったとある。

 日本人も5名搭乗しており、うち4名が亡くなられた。亡くなられた全ての方のご冥福をお祈り致します。

 またB747-300で唯一の墜落事故ともあった。


 撮影記録した機体は、それこそ無数近くに飛んでいる中でわずかな数なのに、そして記事にピックアップしているのは更に少ない。
 それなのに墜落機体のアップは既に3機となった。

 決して事故した機体を選んでいる訳ではありません。よく撮れている(記録されている)写真を選んで、それから機体登録番号を確認、その機体の履歴を調べています。


 大韓航空と言えば1983年9月1日にKML007便が、サハリン沖で旧ソビエト軍機に撃墜された「大韓航空撃墜事件」が知られていますが、グアムの墜落事故はあまり記憶がありません。

 香港(1997.7)・マカオ(1999)の中国返還等が、社会的には大きな関心事でしたので、その影に隠れてあまり報じられなかったのか、そこまでこちらの意識が回らなかったのかもしれません。

 1987.10.18 成田空港

  

CX B747-267F/SCD (VR-HVZ)

5878_CX_B747-200C

 キャセイパシフィック航空のB747-200 貨物機。

 登録は1987年9月、その後1997年に香港が中国に返還されて、香港所属の機体はVR-×××からB-×××にレジが変わりましたが、そのまま運用されて2009年9月に抹消/用途廃止 とあります。

 B747シリーズは、旅客業務から引退気味ですが、貨物機としては-400シリーズが今もバリバリの現役です。

 A380には貨物機はありませんし、最大の貨物機(特殊用途用)という訳でもありませんが、貨物の世界では積載量も多くてかなりの機数が頑張っています。

 コロナがらみで空港が閉鎖中でも貨物機は物流を支えるべく飛んでいます。

 まぁ、工場が稼働していないので運ぶものがないなんて場合には飛べませんがね。

 1987.10.18 成田空港
 
 

CX B747-267B (VR-HKG)

5845_B747-200_VR-HKG

 キャセイパシフィック航空のB747-200B。

 もしかすると深夜に香港を発った便かもしれません。まさにシドニーに到着したところです。

 登録は1979年7月、抹消年月日は判りませんでしたが、活躍した期間が20.2年とありました。



 オーストラリアのキャリア・フラッグはカンタス航空ですから、ぞろぞろと国際線ターミナルに集まっていました。

 カンガルーに羽を生やした尾翼は旧塗装仕様。

 まさにオーストラリアを代表する動物であるカンガルーに羽を付けて空を飛ぶ。

 今から見るとモンスターの一種かとも思えるシルエットになっていますから、羽を無くしたのは正解だったのかもしれません。

 1987.5.24 シドニー空港国際線ターミナル

 

箱そば むつ湾産ほたての天とじ丼セット お蕎麦

5883_帆立の天とじ丼セット1

 この日は病院で検査のため朝食抜きでした。全てを終えるともうお昼近くです。駅前まで戻り朝・昼食を兼ねて一食べてから帰ることにしました。

 なんかとっても久しぶりの外食です。

 いつ以来かなと思って記憶をたどると3月に箱そばで食べて以来です。

 4月はヒッキー状態で、お弁当は買いましたが外食はなし。というより出歩かなかったから外食をする機会がなかったというのが、正確なところかもしれません。



 箱根そば「むつ湾産ほたての天とじ丼セット」です。やっと春の季節メニュー2品めです。

 基本ベースは玉子とじですから、素直な食材とよく合っていました。キモは、やっぱりほたて天ですよね。

 難を言うならば、これだけ大きめの帆立ですからヒモの部分は取って欲しかったなぁ。

 歯でヒモの部分がなかなか千切れないところがマイナス点です。

 折角美味しいのに食べにくいのはナンだよなぁ。と感じました。

 それを除けば、大変美味しく頂きました。お値段680円。

 2020.5.20 箱そば新百合ヶ丘店(改札外)

5884_帆立の天とじ丼セット2

 ちょっどお昼前だったため、コロナウイルスがらみで新百合ヶ丘でも普段だったら出てこないお店までがテイクアウトをしていました。都合3つほどのブースを見かけました。

 お店によってはワンコインの500円から800円台まで何種類か出していますし、「注文を受けてから作りますので、熱々をお持ち帰れます」というお店もありました。

 ニュースで見ると「どこも大変ですね」という感想しか出ませんが、こうして実際にテイクアウト販売しているところを見ると、「本当に大変なんだ」と実感。

 でも、箱そばで食べてしまったので、もうお腹に入りませんのでゴメンナサイでした。

 箱そばも改札内のお店は休業中です。
 
 

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (369)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (77)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (53)
JR (147)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (474)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (99)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (219)
メトロ II (14)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (76)
飛行機_海外 (62)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (75)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (171)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん