FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

東武鉄道で蒸気が復活 !



 真夏の夢か、はたまた幻か、の驚きの世界である。

 なんでも東武鉄道が50年ぶりに蒸気機関車を復活させて、運転するという。

 で、頭に浮かんだのは、あのピーコック機関車。

 でも、プレスリリースによれば、C11だという。

 JR北海道で活躍していたC11 207号を持って来て、

 東武鬼怒川線 下今市~鬼怒川温泉 間の12.7Km を走らせるのだそうです。

 いゃー東武鐵道が昔、C11を運行していたなんて、少しも知りませんでした。

  写真は、その昔(国鉄時代)に撮ったC11 207号機です。

 1972.8.21 苫小牧機関区
スポンサーサイト



夏の衝撃!ミョウガとトマトの冷しカレー蕎麦



 箱そば50周年キャンペーンの「あなたが食べたい箱根そば」メニューコンテストで投票し、みなさまからいただいた投票にプロの料理人の審査を加えて選定した結果で発売されたのが、こちらだそうです。

 箱そば賞 「夏の衝撃!ミョウガとトマトの冷しカレーそば」。

 販売期間が、2015年8月5日~14日と短い期間限定の商品です。

 用もないのに小田急線に乗る用事をつくって、食べに行きました(笑)。

 そばつゆにカレー粉とトマトソースを加えたあっさり風味の冷しカレーそばです。

 と書かれている通り、カレーもちょっと唐辛子系に振られたような味具合です。多分トマトソースが、そんな感じを与えたのかもしれません。

 トッピングが多くしかも、いつもの周りにないので、3人がかりで盛りつけていました。
 まぁ、それほど忙しくない時間帯だったからでしょうね。

 話題ネタにはよいですが、期間限定でないと現場が大変そうな感じ。
 普段のワカメとネギを入れて、他の1品という感じではなかったから、余計そう見えたのかもしれません。

 味の方はというと特に鶏肉が、よい味を出していました。絶対に普段の箱そばスタイルの延長では出来ない味ですね。大変、美味しく戴きました。
 お値段は、税込み500円。

 短い期間限定ですが、箱そばファンならば食べて損はしない味だと思います(あっ、カレーが嫌いな人は、やめた方がいいかもしれません)

 2015.8.9 箱そば 登戸店(改札内)

メトロ 6035F その2



 解体されてしまった3本のうち、最終編成の6035F。

 メトロ6000系としては最後の新しい編成なのにねぇ。残念です。

 なぜか多摩線に多くの人が集まった日でした。
 2011年1月29日と言えば、小田急ファンならば思い出す人も多いと思います。

 5200形のさよなら運転会の日(正式な名称は忘れました)。
 用事があって、これは前日、土曜日の撮影。

 その時、前座のように撮影したメトロ6035F。
 調べてみると、その後に撮影した記録がなく、こちらもさようならの記録となってしまいました。

  2011.1.29 小田急多摩線 栗平-黒川

メトロ 6003F

 今週の8月13日から旧盆になります。地獄の釜の蓋も開くという、お盆です。

 今年は、メトロ16000系が8本増備されると言いますから、押し出されるようにメトロ籍を外れる編成も多くなることでしょう。
 16000系の導入によって、既に籍を外れてしまったメトロ6000系を忍んでみたいと思います。
 
 まず、2015年夏の時点で解体された編成は、6003F、6010F、6035Fの3本です。



 撮影したのは2005年3月5日。
 この時点でも、お顔にあばた状にスポット補修の後が目立っていました。

 廃車解体されたのは2011年10月だそうですから、このあと6年は頑張っていたのですね。

 数多くのショットに収まっている編成もあれば、その時限りしかないのもありました。なんとなく人生にも似ていて、縁がなかったんだねぇ…。

 この6003Fは、その縁のなかった編成のひとつです。結局この時しか撮影ができませんでした。
 そう言えば並んでいる203系もいなくなりましたね。

 6010Fは、2010年10月に解体されたようですが、こちらは全く縁がなくてNGショットを含めても1枚も残っていませんでした。

 2005.3.5 小田急線 代々木上原駅

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

ジモティネタ満載の姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしくお願いします。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (371)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (78)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (57)
JR (150)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (476)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (45)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (100)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (220)
メトロ II (15)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (8)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (80)
飛行機_海外 (65)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (220)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (77)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (173)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん