FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

小田急デハ9008



 このデハ9008編成も4両単独で動いていて、コンビが4両編成だったり6両編成だったりしている。

 急行・区準・各停といろいろと便利に使われていたようで、そんな様々な記録が残っています。

 先頭を走る4両口で、9000番末尾の数字が偶数で始まる唯一の編成でした。

 2004.10.31 小田急線
スポンサーサイト



小田急デハ9007




 湘南急行で活躍していた頃のデハ9007。

 「湘南急行「と「多摩急行」と鳴り物入りで登場した二つの急行だが、その後明暗を分けることになった。

 湘南急行は、その後登場した快速急行に吸収され(いや、発展的進化か)てしまい消滅した。

 多摩急行も、日中はただの「急行」になってしまったが、朝夕にはかろうじてその名前が残っている。

 さて2018年のダイヤ改正でも残るのであろうか?



 この編成は半固定化されず4両単独で、ほかの6両編成とコンビを組んで急行などによく活躍していた印象があった。

 そのためか比較的よく記録してある。

 2004.7.24 小田急線

E351系スーパーあずさ交代へ



 2017年12月からE353系が運用を始めると報じられていました。

 その後の徐々に交代していくのかと思っていましたが、一気に交代させるようです。

 10月28日付の共同通信47Newsによれば、来年3月には全て新型に。

 老朽化が進んでいるため引退後は廃車とか。

 そう世帯が多いグループでもないので、運用のことを考えれば一気に交代させた方がよいのでしょうね。

 JR東日本の正式発表ではないので変更もあり得ると思いますが、この冬はいろいろと撮るものが増えてしまいました。

 2017.8.4 中央東線

小田急デハ9005



 区間準急運用につくデハ9005。

 相性の良い編成がある一方で、なぜかご縁がない編成もある。

 別段、意識して撮っているわけではないので、なぜ・ナゼの連発になる。

 最近でこそ編成を意識するようになりましたが、それ以前は全くと言って良いほど無頓着でした。


 この編成までが8両半固定です。ですからデハ9002、9004、9006は連結面になり写真はありません。

 2005.5.20 小田急線

小田急デハ9003



 現在、各停10両編成が止まれるようにホーム延長工事中の代々木八幡駅だが、完成したあかつきには島式ホームになる様だ。

 きついカーブ上で止まっているデハ9003編成。

 ホームが完成するとこんな風景も見られなくなる。




 千代田線直通の運用を1000形に譲った後、9000形は地上線仕様になった。

 いつ頃からだろうか。4両編成を2本つなげて半固定の8両編成なった。連結面のヘッドライトはなくなり(おそらく5200形に移設されたのだろう)その穴は塞がれ、一部は運転席の機材も撤去されたという。

組み合わせは
新宿側 小田原側
9001F+9002F 
9003F+9004F
9005F+9006F

 従って、この連結面は撮れないのでありません。それに撮り逃したものもあります。その辺は追々に。

 私が一眼レフデジカメの導入が2003年10月ですから、それから2006年6月の「さよなら運転」までが撮影期間となります。
 
 2005.6.12 小田急線 代々木八幡駅

小田急デハ9001



 先の小田急ファミリー鉄道展2017会場で、疲れたからと休憩室で友人と二人で椅子に座りゆっくりと休んでいた時のことだった。

 そう言えば、「過去にも雨の日のイベントってなんかあったよね」と。

 あれって、なんだけ?

 9000形の引退じゃなかったけ?

 あの日も1日中雨だったよなぁ。

 小田急9000形が引退したのは、2006年5月13日の唐木田で行われたイベント

 つい昨日のように思っていたけれど、あれから10年以上も時が流れてしまった。

 気がつかなかったけれど、きっと二人して懐かしい目をしていたに違いない。



  さて、このブログを開始したのは2007年9月のこと。

 このブログにアップした9000形の枚数を調べてみると意外に少ないのは、すでに9000形は引退していたからでしょう。

 デジカメを導入してから撮りまくった写真があります。もしかするとデハ9000形の写真が全部揃うのではないかと思って調べてみました。
 が、やはり撮りこぼしがありました(涙)。

 フォルダにまとめました9000形です。せっかくですからポチポチとアップしていくことにしました。
 しばらく続くと思いますが、どうぞよろしくおつきあい下さい。

 2005.4.10 小田急線

HiSE(このタイトル何度目だろう)



 好きな場所で、好きな車両を撮るのはとても楽しい。

 高架区間は誰がどう撮っても押し並べてスタンプ写真化してしまうけれども、撮っている時は至福の時間だ。

 HiSEという車両は、VSEが登場する前まで唯一前面に表示がないロマンスカーであった。

 それが「スーパーはこね」なのか、「はこね」なのか、「さがみ」なのかが、写真からすぐに判らないのがつまらかった。

 そしてJRに新しく登場した特急車も前面表示がない。

 もう名前を前面に掲げて走る時代ではないのかもしれないと思うと、それはそれで少し寂しい気がする。

 2009.8.26 小田急線

HiSEとキバナコスモス



 今月は長雨と台風に祟られて撮影に出られない日が続いたのでネタが切れました。

 今週の残りはストック・フォトからお送りいたします。

 今日・明日はHiSEです。


 今年は、ここのキパナコスモスがパッとしない。

 そう言えば、昨年も勢いがなかったなぁと思い出した。

 連作障害なのか、世話をする人がいなくなったのか…。

 後者だったら、寂しい。

 撮影に邪魔なくらい沢山咲いていた頃が懐かしくなってくる。

 2009.9.26 小田急線 新百合ヶ丘-柿生

E233系 マト10 その3 急行「新宿」行



 所用を済ませて、駅に戻る途中にE233系見かけました。

 側面の行き先を見れば、新宿とあります。

 メトロ16023Fを行きに見かけて、所要を済ませるとそのかかった時間は約40分。その帰りにE233系。

 快急はいつも通りに走るけれども、急行を運休すると途中駅で乗り降りする乗客が困りますので、千代田線直通の急行を新宿行として走らせているのでしょう。

 ロマンスカーはまだ運休中だったので新宿駅地上ホームは空いていて大丈夫だったからでしょう。と思いきや地下ホームに入ったようです。

 幸か不幸か、思わぬハプニングの一端を見られた気がしました。

 2017.10.23 小田急線 新百合ヶ丘駅

メトロ16023F その2 急行「新宿」行



 10月23日、台風21号が宮城県沖(北海道沖かもしれない)に過ぎ去った頃に見かけた風景。

 朝から台風の影響を回避したにもかかわらず、人身事故でダイヤが乱れてしまった小田急線。

 所用があって新百合ヶ丘へ行くとメトロ16000系が見えた。

 たしか多摩(千代田)線直通は、まだ再開されていないハズと思って行く先をみれば「新宿」。

 千代田線に出かけていった編成が帰れないので、メトロ車の代用なんでしょうか?

 なるべく持ち歩くようにしているコンデジで記録。

 その続きがあります。

 2017.10.23 小田急線 新百合ヶ丘駅

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (365)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (44)
小田急 EXE (76)
小田急_引退車両・旧塗装 (157)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (43)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (43)
小田急 9000形 (33)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (54)
JR (150)
E233系2000番台 (43)
中央東線 (473)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (66)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (73)
横浜線 (14)
大糸線 (29)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (62)
東急 (98)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (232)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (18)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (19)
富士急行 (11)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (17)
保存_航空機 (1)
飛行機_国内 (76)
飛行機_海外 (56)
飛行機 (7)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (89)
セピア色の時代_飛行機_国内 (65)
セピア色の時代_飛行機_海外 (73)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 SIN  (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (10)
風景全般 (59)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (170)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん