FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

#361_懐かしの・・・



晴れ時々Fe にようこそおいで下さいました。

このブログでは、鉄道・飛行機などに関わる写真や風景写真、旅行記などがメインテーマとなっております。
写真を見て何か感じられましたら、一言コメントを書いていただくと嬉しいです。
コメントは撮影の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
下のお願いもよろしくです。

以前に扱っていた石仏や地元関連の話題などは、別ブログで行っております。

ぶらりASAO  

こちらも、あわせて宜しくお願いいたします。

撮影 : 2012.2.17 東海道線 沼津駅
 
旅日記の中で書かれているアルファベットの3文字は、航空業界で使われている3レター都市コード(BKK…バンコク・タイ、TPE…台北・台湾、SIN…シンガポール)です。その時に行った国の首都を表しています。

【お願い】

★最近いきなりの友達登録が来ます。宣言して友達になるのではなくて、ごく普通の交流をしながら友達になるものだと考えております。その手順を踏んでから友達申請をお願いします。

★現在のところ読者限定記事は1本もありませんので、友達にならなくても全ての記事を読むことができます。
 また お気に入り に登録して頂けると、
各自のマイページに新着として表示されますので登録されることをお勧めします。

★ここで公開している写真・文章は、その場に明記している・いないに関わらず著作権法により保護されております。同法に規定されている以外の無断使用は、同法違反によって処罰されることがあります。したがって無断使用はご遠慮下さい。

★記事に関係のない書き込みは、発見次第、即時削除させて頂いております。そのような書き込みもご遠慮下さい。

スポンサーサイト



Sカーブを行く211系長野色



 この付近だと例年10月末あたりから紅葉が見られるようになってくるのだが、最近は天候不順でその時期が読みづらい。

 スカっとした秋晴れの下で、黄葉・紅葉を楽しむのが難儀なことになってくるとは思いもよらなかった。

 やはり地球が壊れつつあるのだろうか。

 2016.9.24 中央東線 長坂-小淵沢

ギラリする時



 ステンレス製のボディは晴れれば、よく目立つ。

 南アルプスに陽が落ちる頃になると、ちょうど反射角がよくなるようでギラギラと光ってくれる。

 ちょうど「ホリデイ快速やまなし」が上っていく時間帯とシンクロしました。

 2016.9.25 中央東線 長坂-小淵沢

鎌倉・岡八幡宮とスカ線



 鎌倉のシンボルと言えば、岡八幡宮を上げる人も多いだろう。

 初詣客数は、毎年のようにベストテンにその名前が刻まれる。

 その古都を走るのは横須賀線。

 70系から113系と引き継がれ、今の主はE217系。

 某氏のブログで、このアングルを撮れることを知ったのは随分と前のこと。

 私もあんな風に撮ってみたい…と思ってからも、かなりの時間が流れてしまった。

 過日、その宿題を片付けるために出かけました。

 撮影をしていたら、近くにこんな文字が……。

 「ここから、のぞき見や盗撮する人がいます。不審な人を見かけたら110番へ(通報へ)」

 の張り紙がありました(汗)。

 不審者になるのもナンですので、早々に退散いたしました。

 2016.10.2 横須賀線 鎌倉-逗子

秋のAzusa



 緩いカーブを回り込むように、最後尾と先頭部が入ったE257系Azusa。

 その中に抱えこむようにススキの穂があった。

 これも秋の風物だよなぁ……。

 10月25日の山の気温は気温8℃。

 きっと外ではもっと冷え込んでいたに違いない。

 いよいよ秋も終盤に差し掛かってきたようだ。

 2016.9.24 中央東線 長坂-小淵沢

小諸そば「秋盛り蕎麦」



 目の前に置かれた丼の中に、白い天ぷらが3つドンと座っていた。
 小諸そばの秋盛り蕎麦である。

 秋盛りと言うからには秋の味覚が3つ入っている。
 時計回りに正午の位置から鮭天、いも天、舞茸天、そしていつものほうれん草。

 同じような趣旨の蕎麦に箱根そばの「春菊天、舞茸天蕎麦」がある。
 見栄えという点からは、残念ながら箱そばに軍配を上げざるを得ない。

 小諸そばは、衣をもっと薄くして軽く素材の色が見えたら抜群なのに、と大変残念な気持ちになる。
 もっとも鮭天(鱒天かもしれない)が入っているし、天ぷらが3点ある時点で、内容的に小諸そばの勝ちである。

 お値段はというと、小諸そばが460円、箱そばが480円。
 10円玉2つという微妙な差だが小諸そばが安い。

 この勝負、2勝1敗で小諸そばの勝ちである。

 とまあ、勝手に勝負事風に書いてみましたが、各社各店舗ごといろいろと工夫していることが見えてきます。

 消費者としては、美味しいものを安全に、そして格安に食べられることが、なんとも嬉しい事であります。

 2016.10.24 小諸そば 芝店

海老天蕎麦



 立ち食い蕎麦で、海老天蕎麦とはなんと贅沢、いや、なんと不似合いかと思う。

 大体が立ち食い蕎麦だと、「かき揚げ天」がお似合いと思っているのは、昔からそれしか(食べ)なかったためだろうか。

 海老天とは言え、市中のおそば屋さんの海老の大きさとは、少々サイズが違うのはいた仕方がないこと。

 まぁ、お値段も違いますが…。

 海老天蕎麦と言えば、お高い値段の存在かと思っていましたが、じわじわと下の価格が上がってきて、ほぼ季節蕎麦と変わらなくなってしまいました。

 清水の舞台から飛び降りるつもりで、注文したのだからと思い込みがこちらにはあります(←かなり大げさなイメージだ)。
 そこには2本入っておりますが、無造作に放り込まれた感がします。もう少し丁寧に配置して欲しかったなぁ。

 おそらく最初で最後になりそうなメニューですが、美味しく頂きました。

 お値段は、ワンコインの500円でした。

 2016.10.23 箱そば 新百合ヶ丘店(改札内)

EH200-8+タキレ



 10月に入って寒い日も出てきたので、石油の需要が高くなってきたのだろう。

 この日も夕方になると空のタキを引き連れてEH200が上っていく。

 午前中あんなに良かった天気も、午後になると雲に覆われる時間も増えてきた。

 これを撮って、この日の撮影はあがろう。同時にこれで3連休の撮影もお終いです。

 ご高覧ありがとうございました。

 2016.10.10 中央東線 すずらんの里-青柳

稲藁立て



 山を下るようにスーパーあずさが走って行く。

 そして、傍らの田んぼには脱穀の終わった稲藁が無造作に置かれていた。

 その稲藁を4つ位集めて1つの山状に立てていく。

 聞けば、この辺りでは長野のリンゴ農家が欲しがっているそうだ。

 小田原周辺では厩舎の人達が集めていた。稲藁って便利な存在なのだなぁと思う。

 この後になって奥さんと子供たちが来て手伝っていた。

 農家仕事は一家でやる仕事なのだと改めて感じる。

 なお農家の方には、初めに撮影趣旨を説明し撮影許可を頂いております。

 その節は、ありがとうございました。

 2016.10.10 中央東線 すずらんの里-青柳

ススキの中を



 やはり秋というと初めに思い浮かぶのは、黄金色の稲穂とススキ。

 そのススキの穂が線路に沿って白く輝いている。

 来てくれたのはE351系。

 タイミングよく「スーパーあずさ」の表示が出てくれたのはラッキーな出来事。

 大分へたってきた表示装置だが、高速シャッターで切っても途切れたりしない優れものである。

 2016.10.10 中央東線 小淵沢-信濃境

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

TOP (428)
小田急_現行車両・現塗装 (336)
小田急 GSE (46)
小田急 MSE (149)
小田急 VSE (82)
小田急_EXEα (44)
小田急 EXE (76)
小田急_引退車両・旧塗装 (155)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (42)
小田急 LSE (158)
小田急 LSE 赤塗装時代 (42)
小田急 9000形 (32)
小田急 区間準急 (23)
小田急_ラッピング車 (54)
JR (150)
E233系2000番台 (43)
中央東線 (473)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (65)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (73)
横浜線 (14)
大糸線 (28)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (62)
東急 (92)
京王 (30)
都営 (16)
メトロ (231)
江ノ電 (18)
京浜急行 (30)
相模鉄道 (18)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (19)
富士急行 (11)
371系 (30)
保存車両 (17)
蒸気機関車 (18)
飛行機_国内 (75)
飛行機_海外 (48)
飛行機 (7)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (212)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (88)
セピア色の時代_飛行機_国内 (60)
セピア色の時代_飛行機_海外 (60)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (70)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 KHH (4)
旅日記海外 2019 BKK (24)
旅日記海外 2018 HAN (18)
旅日記海外 2018 BKK (15)
旅日記海外 2015 BKK (13)
旅日記海外 2013 BKK (15)
旅日記海外 2014 TPE (27)
旅日記海外 2012 BKK (21)
旅日記海外 2011 BKK (20)
旅日記海外 2010 SIN (9)
旅日記海外 2008 TPE (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (10)
風景全般 (59)
見上げてごらん空を (51)
読み鉄 (4)
Beer (7)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (166)
雑記・戯れ言 (25)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSリンクの表示

FC2カウンター

訪問者数

Template by たけやん