FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

185系あまぎ色の特急「草津」



 今から思えば、あっという間のことでした。

 知ってはいたものの、この時が初めての対面。
 懐かしい157系の色を纏った185系。

 あの「80系湘南色」もどきは、パッとしなかったしねぇ……と、この目で見るまでは期待していませんでした。

 実車は、塗装が似合っていました。
 もう心が、初恋の人に会った時のように、まるでその頃に還ったように、ときめくほど。

 でも、終わってしまいましたね。

  次に心がときめく時は、いつ、そして、それはどんな車両でしょうか?

 2012.4.22 JR赤羽駅(だと思います)

215系踏切通過中



 線路を公式に横切って(渡って)良いところが、踏切です。

 街中の雑踏踏切もあれば、誰が渡るのだろうかという場所にある踏切もあります。

 ここは、山里の踏切。そして後ろに見えるのはログハウス。

 こういうシーンに似合うのは、どんな車両なんでしょうね。

 2014.5.6 中央東線 長坂-小淵沢

#327_205系の2つの顔



晴れ時々Fe にようこそおいで下さいました。

このブログでは、鉄道・飛行機などに関わる写真や風景写真、旅行記などがメインテーマとなっております。
写真を見て何か感じられましたら、一言コメントを書いていただくと嬉しいです。
コメントは撮影の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
下のお願いもよろしくです。

以前に扱っていた石仏や地元関連の話題などは、別ブログで行っております。

ぶらりASAO  

こちらも、あわせて宜しくお願いいたします。

撮影 : 2014. 10. 11 南武線 宿河原-登戸

旅日記の中で書かれているアルファベットの3文字は、航空業界で使われている3レター都市コード(BKK…バンコク・タイ、TPE…台北・台湾、SIN…シンガポール)です。その時に行った国の首都を表しています。

【お願い】

★最近いきなりの友達登録が来ます。宣言して友達になるのではなくて、ごく普通の交流をしながら友達になるものだと考えております。その手順を踏んでから友達申請をお願いします。

★現在のところ読者限定記事は1本もありませんので、友達にならなくても全ての記事を読むことができます。
 また お気に入り に登録して頂けると、
各自のマイページに新着として表示されますので登録されることをお勧めします。

★ここで公開している写真・文章は、その場に明記している・いないに関わらず著作権法により保護されております。同法に規定されている以外の無断使用は、同法違反によって処罰されることがあります。したがって無断使用はご遠慮下さい。

★記事に関係のない書き込みは、発見次第、即時削除させて頂いております。そのような書き込みもご遠慮下さい。

長野色の115系



 いよいよ長野115系の終焉が近づきつつある。

 あんなに沢山いたのにねぇ……。

 「あ、また115系かぁ」と思っていたのが、いよいよ思い出の世界に入るようだ。


 国鉄から蒸気機関車がなくなる最終章の頃である。

 当時、広田尚敬氏が書いた随筆の中に

 『蒸気機関車が(国鉄から)なくなったら、私は何を撮ればよいのだろうか』

 という嘆きとも、悲しみともとれる一文を読んだ。


 その後もちゃんと鉄道を撮られているのを確認したのは、私が鉄に復帰してからのこと。
 次のテーマをいかに見いだすかが、鉄道への愛なのだと思う。

 さて、私はどうなのだろう?

 2013.11.4 中央東線 長坂-小淵沢

ススキとVSE



 日中に回送のVSEが下っていく。

 1時過ぎに富水付近で起きた事故のため、早々にロマンスカーの運転が取りやめになったためだ。

 意外に早く障害がなくなっても、ほぼ時間通りのダイヤで無人で下っていく。

 EXEだと回送表示をして下っていったが、VSEは正面に表示そのものがないので、回送なのか、営業中なのかの判別がしづらい。
 こういう時は、ちょっとだけイイかも……。

 逆光なのに思った以上にススキが輝かない。まだ若いためだろうか。
 もっと穂が、ぼわっとした頃が写真的には、判りやすいのかもしれない。

 2015.10.12 小田急線 鶴川-玉川学園前

ススキと215系



 高原は、今どんな具合になっているのだろうか。

 自宅周辺のススキは、これよりも育っているから今年は、やはり涼しさが急に来たようだ。

 いや逆に、この年は暑さが遅くまで残っていたのかもしれない。

 ススキの育成で、秋の進展具合がわかってくる。

 2010.10.10 中央東線 長坂-小淵沢

今昔物語 小田急線 鶴川4号踏切


1972.3.15


2015.10.12

 久々の今昔物語、 今回のテーマは踏切。

 ここは小田急線鶴川と玉川学園前の中間付近、いやどちらかと言うと玉川学園の方が距離的には近いはずです。
 が、学園内を抜けて駅に行くことが日常的に出来ないので、ここに住む人のアクセスは鶴川でしょうか。

 1972年のものは、旧4000形3両編成(既出かもしれません)。
 野山が広がっていて、どこからが学園の敷地なのか、よくわかりません。

 が、2015年には明確にわかるように柵が設けられています。
 畑に回り込む道付近が境界だったようですね。

 これだけの時間を経て、変わっていると言うべきなのか、あまり変わっていないと言うべきなのか…。
 ビミョーです。ハイ。

ススキと1000形



 今日は、午後から時間が出来たので近場へ。

 いろいろな場所を思い浮かべたが、近場でススキがそこそこあるとなると、ここしか思い浮かばなかった。

 電車に乗る時に電光表示板に「1時頃に西の方で、障害があったこと」が告げられていた。
 既に回復したとあったので、安心してお出かけである。

 が、ロマンスカーが時間通り来ない(汗)。
 ロマンスカーは止まったままだったのだ。

 ま、それでもダイヤ回復すべく回送で送り込まれていく。
 昼間のロマンスカーが無人なのは、見ていてなんか変な感じすらする。
 
 そのような訳で、1000形などをメインに撮った日となりました。

 2015.10.12 小田急線 鶴川-玉川学園前

ナハ51編成



 過去帳に入ってしまった南武線205系ナハ51編成。

 今日は天気が悪いし、またやるべき事が溜まっている。困ったものです。

 じゃ、1年前はと、フォルダを眺めていたら、ちょうど1年前の同日に撮った写真があった。
 
 ああ、晴れていたのね。

 最近の南武線休日ダイヤだと205/209系はお休みでE233系ばかりの運用。
 休日運用の数ならば、足りるだけの本数が揃っているようだ。

 また、この顔も1本残っているらしい。最後にもう一度くらいは見たいと思っている。
 このささやかな願いは、叶うのであろうか?

 2014.10.11 南武線 宿河原-登戸

百合ヶ丘駅に停車中の旧4000形(クハ4070他)



 ホームの乗降口付近しか屋根がなかった。

 今でも西の方へ行くと、まだ屋根が短い駅がある。さすがにここまで短くはないと思うが……。

 百合ヶ丘駅が出来たのは昭和35年。この写真を撮ったのは昭和49年。
 この時点で14年ほどしか経っていないので、ほぼ開業当初のままだったと思う。

 写真左上に見える建設途中と思われるビルがあるが、どのビルになるのだろうか。
 いや、世田谷街道(津久井道)に面しているので、もう無くなっているかもしれない。

 止まっているのは、旧4000形。
 1800形との併結が出来なって変則5両時代のもの。
 よく見ると、側面につくドア開閉表示灯(と呼ぶのだろうか)が5つある。

 気がつけば、撮ってから40年以上経ってしまった。
 そりゃ、駅も変わるし、電車もいなくなる。撮った人間も歳を食う訳だ。

 1974.9.8  小田急線 百合ヶ丘駅

« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

ジモティネタ満載の姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしくお願いします。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (371)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (77)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (57)
JR (150)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (475)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (45)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (100)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (220)
メトロ II (15)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (8)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (80)
飛行機_海外 (65)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (220)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (76)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (172)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん