FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

豚つけせいろ蕎麦



 箱そば春の季節メニュー第2弾は、豚つけせいろ蕎麦です。

 メニューにわざわざ断り書きのように(冷)の文字があるので、温かいものはやっていないようです。

 ちょっと暑さも感じるような日のお昼に頂きました。

 お蕎麦が冷たいのは別段かまわないのですが、つけ汁も冷たかったです。
 ここに入ってるお肉は三枚肉のようで、このお肉はご存知のように油脂が多く含まれています。
 既に汁に入れた段階で、油分が塊りつつあります。

 初めて口に入れた段階でうま味としての油を感じるのではなかったので、これはマイナスです。
 やはり、ここは油を意識せず食べられる温かい汁が良かったのじゃないかなぁと思うところ。

 汁の中に入っている具材に珍しく“あおさ”がありました。
 これも温かい方が香りが引き立つので、つけ汁が冷たいのって何だよなぁ的な存在です。

 ちょっと組み合わせを間違えたような気がします。

 お値段は500円でした。

 2017.3.30 箱そば 新百合ヶ丘店(改札内)

 ps.
前回、ここで食べた「桜海老のミニかき揚げ天とカサゴ天蕎麦」ですが、ちょっと焦げ味があって不味かったのです。その件でアドバイス頂き、メールしてみました。

 まぁ、不具合の商品は廃棄するよう指導を徹底という、お決まりのお詫びのメールが翌日返ってきました。

 で、今回、桜海老のミニかき揚げの状態をケース越しにみましたが、状態にほとんど変化はありません。本当に指導を徹底したのか疑問があります。それとも、ただ連絡をしただけなのか?

 推測ですが、おそらく他のお店で揚げる時は、桜海老を天ぷらを油から引き上げる直前に入れて、油から引き上げてから余熱で桜海老に熱が回るように処理しているのではないでしょうか。

 このお店は、そうではなくてたっぷりと油の中で泳がせるように揚げているのではないか。だから余計に火が入って最終的に焦げやすい状態になっているのではないかと感じます。

 通達をしているとするならば、揚げ方の実地指導訓練を含めて指導通達をしないと本当の改善効果はないと感じました。

 以上、顛末のご報告まで。
スポンサーサイト



LSE はこね 6



 バックのマンションが増えたような気がする。ここってこんなにマンションがあったかなぁ。

 以前にロマンスカー時刻表の表紙写真に登場した場所でもある。

 あれはMSEだったか。パッくても意味はないので、私はLSEです。




 そう言えば、かなり前にここで男性用のサイドバックを拾ったことがある。

 なぜ、こんなところに? である。

 中を見ると現金はなくて、給与明細やCDなどが入っていたらしく周囲にそれらが散らばっていた。

 盗難なのか、落とし物なのか…。

 駅の小田原寄りに交番があるので、バックだけでも持ち主に戻ったらと思って周囲に散らばっていた物をできるだけ拾い集めて届け出た。

 拾得物届け扱いにはしなかったので、警察からは本人から(お礼の)電話させますという話だった。

 (取得物扱いにすると警察(交番)がその書類を発行する。その書類がないと落とし主は品物を警察から引き取れないので、拾い主に会ってその書類を受け取らねばならない。その時に状況に応じてお礼をしなければならない決まりになっているようだ)

 後日、本人からお礼の電話があり、はっきりとは言わなかったが話の内容からどうやら落としたらしい事が判った。

 残念ながら届け出たものは全ての物ではなかったらしい。

 改めて拾った状況を説明したが、ちょっと気落ちした声とお礼の言葉が暫く耳に残っていたことをこの地にきて思い出しました。

 2017.3.24 小田急線 開成-栢山

菜の花とMSE III



 菜の花に疎ら感があると、当然ながら一面の黄色にならない。

 いくら流し撮りで引き延ばすと言っても限度があります。

 やはり秒単位で流さないと、一面の黄色にはならないのかもしれません。

 そう言えばMSEの貫通面のUPはまだでしたね。

 これで菜の花とロマンスカー編はお終いです。ご高覧ありがとうございました。

 2017.3.24 小田急線 栢山-富水

温玉のせローストビーフ蕎麦(の広告)



 撮影帰りの電車の吊り広告でみつけたお蕎麦。

 お蕎麦にローストビーフですか…この広告を見た時に目が点になった。

 広告には箱そばのHPも載っているのにホームページには、そのお蕎麦の紹介がない。

 箱そば始まって以来の最高額なメニューだろうと思う。

 まぁ800円あると、自宅周辺のちゃんとしたお店でランチが食べられる値段だ(高額店はムリだが)。

 箱そばで、果たしてその需要があるのか。

 興味があるところです。

 2017.3.24 小田急線車内

菜の花とVSE



 初めにいた場所に戻ってきました。

 せっかく流し撮りができる場所にいますからね、ここはひとつやってみますか。

 なんか去年も菜の花とVSEで流し撮りをやったような記憶が…。

 菜の花シーンでのロマンスカー全車種がこれで登場したかな。

 2017.3.24 小田急線 栢山-富水

菜の花とEXEα(その7)



 人出が少ない平日をわざと狙って出かけました。そして曇天という条件でも何人か撮影者がいます。

 こればかりは仕方がありませんね。

 運用を失念していたEXEαが小田原から戻ってきました。

 天気は相変わらず……。

 来年は快晴の元で撮りたいです。

 2017.3.24 小田急線 栢山-富水

菜の花とMSE II



 ここ何年か恒例となっている東栢山の菜の花畑での撮影。

 今年は作付面積が狭くなっていました。

 菜の花祭り(今年は2017.3.18実施)での集客が、段々と落ちてきているのでしょうか。

 太陽が出てくればMSEのボディも花も輝きを増すのでしょうが、残念ながらの曇天となってしまいました。

 2017.3.12 小田急線 栢山-富水 

菜の花とLSE



 ちょっと春らしい風景を求めて出かけてきました。

 梅花も良いのですが、やはりどこか寒々しいところがあります。

 まだ気温が低かったり、花がパッと一面に咲くという感じではないのがその一因かもしれません。

 桜花まであとちょっとならば、ここは菜の花でしょうか。

 まずは、オレンジ色のLSEとあわせてみました。



 午前中は陽差しもでていたのですが、現地到着時刻には曇り空。

 天気予報が当たってしまいました。
 当たって欲しくない時によく当たるのは、日頃の行いがよくないためなんでしょうか。

 2017.3.24 小田急線 栢山-富水

運用を始めた4066F



 小田急に運ばれたが、なかなか運用が始まらなかった4066F。

 やっと運用が始まりましたので、床下が綺麗なうちにと思ってキャッチしてきました。

 まぁ、この場所は午前中の方がよかったのですが、そこはそれヤボ用があっての世界です。

 4000形はこれで16本。どこまで増えるのでしょうか?

 2017.3.20 小田急線

小田急EXE α その6



 EXEαの運用開始から、早くも3週間近くになろうとしている。

 ファンの登場熱は既に失われてきたらしい。

 連休の中日ということもあったのか、この付近の沿線に撮り鉄さんは見えない。

 そして、この場にいた唯一の方はEXEαの通過前に帰られてしまった。

 まあ、これから増えてくるのですから、そう急いで撮らなくてもよいかという判断なのでしょうか。

 2017.3.19 小田急線 向ヶ丘遊園前-生田

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (339)
小田急 GSE (46)
小田急 MSE (149)
小田急 VSE (83)
小田急_EXEα (44)
小田急 EXE (76)
小田急_引退車両・旧塗装 (155)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (42)
小田急 LSE (158)
小田急 LSE 赤塗装時代 (42)
小田急 9000形 (32)
小田急 区間準急 (23)
小田急_ラッピング車 (54)
JR (150)
E233系2000番台 (43)
中央東線 (473)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (65)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (73)
横浜線 (14)
大糸線 (28)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (62)
東急 (92)
京王 (30)
都営 (16)
メトロ (231)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (18)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (19)
富士急行 (11)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (17)
保存_航空機 (0)
飛行機_国内 (75)
飛行機_海外 (51)
飛行機 (7)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (212)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (88)
セピア色の時代_飛行機_国内 (60)
セピア色の時代_飛行機_海外 (60)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (70)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅 (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコク息抜きの旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 SIN  (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (10)
風景全般 (59)
見上げてごらん空を (53)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (167)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん