FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

メトロ 6028F その4



 メトロ16000系の増備で押し出されるように、数を減らしていく6000系。

 残るは16編成になっているようだ。と言うことは20本近くが居なくなった計算になる。

 この6028Fも2015年12月に廃車になったようだ。

 このブログでも3回(その1その2その3)ほど、メトロ6028Fをアップしてあるが、全てLED表示になった時代のものばかりだった。

 幕時代の6028Fをもって、お別れとしよう。

 2003.10.25 小田急線

ps.この編成は、譲渡ではなく廃車・解体されたようです。
スポンサーサイト



FT B747-121(N818FT)



 今はなきフライングタイガーのB747-100。

 この機体、元はパンナムのB747-121(N658PA)。

  元が旅客機だけに窓がキレイに残っている。

 どのような基準で、窓を潰したり・残したりするのか不思議であった。
 残念ながら、その答えは未だに知らない。
 
 まぁ、貨物が運べれば問題ないので、元が旅客機であろうが元から貨物機であろうが、お構いなしであった。

 そういう訳で雑多な機体で飛んでくるのがこのフライングタイガーであった。

 1987.2.11 成田空港

RSE「はこね」



 パステルカラーのRSEがいなくなってから来月で、もう4年になる。早いものです。

 ほんわかしたパステルカラーを纏う車両なんて、もう出てこないのかなぁ。

 やたらと威張り散らすようなデザインや中国・拝金主義とも成金趣味とも言えるような改造車両を出してくる某デザイナーが世の中を席捲しているからなぁ。

 変に利用者に媚びないで、凜としつつ、あたたかくなるような車両が、また見たいですね。

 2011.11.5  小田急線

新車の「メトロはこね」と多摩急行



 新百合ヶ丘駅西方は、クロスポイントでゴチャゴチャとしている。

 そのゴチャゴチャ感が撮りたくて待っていたら、なぜか多摩線上でも16000系「多摩急行」が待っている。

 快急は行ったし、何かロマンスカーが来るなと構えていたら、MSE「メトロはこね」がやってきました。

 足回りもグレーの塗装が綺麗だし、これは先日から運用に入った60053Fでしょうか。

 ちょっとラッキーでした。

 2016.2.28 小田急線 新百合ヶ丘駅

CX B747-367(VR-HIJ)



 キャセイパシフィック航空のB747-300。

 登録は1986年12月で、撮影したのは1988年5月。

 就航してから1年半ほどたった時ものです。

 この頃は、ジャンボも2階部分が伸びた-300タイプで飛んでくる会社も多くありました。

 初めの頃は変わった珍しいものが来たと喜んでいたのですが、数が増えるとそう貴重な感じもなくってしまい、

 「ああ、また300だ」とぼやいていたものでした。

 その-300も居なくなり、やはり撮っておける時に数が多くとも撮っておくべきものなのでしょうね。

 1988.5.4 成田空港

メトロ 6019F その3



 夕刻、小田急線代々木上原駅から東北沢駅へ向かう電車の山側窓外にイスラム寺院の窓に灯がともるのが見えることがあった。

 ボンヤリと暮れゆく時に、うっすらと窓から灯が溢れるのは、ちょっとした異国情緒がある。

 そんな見えている心象風景に近いものを撮りたくて、出かけた時のもの。

 まぁ、その時の写真がアップされないのは当時のデジカメだと増感モードになるとノイズが大量に発生して情緒もなにもなくなってしまったからだ。

 群青色にボンヤリと浮かび上がる建物、そしてその窓から漏れる光。

 イメージは良かったンですけれどねぇ…。

 そのテスト撮影時に登場したのがメトロ6019F。

 その後、再びのチャンスを狙っていたのですが、東北沢駅は下北沢周辺の地下化工事が始まり、工事現場化されてしまい、そのうちに地下に潜ってしまった。

  2005.7.2 小田急線 東北沢駅 

UA B747-222B(N152UA)



 ユナイテッド航空のB747-200。

 この当時のユナイテッド航空のスチュワーデス(今風に言うならばキャビン・アテンダント)は、アメリカのおばちゃん然した人々が多く乗っていました。おそらく労働協約がらみでしょうか、若い人達は少ないようでした。

 UAは、パンナムから太平洋路線とその機材を譲り受けましたが、それが絡んでいたのかもしれません。

 日本発着便には日本人乗務員もいましたが、通訳などを担当していてミールサービスなどの業務は一切しない労働協約だったようです。

 パンナムから譲り受けた時が、初めてのUA日本路線と思っていましたが、それ以前からも日本路線はあって飛ばしていたとUA機内で日本人乗務員の方から伺いました(便数は少なかったらしい)。

 個人的にちょっとUAびいき気味なのは、初めの頃にそんな体験をしたためかもしれません。

 1988.5.4 成田空港

区準9 小田急 1069F他



 隣の世田谷代田までは、早かったのにねぇ。

 この梅ヶ丘からは各駅停車と同じだけ停車駅を踏んでいく。

 ここからは緩行線へ。短かった優等列車の夢はここまでである。

 2016.2.21 小田急線 梅ヶ丘駅

メトロ 6008F その5



 こちらはメトロ6008F。消える魔球じゃなくて消えるLED持つ編成である。

 何と言っても、写真にすると消えてしまう表示は困りものだ。

 でも人間の目には、きちんと連続して見えているので当然ながら撮っている時は、消えていることは判らない。

 まぁ、撮ったあとでコマを点検しながら、写っている・いないと喜怒哀楽するしかないのである。

 それが判るようになったのはカメラのコマ速が早くなって、1シャッターで複数写せるようになったためであろう。

 フィルム時代は、一般向けのモータードライブだとせいぜい秒5コマが良いところである。

 ワンダーだったら、秒1コマとか2コマという時代があったことを考えれば上出来だった。

 このショットもベストなところでは表示が消えていたので、全て点灯しているコマを選んだ。

 今の時代、ベストポイントの写真を選ぶのはカメラマンじゃなくて、LEDや液晶の表示装置なってしまったような気がする。

 かなり悲しい。

 2016.2.14 小田急線

PR A300-B4-103(PR-C3001)



フィリピン航空のA300-B4。

 エアバスで飛んでくる仲間の一角をなしていたフィリピン航空。

 アジア通貨危機(1997)の時に労働争議も起きて、運行停止されたことがあった。

 もう、あの機体と塗装が、もう見られなくなるのかと思った記憶がある。

 その時は、香港のキャセイパシフィック航空がフィリピン国内線も運行していたと記録にあった。

 まぁ、その後会社は無事に再生したようで、今もフィリピン航空の名で飛んでいる。

 1987.10.18 成田空港

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (365)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (44)
小田急 EXE (76)
小田急_引退車両・旧塗装 (157)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (43)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (43)
小田急 9000形 (33)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (54)
JR (150)
E233系2000番台 (43)
中央東線 (473)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (66)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (73)
横浜線 (14)
大糸線 (29)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (62)
東急 (98)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (232)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (18)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (19)
富士急行 (11)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (17)
保存_航空機 (1)
飛行機_国内 (76)
飛行機_海外 (56)
飛行機 (7)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (89)
セピア色の時代_飛行機_国内 (65)
セピア色の時代_飛行機_海外 (73)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 SIN  (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (10)
風景全般 (59)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (170)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん