FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

寒さからの逃避行 台湾・高雄への旅 23

2020年1月6日(月) その10 天候:晴れ

橋頭糖廠駅ホーム

 MRT橋頭糖廠駅は高架の駅になっています。レールが引かれている階は3階。
 そして、この付近は台鐵の路線と平行するように走っています。2階には西側に開けた窓のような場所がありました。ちょうどそこに高雄へ向かう列車が見えていました。

 電車も多く走っていましたが、まだまだ客車も捨てたものではありません。この旅では台鐵は一度も乗りませんでしたが、今度はこちらに乗ってみたいですね。調べたところ列車本数も増えているように思えました。

20200106-54_台鐵列車


 MRTのホームは6両分の長さで作られていますが、運用されている車両は3両編成です。将来の拡張を見込んでの長さなのでしょう。

 地下区間部はホームドアが完備されていますが、郊外(地上部)に出るとまだ設置されていないようです。

20200106-49_MRT車両

 そのため安全確保に監視員が置かれています。

 列車は、進行方向のホーム先頭に合わせて停止線が設けられ止まります。6両分のホーム長に3両の編成、しかも進行方向先頭部が停止線。

 つまり上り・下りともホーム半ばが編成端になりますので、監視員はホーム幅を移動するだけで上下の列車を監視することが出来ます。つまり島形ホームの場合は監視員は1人でOKという訳です。

 止まらない部分はこうして柵が設けられています。


 MRT高雄駅を降りて、「イージーカードをチャージしないともう残高はないよなぁ」と思って券売機で100元チャージすると、マイナス表示され75元ほどしかチャージされません。

 乗り越してしまったのですね。
 日本だと引き落とし金額が足らないと改札の扉が閉まってしまいますが、こちらはスルーして次にチャージするときに精算されるようです。

 高雄メトロを全線通しで乗っても現金で60元(カードだと51元)ですから、各駅改札内にチャージャー機を設置するよりも対設置費用が安いと判断されているのでしょう。

 イージーカードは以前は100元のデポジットが必要でしたが今はそれが廃止され、100元でカードを購入するようになっています。

 つまり乗り越しの金額よりもカード購入金額の方が高いので、乗り逃げは得にならないという訳です。チャージせずに乗ろうとすると扉が閉まる仕組みだと思います。そこは、やってはいないので想像ですが。


高雄駅

 台鐵高雄駅は、いま地下化工事中で、すでに一部が使用開始されています。

20200106-55_台鐵電光表示板

 近代化され、列車表示はフルカラーの電光表示板になっていました。

 中国(大陸)の文字は簡体字という文字が使用され、判読するのにパズルを解くようなところがあります。

 一方の台湾の文字は繁体字と言われ、日本で言うところの旧漢字に当たります。日本人には判りやすいですし(こちらの歳が高いためか?)意味が推察がしやすいと思っています。


 旧高雄駅は、この日入り口のゲートが閉まっていました。月曜日だからでしょうね。明日改めて訪問しましょう。

 泊まっているホテルは高雄駅と美麗島駅の中間くらいに位置しています。この2駅間は短いので、ここから歩いて戻ります。


宿泊先ホテル

20200106-51_クンシャンホテル

 泊まっているホテルの外見、この時初めて見ました。

 ホテルへ入るため前の道を歩いていると、そこがホテルだと大きく書かれているものが見えず、チェックインするときは行き過ぎてしまいました。

 室内はこんな感じです。

20200106-52_ホテル室内
(これはチェックインした日に撮影しています)

 ホテルで休んでいたら、時間はもう夕食タイムです。疲れているのでホテルのレストランでと思ったら、そのフロアは真っ暗。朝のバイキングしか提供していないようです。そういうホテルのレストランもあるのですね。


 昨夕食べたお店の真向かいにある国民市場魚丸料理というお店に向かいます。

 やはり高雄名物の魚丸が店名に入っていますね。このお店、言うなれば神奈川県小田原の鈴廣のようなお店です。

 製造販売していて、そこがレストラン(食堂)をやっているというスタイルです。市内に何店舗かあります。

20200106-53_1/6の夕食

 単品からチョイスするも良いですが、疲れているので定食から選びます。

 左上から、魚丸スープ、かまぼこの天ぷら3点、お魚のフレーク(甘くないそぼろ)、煮卵と野菜添えのごはんです。

 このかまぼこが新鮮なお魚とわずかなまとめ材程度の添加物で作られているのでしょう。大変おいしく戴きました。

 これでお腹一杯。お値段180元(約666円ほど)。

(不定期連載) つづく
 
 
スポンサーサイト



 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (357)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (85)
小田急_EXEα (44)
小田急 EXE (76)
小田急_引退車両・旧塗装 (155)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (42)
小田急 LSE (159)
小田急 LSE 赤塗装時代 (42)
小田急 9000形 (32)
小田急 区間準急 (23)
小田急_ラッピング車 (54)
JR (150)
E233系2000番台 (43)
中央東線 (473)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (66)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (73)
横浜線 (14)
大糸線 (28)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (62)
東急 (92)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (231)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (18)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (19)
富士急行 (11)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (17)
保存_航空機 (0)
飛行機_国内 (77)
飛行機_海外 (51)
飛行機 (7)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (88)
セピア色の時代_飛行機_国内 (60)
セピア色の時代_飛行機_海外 (60)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (72)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 SIN  (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (10)
風景全般 (59)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (169)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん