FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

ハノイよいとこ、一度はおいで 12

2018年9月1日(土) 天候 :晴れ (3日目その2)

帰路の車窓

 我々のホテルが最終ピックアップだったようで、ハノイに戻っていきます。

 道路に並行して線路が見えます。

 上手くいったら何か機関車か気動車が見えるかなぁ…と期待していたのですが、運転回数が週レベルらしく無理でした。

 ガイドのシンさん曰く、「鉄道で帰りたかったら、1週間待っていてください」

 どうも中国との国境越え用の線路っぽいです。

 しばし平行していたのですが、何も見えず離れていきました。

 あとは、町中をひたすら抜けていきます。
 


 衣料店でしょうか。



 大きな河を渡っていきます。

 かなりの所まで水が来ているようで乾期や通常だと、きっとそのあたりは地面なんだろうなぁ…という所まで水で埋め尽くされています。



 町外れに来ると住宅街。

 街中はともかくとして、郊外は戸建てです。

 暑いためなのか、フランス時代からの名残なのか、新築でもテラスを設けているものが多数見られました。



 一面、石像が並んでいます。

 夜に見るとちょっとシュールな感じがするでしょうね。
 きっとこの付近が、行きに見た石像関係の工房があるあたりなのかもしれません。



 そして再び、街中へ。

 バスはひたすらハノイ目指して走りまくります。

 いい加減経った頃、トイレ休憩(ドライブ・イン)にストップします。



 ベトナムのコーヒーというと旧宗主国フランスの影響か、深入りした豆から淹れるエソプレッソです。

 それだけだと苦いですから、これに大量の練乳を入れて飲むのが一般的なベトナムコーヒーとなります。


 このドライブインは、コーヒー販売がメインとしているお店らしく、試飲して買っていってねモードが全開です。

 意外と知られていませんが、ベトナムは世界に並んでのコーヒーの産地です。

 ただ、今まで世界への流通が経路が確立していなかったりして、その存在自体が知られていなかったようです。今でも周知されているとは言えないかも(汗)。

 10年以上も前ですが、近くのスーパーにベトナム産珈琲豆から作った粉コーヒーが売られており、しばらく愛飲していました。

 そのうち置かなくなってしまったのは、ネームバリューがなくて大量に売れなかったためじゃないかと思っています。


(これのみスマホで撮影)


 さて、幻の○○とは、貴重な品々でよく見かけるフレーズです。

 このお店のベトナムの幻の○○は、ジャコウネコの糞から取り出したコーヒー豆から作られたコーヒーです(リンク先はインドネシアのものです。ベトナムのは見つけられなかった(汗))。

 ご存知だと思いますがコーヒーの実は種。
 で、いかにして周りについた果肉を取り除くかが、コーヒー豆を取り出す最大のポイントだという話を聞いたことがあります。

 ひとつは、水につけて果肉を腐らせてから取り出す。
 または、土の中に埋めて果肉がなくなった頃を見計らって掘り出す。
 そして、動物に食べさせて、その糞の中から(種は消化されないので)取り出す。

 蓼食う虫も好き好き  とは言いますがコーヒーの果肉を好む動物がいて、それがジャコウネコです(他にもいるらしい)。

 ここでは、一番値段が高いのは、自然界にいるジャコウネコの糞を集めたもの。
 次が、養殖しているジャコウネコの糞から集めたもの。

 というランクだそうです。

 産地だからということで格安販売していますという事でしたが、それでもかなり高価なお値段です。

 日本に帰ってきて調べたら、日本での販売価格がとんでもない値段で、更にびっくりしました。


 ここ何年も前からコーヒー豆から淹れるなんてやらなくなりました。

 そんなことから買わなかったのですが今から思えば、話の種に買っておけば良かったかなと少し後悔しております。

 このあとトイレ休憩はなく、ハノイに直行するということでした。

つづく
スポンサーサイト



 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (371)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (77)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (56)
JR (150)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (475)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (45)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (100)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (220)
メトロ II (14)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (8)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (79)
飛行機_海外 (65)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (220)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (76)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (172)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん