FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

小田急 5200形とエノコログサ

5413_8000形

 よく、ねごじゃらしと呼んでいる植物の名称はエノコログサと言うんだそうだ。

 調べてみるものですね。

 この付近では、探さないと見つからない。

 というよりも、草地が無くなってしまったからという方が正しいか。

 2009.7.5 小田急線
スポンサーサイト



京王 7726F 準特急「新宿」行

5413_7726

 京王7726F。

 こちらは、安心の「幕」仕様車です。

 どんな高速シャッターを切っても表示が途切れることはありません。

 7000系の側面コルゲート板が昭和をイメージさせて、なんとも良い雰囲気を醸し出しています。

 この編成の登場は1990年ということらしく平成2年生まれ…。

 うむ。

 ちょっとだけ昭和から離れてしまいますが、設計や第1編成の登場は昭和のハズですからネ。

 問題ないかと自己弁護しておきます。

 2019.7.20 京王線

都営 10-300形

5411_10-429

 都営10-300形。

 残念ながら都民じゃないので、あまり縁がない都営車。

 いや京王沿線だったならば、それなりにご縁もあったはずですが、それもなしです。

 ほんのわずかな差で小田急沿線ですからねぇ。

 以前と比べて減ったようですが、こちらも色々なバリエーションがあるようです。

 2019.7.20 京王線

京王 8000系

5409_8000

 京王新宿駅から普通に乗ると、各停でも次の駅は笹塚駅になる。

 途中の初台・幡ヶ谷に行くには、京王新線と呼ばれる都営地下鉄新宿線のホームに降り立たねばならない。

 普段から利用していれば全く問題はなさそうだが、慣れていないとちょっとまごついてしまう。



 さすがに地上を走らせておく余裕がなかったのであろう。両方とも地下へ潜っている。

 真ん中2本が地下鉄(新線)へ行き、同じく底から上がってくるように見えるのは、京王新宿駅からのものであった。

 2019.7.20 京王線

京王 9732F

5410_9728

 いったい何時だっただろうか? この光景が、ちょっと面白いなぁと思ったのは。という位、昔になってしまいました。

 ここ何年か小田急を追いかけるのに手一杯な状態が続いていたので、いつの間にか時が経ってしまったという体たらく。

 今回やっと時間がとれて出かけてきました。

 本当は前日に行く予定をしていたのですが変電所の火災( 2019.7.19)で列車が止まってしまいましたので、それはもう無理な話です。

 とにかく湿度が高くて、やっていられないよなぁ状態。

 雨はポツポツでしたが、クーラーから排出される水分が多量に出ていました。

 2019.7.20 京王線

高幡そば かき揚げ蕎麦

5407_高幡そば

 何年ぶりになるのか自分でも覚えていないほど、京王井の頭線経由で明大前を通過しました。

 時間はお昼をとっくに回っています。たまには違う系列のお店にでも入ってみますか。


 ここはやはり定番の「かき揚げそば」でしょうね。

 工場で一括製造しているペラペラ(状)天ぷらとわかめ、そして薬味の刻みネギです。

 汁も、関西人が関東に来て驚くのが「関東の汁はお醤油を伸ばしたみたいに(味が)濃くて黒々している」というタイプです。

 最近は塩分控えめのあっさり系になりつつありますし、それに舌が慣れてしまったので、ちょっと驚きの味と化していました。

 お蕎麦は、どちらかというとちょっとボソボソ感がありました。これはこれでありの仕様かな。

 ペラペラの天ぷらといい、汁といい、本当に昔ながらのと定冠詞が付きそうです。

  お値段は420円でした。

 2019.7.20 京王線 明大前駅(改札内)

5408_高幡そば店舗

 「高幡そば」とは、京王沿線らしいネーミングです。
 調べてみたら、このネーミングのお店は2店舗しかないようです。

 この明大前と高幡不動だそうです。
 JREは「あじさい」から「きらく」の変わりつつあるように京王では、従来からある「高幡そば」から、店舗内でそばを茹で・天ぷらを揚げるタイプの「万葉そば」に変わっていくようです。でもまだ2店舗しかないようですが。

 箱根そばもたしか昔はペラペラ天ぷらでしたが、店舗内で茹でたて・揚げたてを提供するタイプに変わっていきましたから各社いろいろな戦術があるものだなぁと思いました。

東急 5009F 「時差BiZ」HM付

5415

 2020東京オリンピックまで、あと1年足らずとなった。

 いかに開催期間中の混雑を減らすかが課題となっているようで、始発時間を普段より早く設定したり、出社時間を早くしたり・遅く午後からとしたりと試行錯誤しているようだ。

 そのためのライナーが2019年7月22日~7月31日の平日に設定されました。

 日中は普通の運用に入っていますが、「時差BiZ」のHMは取り外さないようです。

 2019.7.22 東急田園都市線

箱そば ごまつけせいろ蕎麦

5405_ゴマつけせいろ

 箱根そば2019年夏の季節メニューの第二弾は、こちら「ごまつけせいろ」そば。

 白・黒ゴマのW風味。お蕎麦1.5倍だそうです。

 季節のせいろになるとなぜかお蕎麦が1.5倍になるようで、たしか昨年もそんなキャッチフレーズを聞いた(読んだ)覚えがあります。

 白・黒ゴマのすりあわせですから、つけ汁の色が、ナントモ的な色になっています。まぁ、ある意味仕方ないのかなというところ。

 汁の中に入っているのは、蒸し鶏をスライスしたものと刻みキュウリ、そして薬味のネギです。

 焼き鳥がゴロゴロと入っていた時は相当に食べにくかったけれど、今回はスライスされたものなのでそれほどでもないですが、やっぱり食べにくいです。

 この際、全部汁に入れるという発想を止めて、蕎麦のそばに置いておくというのはどうなんでしょうか?

 スライスしたものですから、初めから出汁の具ように使っているわけでもないので、汁に入れておかなくともと思います。

 自分の食べるタイミングに合わせて、自分で汁の中に浸けて食べる。そうすれば、汁の中が混み合わないのになぁと思います。

 お蕎麦をゴマ風味で食べたことが無かったので、それはそれで面白かったです。

 お昼時だったため隣の人がカレーライスを食べていたので、カレーの香りにゴマは負けてしまいました(笑)。

 お値段550円。

 2019.7.17 箱そば新百合ヶ丘マルシェ店(改札内)

萌え電? 燃え電? 小田急3651F

5404_燃え電

 貰い火から屋根の一部が焼けてしまった小田急3651F。

 メーカー修理から戻ってきて営業に復帰したとは伝え聞いていましたが、短時間の撮影では出会えず、また雨天で撮影に出られずで、なかなかお目通りがかないませんでした。

 やっとこの日に、出会うことが出来ました。
 本当はサイド気味に撮った方が、違いが多少あると聞いていましたので良かったのかもしれませんね。

 2019.7.17 小田急線

メトロ 6009F(その7)「多摩急行」 唐木田行

5403 6009Fその7

 メトロ 6009Fの多摩急行「唐木田」。

 6009Fは比較的最後の方まで残っていたこともあり、それと相性が良かったのか色々な場面で記録している。



 小田急で女性運転手さんは、いつ頃から運転を始めたのだろうか?

 女性車掌さんは、2600形の復活塗装の時(2003/4年頃)にその存在を車内アナウンス等で明確に記憶しているが、運転手となるとさて? となってしまう。

 人間の記憶とは、結構いい加減な時もあるのだなぁと思ってしまった。

 2009.8.16 小田急線

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (365)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (44)
小田急 EXE (76)
小田急_引退車両・旧塗装 (157)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (43)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (43)
小田急 9000形 (33)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (54)
JR (150)
E233系2000番台 (43)
中央東線 (473)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (66)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (73)
横浜線 (14)
大糸線 (29)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (62)
東急 (98)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (232)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (18)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (19)
富士急行 (11)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (17)
保存_航空機 (1)
飛行機_国内 (76)
飛行機_海外 (56)
飛行機 (7)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (89)
セピア色の時代_飛行機_国内 (65)
セピア色の時代_飛行機_海外 (73)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 SIN  (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (10)
風景全般 (59)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (170)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん