FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

菜の花とMSE 4

5824_菜の花とMSE4

 今年の春先は、新形コロナウィルスのこともあってヒッキー・モートで過ごしていました。

 とにかく人混みは避けろですからからね。

 田舎へ行ってフレッシュな空気を吸う分には、きっと身体にも良いのでしょうけれど、そこへ行き着くまでが……です。

 ちょっとネタ切れモードなので、今日はストックフォトからでした。

 2017.3.24 小田急線

 
 
スポンサーサイト



箱そば 桜海老とーのミニかき揚げ天とむつ湾産ほたて天蕎麦

5822_桜海老とーのミニかき揚げ天とむつ湾産帆立天

 3月12日より箱そば2020春の季節メニューの販売が開始されました。

 それは知っていたのですが、新型コロナウィルスがらみでヒッキー状態でしたから、なかなか外食する機会に恵まれずでした。

 今回もこの店舗は店舗限定メニューがあるためか、2品の登場。(シリーズとしては3品登場していました)


 以前にミニほたてイタヤ貝が、かき揚げ天で登場している気がしていますが、比較的大粒のものははじめではないでしょうか。

 個人的にはほたてというとお刺身か、ミニほたては空心菜とオイスター炒め物として、よく食べるのですが天ぷらは初です。

 元々癖のある食材ではないですから、天ぷらにもよく合っている気がします。


 桜海老のかき揚げ天は店舗スタッフが入れ替わっているためか、今回はきちんと桜海老の味がする天ぷらとなっていました。

 これならば満足です。大変美味しく頂きました。お値段520円。

 2020.3.24 箱そば 新百合ヶ丘マルシェ店(改札内)

5823_ポップ

 今回のメニューはほたてオンパレード状態。きっと食材を大量に仕入れたのでしょうね。
 
 

小田急 1754F 4

5820_1754F

 江ノ島線、新松田-小田原、多摩線が、主な活躍の場となっているワイドドア車。

 たまに多摩線にいない時もあるけれど、多摩線常駐かに思えるくらい見かけます。

 編成番号を見ると違っているので、やはりローテーションしているのだなぁと気がつきます。

 どのように記録しておくかを悩まずに、“ついでモート”で撮影していることに気がつきました。



 それって、チトまずいのではないかと反省する所存でございます。

 さて、どのようにするべきなだろうかと、これまた悩むところでございます。

 2020.3.12 小田急線

 

小田急 8060F他

5819_8060F

 なんだかんたでダイヤ改正前はちょこちょこと撮影に出ていたのに改正後はなかなか出かけられないのは、なぜだろうか?

 多摩線で、もう5000形が試運転をしていないから(3/26から営業運転に入りました)か、はたまた暇な日に天気が悪いからか。



 最近、「花粉が多く飛ぶでしょう」と言われる日は、やたらと目がかゆくなる。

 いよいよ花粉症デビュー間近なのか。

 このデビューは、あまり嬉しくないなぁ。



 さて桜の開花・満開情報も続々と流れてくるから、そろそろ沿線各地へ行っても構わないと思うのだが、目がかゆいのは…困ったことです。

 さらに不要不急の外出自粛要請も出ているからねぇ……。

 2020.3.12 小田急線

  

小田急 8255F

5810_8255F

 あれ以来、すっかりご無沙汰。

 あまりの汚さで、その後はこれだけでなく小田急車両自体を撮る気が失せていて、車両撮影自体を止めようかと何度も思っていました。

 最近になって綺麗な車体に戻っていましたが、またちょっと汚れが見え始めています。


 この日の各停運用は3000形が2本と1700形ワイド車が1本、そしてこの8255Fが活躍していました。

 2020.3.11 小田急線
 
 

小田急 3092F 急行 唐木田

5818_3492F 急行 唐木田

 2020年3月のダイヤ改正では、日中の多摩線はオール各駅停車となってしまった。

 ちょっと前までは、千代田線へ(から)の直通があったが、それが新宿との急行に代わってしまい、今度はオール各停化となった。

 それ以前の夜はホームウェイ運用でロマンスカーも走っていたのにねぇ…。

 様々な事情で、変化を繰り返す多摩線の運用だが、これでしばらくは落ち着くのだろうか。

 2020.3.11 多摩線

 
 

小田急 3259F 各駅停車 新百合ヶ丘

5817_3259F

 小田急3259Fといえば、先の3269Fと同じように他の4連と組んで10両編成で優等運用に就く姿が目立っていた。

 もっとも2019年ダイヤ改正後は、10両編成の各駅停車も出来たので一概には言えなくなったが。


 だが6両編成単独運用は、なかなか見かけなかったのは、こちらが単に線路端に立つ回数が減っていたからかもしれない。

 今回、無事にキャッチ出来たのは幸運だったのかもしれません。

 翌日は多摩線からいなくなってしまったからね。

 2020.3.11 小田急線


 

小田急 新5051F 試運転10

5812_5000形試運転10

 丘陵地帯を切り開くように作られた小田急多摩線には、踏切が無い。

 それこそ古道はあるが、その現状が山道なので、それほどその場での踏切を考慮しなくても良いように線路は引かれた。

 従って道は立体交差となっている。



 先が見えない場所で、踏切なしだと列車の接近が判らない。

 ちょっとオタオタ気味で撮るハメになってしまったのが、この日の最後の撮影だった。

 すこし悔しい。

 2020.3.11 小田急線

 

小田急 1752F 2

5811_1752F

 午後になっても空気が比較的澄んでいて、遠くの山々が見えている。

 あの山々は、奥多摩山系? それとも秩父山系になるのか?



 法面が、この冬場の時期らしく茶色になっている。

 以前の冬場は、こういう風景が広がっていたのだけれど、最近はあちらこちらで枯れずに葉のまま冬を越す植物が出ている。

 地球温暖化のためであろうか。

 自ら動くことが出来ない植物にとって、気温が1度違うということは死活問題にもなるほど大変なことらしい。




 今年の夏は暖冬の影響で、暑く長い季節になるそうだと少し前の長期予報で伝えていた。

 やれやれ。

 2020.3.11 小田急線

 

DD51 823

5816n_DD51823

 4という数字は、宗教によっては縁起の悪い数ですから、もう1枚アップして5枚にしておきます。

 しかもやっているシリーズが DD51ですし…。

 この年、中央西線は電化工事が始まり電柱の設置が進んでいましたが、D51やDD51が活躍していました。

 D51の担当は貨物で、DD51は客車。筋によっては貨物も担当していたと思います。


 その他に当然ながら気動車も普通から特急まで各タイプが運用していました。

 DD51が引く普通列車というのも非電化区間でしか見られないもので(当然ですね)、その本数も多くは無かったように記憶しています。

 1971.8.26 中央西線

  

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (371)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (77)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (56)
JR (150)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (475)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (45)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (100)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (220)
メトロ II (14)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (8)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (79)
飛行機_海外 (65)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (220)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (76)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (172)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん