FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

CI A340-313X (B-18806)

5854_A340-313X

 中華航空のエアバスA340-300。

 エアバスA340は、A330と双子の姉妹機です。その違いはエンジン数。A330は双発機でありA340は4発機。

 この機体が計画されていた頃は片エンジンになった時に、最寄りの空港まで短時間で(1時間、2時間だったか)着陸しなければならないというルールがあって、太平洋など洋上を飛ぶ時は3発以上のエンジンが必要でした。

 そのレギュレーションを守るため4発になりましたが、その後段々と基準が緩やかになり、双発でも洋上飛行が可能になっていきます。

 そうすると整備性が悪い4発機は引退に追い込まれていきます。

 この機体は2001年10月に新規登録され、2017年5月に用途廃止/登録抹消されました。

 約15年の活躍でしたから、最近の機材では短い部類になりますね。

 ちなみに中華航空のA340で最後まで残ったのは、この機体でした。

 2008.1.3 台湾 桃園(中正)国際空港

 Ps.出発ロビーのガラス越しに撮っております。
 
スポンサーサイト



VSE エヴァンゲリオン シール付3

5853_VSE

 いよいよGWも間近というタイミングで5月2~6日、小田急ロマンスカーの全面運休が発表されました。

 外出自粛要請が出される中、観光県といわれる県や各観光地が断腸の思いで、「今は、来るのを自粛して欲しい」と相次いで発表しています。

 神奈川県も「今は、神奈川に来ないで」のキャンペーンをしています。

 GW中は、既に出社人数が少ない企業もお休みであろうから…と全面的な運休になったのでしょう。

 2020.4.23 小田急線



 ロマンスカーの全面運休は、東日本大震災以来ではなかろうか。

 東日本太平洋沿岸の巨大津波被害や福島原発の事故…。

 あの時、地域では計画停電もあり、節電要請もありロマンスカーは運休、電車内の室内灯も日中は消灯でしたし、重苦しい雰囲気に社会が包まれていました。

 あれだけ規律正しく行動する日本人が、今回の新形コロナウィルスでは、あまり規律を守れていないと海外から奇異の目で見られていると報道がありました。

 目に見えていないものには、それを知る情報収集とそのことから事態を想像できる知力が必要なんでしょうね。

 日本人の一部って、それが弱いのかなぁと思ってしまいます。

 

小田急 3084F 急行「新松田」

5852_3084F

 デビューしてからいい加減経つのに、なかなか出会えなかった3084F。

 まぁ仕方ありませんね、線路端に経つ回数と時間が激減しているのですから。

 駅前のスーパーへ買い物ついでの撮影です。

 ついでですからわずかな時間。

 撮影開始からしばらくすると雨がぽつりぽつりと来ました。

 まるで天が、さっさと帰るようにと促しているような案配でした。

 2020.4.23 小田急線

JAA B747-146 (JA8103)

5851_JA8103

 今はなき日本アジア航空(EG)のB747-100。

 元々は日本航空の機体として1970年6月に登録されました。

 二つの中国問題で同一会社で中国と台湾の同時運行はまかり成らぬと中華人民共和国が主張し、JALは台湾路線は別会社とすることになりました。

 その台湾路線への就航のために発足した日本アジア航空へ移管されたのが1982年11月。

 それから10年ほど活躍し、1992年12月に登録抹消されています。

 このJA8103は、B747としては製造番号54番目という古さです。

 1987.9.30 成田空港

 

トーイングされるNMBのB727-100(N727CD)

5850_N727CD

 記憶からすっかり忘れ去れていたNMB(日本ミニチュアベアリング)B727-100の新塗装。

 旧塗装時代はこちらです。

 前回撮影したのは1986年11月、今回は1987年9月ですから、この間に塗装が変わったようです。

 その後、B707を経てDC-10に機体が変わっていったとありました。

 その頃は、ちょうどバブル期の時代でしたから、それだけ需要が増えていったのでしょうね。

 1987.9.30 成田空港

 

AI B747-237B (VT-EGB)

5849_VT-EGB

 エア・インディアのB747-200。

 登録は1980年2月とありますが、その後の消息は書いてありません。


 この機体というか当時のエア・インディアの塗装は、ある意味、ちょっと風変わりな塗装になっています。

 窓ひとつ一つに塗り分けられていて、インドの建築物の窓を想像させるようになっています。

 その辺が自国の誇りを表していたのかもしれません。


 これも出発ロビーから撮っていたようで窓枠の一部と映り込みが入っています。

 1987.9.30 成田空港

 

CX B747-367 (VR-HII)

5848_VR-HII

 外出自粛要請で、出かけにくい時こそ過去の写真を発掘すべしということで、古めの写真を漁ってみました。

 キャセイパシフィック航空のB747-300。塗装も旧塗装ですし、レジ(登録番号)もVRからスタートしています。

 ちなみに香港が中国に返還されてからは、VR-からB-に変わっています。

 1985年6月に登録され、B-HIIに変わった後の1999年6月に抹消されています。

 キャセイから離れた後はパキスタン航空AP-BFWとして活躍していました。抹消登録日は判りませんでしたが、さすがにもう活躍してはいないと思われます。

 

 この頃、そろそろB747-300も増え始めてきた頃でしょうか、成田空港にはB747がゴロゴロと飛来していました。

 手前はキャセイパシフィック航空のB747-300ですし、その奥はシンガポール航空のB747-200。キャセイのジャンボの背中に乗るように写っているのはJALのB747。-100かな-200かなぁ。

 出発ロビーで撮ったのでしょう。画面に映り込みがあります。

 1987.9.30 成田空港

 

5051F 快速急行「藤沢」

5847_5051F-2

 新宿へ行ったら、1時間程度で戻っています。

 たま~に戻ってこないヤツがいて、調べたら運用の関係で多摩線へ流れてしまうようです。

 今日は戻ってきてくれました。

 「ま、こんなものでしょう」と、約1週間ぶりの鉄活動は終了です。



 途中で見かけたロマンスカーの車内は悲しいほど乗客がいません。

 外出自粛要請が出ているのですから、乗る人も少ないのでしょう。

 いっそのことロマンスカーは1時間一本程度にしてしまっても、この時期はなんら問題は無さそう。

 そうしないのは、「負けないぞ」という単なる意地だったりして……。


 2020.4.16 小田急線

 

3095F 各駅停車「新宿」

5846_3095F

 この編成が、各駅停車運用ねぇ…。

 急行や快速急行で見ることが多かったから、まだ違和感があります。

 こうしてみると確かに各駅停車の10両化は進んでいるようです。

 が、こちらは出かける回数が激減しているので、あまり利用機会としては出会えません。

 いつか、「ああ、各停も10両化されて、車内に余裕が出来たね」と言って乗ってみたいものです。

 2020.4.16 小田急線

 

孤高の1本 小田急1081F 11

5845_1081F

 新5051Fが運用に入ったとは言え、小田急としては2019年6月19日に起こった自動車との接触事故により想定外だった8264Fが廃車になりました。

 決して運用に余裕が出来た訳でもないので、1081Fも頑張っています。

 1000形唯一の異端児ともいえる8両編成ですから、いつ運用を離れてもおかしくありません。

 こまめな撮影が重要と言っても、この外出自粛要請下ですからままなりませんが、出会ったら記録しておくという気構えは忘れたくないと思っております。

 20204.16 小田急線

 

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (369)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (77)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (53)
JR (147)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (474)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (99)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (219)
メトロ II (14)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (76)
飛行機_海外 (62)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (75)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (171)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん