FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

小田急 3086F その4 快速急行「小田原」

9503_3084F

 今や追加された2両も元からの車両も、すっかり区別が付かなくなってしまいました。

 それが、“なじむ”と言うことなんでしょうね。

 2020.2.15 小田急線

 
スポンサーサイト



海上自衛隊 P-1哨戒機 その7 (9501機)

5788_P-1_9501

 厚木基地からの米軍機がほぼ飛ばなくなったので、静かな空が戻ってきています。

 基地そのものがなくなった訳ではないので、時折重低音を含んだ音が空から降ってきます。

 この時もそうでした。

 P-1だろうなとあたりを付けて、空を見上げていたらちょっと変わった塗装で登場のP-1でした。

 あまり目撃情報が上がっていませんでしたので、最近になって塗装されたのかもしれません…。


 2020.2.13 柿生上空

 

MSE 「☆湘南の宝石☆」号

9502_MSE「湘南の宝石」号

 なんかさっぱりと話題に上がってこないMSE「☆湘南の宝石☆」号。

 江ノ島線では、MSE4両編成は「メトロえのしま」で日常的に運用についておりますから、撮るのだったら本線の方かなと。

 夕方近く、日差しはなくて…、でも気温はあったので待っているのはさほど苦痛ではなかったですが、やっぱりパッとしない。

 それが現実なんですねぇ。

 2020.2.15 小田急線

海上自衛隊 C-130R 9054

5787_C130R_9054

 2度目の出会いであるC-130R 9054号機。

 車輪を下ろして、厚木基地への着陸態勢に入っています。

 そう言えばC-130Rの着陸態勢って、これまであまり見たことがなかった。

 輸送機独特の短い足を出して、今まさにこれからといった風情。

 春先の暖かい陽気に誘われて、飛んでいるみたいに思えてきます。

 虫じゃないんだから……。

 決して、そんなことはないでしょうけれど地上が暖かいと、そんな風にも思えてくるのですよ。

 2020.2.13 柿生上空

箱そば ジャンボメンチ勝つ蕎麦

5788_ジャンボメンチ勝つそば

 久々にお昼時に箱そばに入りました。

 日曜日の13時過ぎというのに店内はガラガラ…新型コロナウィルスがらみで、皆さん外出を避けていらしやるのでしょうか?

 そう言えば、乗った電車でつり革をつかまる人があまり見られなかったのも、そのせいなのか。


 短期季節メニューである「 ジャンボメンチ勝つそば・うどん」は第三弾とかで、第一弾は「ミニ勝つどん丼セット」、第二弾が「ミニ勝つカレーセット」だったそうです。第一弾、第二弾とも縁が無いままクローズしていました。

 さて、このメンチカツ、どこかで食べた味がしました。

 駅前のスーパーで時々売り出される「ジャンボメンチ」とそっくりの味。

 お肉以外の混ぜ物が少し多めといい、きっと業務用の冷凍メンチカツなんでしょうね。

 箱そばのメンチと言えば、相模豚のざぶとんミンチかつ蕎麦なんてものが過去にありましたから、ちょっと期待していたンですよね。

 今回は、そういう狙いじゃないから…と言われそう。

 そういう訳で、まぁまぁに美味しく戴きました。お値段480円。

 2020.2.23 箱そば新百合ヶ丘マルシェ店(改札内)

燕京ビール

5785_燕京ビール

 こちらは中国大陸(中華人民共和国)製のビール。

 相互交流が進んで、こんなようなビールも売られていました。

 戦前からある中国ブランドの青島ビールもありますが、初めて見たこちらをチョイス。

 味は…というと東南アジアで作られて、そこで飲むビール独特の癖みたいなものが感じられました。

 現地で呑む分には、そういった癖が明確に感じないのですが日本などで呑むと、その違いが判るというか、なんというか。

 台湾は東南アジアの一角、飲んだ場所は台湾南端の高雄ですが、気候が温暖な時期に飲んだから日本いる時のような感覚になっていたのかもしれません。

 買った場所はホテルの真向かいにあるスーパーマーケット。

 お値段は、先の台湾ビールとあまり変わらず24.5元でした。

 2020.1.5 台湾・高雄

孤高の1本 小田急1081F 10

5786_1081F_10

 小田急1081F。

 いよいよ来月から新5000型が運用を開始する。今あるのは、とりあえず1本だが来年度中には数が増えていくことだろう。

 その時、この1081Fはどうなっているのだろうか?




 最近、ハマっているものがある。

 ふとしたことから知ってしまったNikonのCCDセンサー機の存在。

 カメラセンサーの画素数が、600万画素から1000万画素の時代である。

 それが、近くのカメラ店中古売り場にあるではないか。

 D40。お値段6480円。

 ヤフオクなどではもっと安く手に入ることは判っていたが、なにせデジカメにとっては相当の年代物ですから安全策をとってお店でチェックしてからの購入。

 しかし、秒2.8コマというワインダー並の速度とタイムラグの多さは、あまり鉄道向きではないようだ。

 それでも撮ってみてRAW(生)ファイルを見ると、それ以降のCMOS機とは描く絵が明らかに違っている。

 高感度域になるとノイズが右肩上がりに増えるしと当時でもその評価はサッパリだったが、今から改めて見てみるとCCDが書き出す画像は、好き嫌いは別としてコッテリとしたコクがあります。

 ちょっと面白そうなアイテムがひとつ増えました。

 ま、フイルムカメラだと思って使えばストレスは少ないでしょうか。

 2020.2.3 小田急線

 

台湾ビール

5784_台湾ビール

 今回訪問したら、台湾ビールが2種類になっていました。

 右は従来からあるパッケージのビールですが、左はモンドセレクションでゴールドメダルを受賞したようで誇らしげに缶側面に印刷されています。

 飲み比べてみたところ、こちらの方が癖が少なくすっきりとした味わいとなっておりました。

 買ったのはセブンイレブン。キャンペーンをやっていたようで、4本まとめて買うと100元。1本あたり25元(邦貨にして93円)と格安で手に入れることが出来ました。

 2020.1.4 台湾・高雄

 

寒さからの逃避行 台湾・高雄への旅 31

エピローグ

 いくつか書き落としたこともありますので、その中からひとつ。

2020年1月5日(日)

 夕方になり、もうヘトヘトなってLRTから高雄メトロの凱旋站(駅)へ下りてきた時です。

 列車に乗ろうとして更にプラットホーム(地下2階)に下りようとしていたらこんなものが、ドンと目の前に建っていました。

20200108-E1_駅舎模型

 は? 江ノ電? です。

 よく見れば壁にもポスターが貼ってありました。

20200108-E2_ポスター1

20200108-E3_ポスター2

 ここでデハ355を見るとはねぇ……。

20200108-E4_ポスター3

 海沿いを走る路線と言うことで提携をしているようです。

 江ノ電にはこんなWebページありました。

 江ノ電の提携先って台鐵平渓線だけじゃなかったのね。
 でも、このキャンペーン、今も有効なのかしらねぇ。

20200108-E5_集合ポスター

 この集合ポスター、ひとつひとつ見ていくと江ノ電だけでなく嵐電もあるんですよねぇ(画面一番右下)。

 いずれにしても情弱なワタシですから、イベントとしては既に終わってしまったようです。

 でもこうやって、台湾人たちを観光客として日本に呼び込むことをやっているのですね。

 

寒さからの逃避行 台湾・高雄への旅 30

2020年1月8日(水)その2 天候:晴れのち雨


帰国便

 出発間際にはもっと明るくなってきました。

20200108-06_A321-221_B-16219

 当然ながら行きに乗ってきた機体と同型機です。朝に高雄を出発して成田へ、お昼過ぎに成田から高雄へと戻っていく。その後はまたどこかへ出て行くのでしょう。行きの機体とレジが違っていました。

 遅くなっても席がなくなる訳ではありませんが、そろそろ機内に乗り込みましょう。

 離陸すると眼下に高雄の街が見えてきました。

 あそこが高雄港でフェリーで島へ渡って、あのあたりを散策したんだなぁ…とかを思い浮かべます。そんなに時間が経っている訳でないのですが、ちょっと懐かしく思い出されます。

20200108-07_高雄市鳥瞰

 しばらくして朝食です。エコノミー席は二択です。選んだのは、米粉のシーフード添えといったところでしょうか。

20200108-08_機内食

 エバー航空を使うのは今回が2度目ですが、前回もそうでしたが台湾から日本へ行く便はウェルカムドリンクがなくて最初に食事が配られます。

 台湾へ向かう便は食事のしばしのちにドリンクサービスがあったので、この違いは飛行時間が短いためでしょうかねぇ。

20200108-09_雲中飛行

 日本を出発する前から帰国日の8日は雨と言われていました。

 日本に近づくと雲の中を抜けていくように飛んでいきます。それほど揺れなかったので、安定している雲だったのでしょうか。

20200108-10_雨の成田空港

 ほぼ定刻通り成田着です。やはり成田は雨でした。

 いやはや寒いこと。荷物を受け取ったら中にしまった防寒着を出さないと風邪を引いてしまいます。

 この後、通関して、行きと同じく空港アクセス特急で東日本橋、新宿と戻っていきました。



 今回は、短い割に充実した旅だったと思います。
 バンコクみたいに暑くなく湿度も低くて、寒いところから行ったので身体が楽だったこともあると思います。

 で、休み時間も満足とらずに、ついつい多く動きすぎてしまい失敗したのが2007~08の旅でした。 

 今回は、そこそこ休み時間を入れましたので、帰国後もそれほどバテませんでした。

 あともうちょっとしたかったことと言えば、LRTの走行写真撮影とか、台鐵撮影とか、行けなかった博物館の見学、もう少し時間を掛けたかった施設など、いろいろとあります。

 それらは次回行くときの楽しみに取っておくことにします。

 これにて終了です。ご高覧ありがとうございました。

      〈 了 〉


 こちらはおまけ記事です。
 

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (369)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (77)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (53)
JR (147)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (474)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (99)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (219)
メトロ II (14)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (76)
飛行機_海外 (62)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (75)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (171)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん