FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

SKY A330-300 (JA330B)



2015年1月28日にスカイマークは、民事再生法適用を申請した。
日本のLCC草分けして、頑張ってきたが、ここに力尽きつつあるというところか。

LCCの特徴として運行コストの安い機材を使ってシートピッチをギリギリまで狭くし、より多くの人を乗せ、薄利多売で商売をするのが定石である。
スカイマークも当初はモノクラス制で、そのセオリーを守ってきた。

いつの頃か業績が向上し、おごりが出てきたのだろうか。あの世界最大のA380を導入するという話には驚いた。それも複数購入して、いきなりニューヨーク路線に投入という話だ。
当時の社長がA380をみて気に入り、その場で導入を決めたという話も伝わっている。安い買い物じゃないんだから、そんな衝動買いをするものでしょうかねぇ。(その真偽の程はわかりませんけれど)

案の定、そのうち雲行きが怪しくなって購入キャンセル。
その違約金が700億円とも1000億円超えるともいわれている。

そして
民事再生法適用を申請した。
これを裁判所が受理しなければ、再建の道はより険しくて会社を解散する可能性も高くなってくるという。

A330-300でも、サイズが大きかったのだろう。この機体での運行を止めるそうだ。
新聞報道によればLCCも複数育ったきたし、スカイマークの役割は、ほぼ終えたともある。
今後どうなっていくのだろうか。

再建するとなれば、より効率的な機材を残して、不経済な機体を処分がひとつのあり方である。
ひょっとすると、A330はスカイマークのロゴではもう飛ばないかもしれない。

スカイマークA330の離陸・着陸シーンの写真がなかった。
残念。

2014.7.20 羽田空港
スポンサーサイト



今昔物語 小田急 多摩川鉄橋

 レールと枕木のすき間から下が見える、鉄橋らしい鉄橋。

小田急線でも西の方へ行けば、まだ見ることが出来ると思う。
だが、この多摩川に架かる橋は複々線化もあって大幅に変わってしまった。


 1972.3.14


2015.1.25

当然ながら、周囲の風景も一変している。
対岸の和泉多摩川にあった、いかにも団地らしい団地も建て替えられ、マンションと呼べるような建物に変わった。

上流側に架かっていた世田谷街道(津久井道)の橋も架け替えられて大きく変わった。

1972年当時の各停は、2+2の4両編成。
ちなみに写っているのは8両しか在籍しなかった2100形である。

2015年になると各停の8両編成貫通型が標準となり、4+4の編成は珍しい部類となってしまった。

実はこの間には、いくつも変遷があるのだが写真がない。その変化を伝えられないのが少々残念ではある。

小田急線 登戸駅 新宿側

PS. ちなみに逆側(小田原寄)は、以前にこちらで紹介しています。

メトロ 6020F その1



登戸駅下りホーム新宿寄のポイントは意外に撮りづらい場所である。

いろいろと機材が置かれてしまい、すっきりとは望めない。その機材の合間から抜いて撮るか、またはぐっと近づいてからしか撮りようがない気がする。

橋はがっちりと作られてしまい、橋の上という感じはなくなってしまった。

枕木の下が抜けていて、川が見られるような橋が橋らしい気がするのだが……。
首都圏近郊での改修工事では、どうしてもがっちりとなってしまうのだろう。

残念ながら、そういう場所にしか6000系は走っていなくて、橋らしい橋で撮れないのが少しだけ悲しい。

2015.1.25 小田急線 和泉多摩川-登戸

なんか、来た!



多摩川の川原には、猫たちがいる。

この場所は、結構有名らしく猫好きの人のブログにも登場したりする。

ベビーカーの乗った子供が猫をみたいらしく親におねだりをして、近づけてもらった。

そうしたら2匹の猫が、ほぼ同時にそちらに注目していた。

2015.1.25 多摩川 川原

登戸駅を出る205系



登戸駅が新しくなってからかなりの時間が立つのに、それをバックにした写真がないことに気がついた。

小田急線の方はガラスで覆われていて、その中を走る電車が判別しにくい。
まぁ、遮るものがないと吹きさらしで寒いからねぇ。

小田急線とのからみは諦めて南武線1本に。
E233系でも撮ったけれど、ここはやはり205系でしょね。

先日と違い、この日はかなりのE233系を見かけた。
やっぱり変わっていくんだなぁ…と、しみじみ感じた日でもあった。

2015.1.25 南武線 登戸駅付近

南武線209系0番台



南武線にE233系が導入され205系が運用離脱が目立つ中で、209系は4本ある中で1本も離脱せずに走っている。

絶好調!と調子が良いのか、それとも廃車にするため使い倒すのかは判らないが……。

209系0番台は、京浜東北線に配備されていたが、京浜東北線からいなくなった後、唯一の0番台車両でもある(ハズです)。
そういう意味では、貴重品かもしれない…と言ってもピンときませんがネ。

2015.1.25 南武線 登戸-中野島

みんなの夢ミュージアムトレインHM付



南武線のE233系に「みんなの夢ミュージアムトレイン」(←って、どんな意味なんでしょうか?)というHMがついているとのことなので、ちょっくら出かけてきました。

HMがついている編成はE233系のN12編成。南武線に配備されている、もっとも新しい編成です。

南武線にこれが12本目。こんな調子で3月末までに置き換わるのでしょうか?
ひょっとすると、もう1回205系で桜が見られるかもなんて希望がムクムクと頭をもたげてきます。

先日とは違って、温かい陽差しの元でのんびりと撮ってきました。

2015.1.25 南武線 登戸-中野島

牛すき丼とミニかき揚げ天蕎麦



この冬の箱そば季節メニューの3品目は、「牛すき丼とミニかき揚げ天そば」である。
今回は3品目とも食しました。コンプリートであります。\(^o^)/

かき揚げ蕎麦は、通常のかき揚げがミニサイズになったものであるから味に変わりはない。
このポイントは、その隣の牛すき丼のほうであろうか。

牛丼がいつの間にか牛すき丼に変わったのは、何年か前に吉野屋で発売されたことがきっかけであろう。

吉野屋は一貫して牛丼に使う牛肉は米国産でなければ、あの味は出せない。と、狂牛病でアメリカからの牛肉輸入が止まって以来、早期再開をずっーと主張してきた。

輸入が再開されてからは念願の米国産を使っているが、豪州産に比べてその単価が高いようである。
そのためか牛丼安売り競争の中で、他の2社に比べて一人負けをしていることが多かった。

その挽回を図るべく投入されたのが、牛すき鍋御膳だったのである。
盛ってある具のほとんどが牛肉という牛丼に比べると豆腐などが載り、鍋で提供というスタイルもあり、見た目がまず新鮮である。
また販売単価が高く、その割には単価の高い牛肉の使用量が減らせる(他の食材を入れるから)ので、収益の改善に繋がると一石二鳥を狙ったのであった。

他社もその路線に追従して、様々な商品を出してきた。
すき家では夜間のワンオペに負担がかかり過ぎて、やめていく人が多く、バイト確保ができなくなり一部店舗で夜間休業に追い込まれた。(これは完全な余談だが)

さて、そのエッセンスを戴くべく登場したのが、この牛すき丼である。
が、どうみても販売量は、お蕎麦・うどんに比べて多くはなさそうだ。
おそらく材料が1食分にパックされたものを小さな鍋で、その場で毎回作るのであろう。
そのためだろうか『多少お時間を戴きます』と言われてしまった。

煮込み具合は、肉に火が通りタマネギに味が軽く染みこんだ程度であった。あっさり系ともいえる味である。
でも、これはこれで良いなと思います。
あと、すき焼きの定番であるシラタキなどを入れてくれると、更に嬉しいのだが、まぁ、そこは文句は言うまい。
お値段は620円でした。


おなかを空かせた若者にはよいが、新陳代謝の衰え始めている私の昼食にしては、少々ボリュームがあった気がする。でも残さず、全て食べました。
だ・か・ら、太るんだよなぁ(苦笑)

2015.1.23 箱そば 新百合ヶ丘店(改札外)

縁取りのある顔



なぜか209系は、白い縁取りのある顔である。

顔は四角でも、味はまろやか……。

現在、異物混入問題で、自主的に販売停止している某メーカーのインスタント焼きそばのCMで、使われていたフレーズである。

そんな四角顔なのである。
四角い顔つきを強調するためにギリギリまでカットしたが、バックの空が白くてイメージが、きれいにまとまらなかった。少し前までは、空も青かったンだけれどねぇ……。

ハイ、四の五の言わず、もっと精進します。

2015.1.17 南武線 川崎-尻手

#291_京急干支そろい踏み



晴れ時々Fe にようこそおいで下さいました。

このブログでは、鉄道・飛行機などに関わる写真や風景写真、旅行記などがメインテーマとなっております。
写真を見て何か感じられましたら、一言コメントを書いていただくと嬉しいです。
コメントは撮影の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
下のお願いもよろしくです。

以前に扱っていた石仏や地元関連の話題などは、別ブログで行っております。

ぶらりASAO  

こちらも、あわせて宜しくお願いいたします。

撮影 : 2015. 1. 17 京浜急行 大師線 川崎-港町

旅日記の中で書かれているアルファベットの3文字は、航空業界で使われている3レター都市コード(BKK…バンコク・タイ、TPE…台北・台湾、SIN…シンガポール)です。その時に行った国の首都を表しています。

【お願い】

★最近いきなりの友達登録が来ます。宣言して友達になるのではなくて、ごく普通の交流をしながら友達になるものだと考えております。その手順を踏んでから友達申請をお願いします。

★ここで公開している写真・文章は、その場に明記している・いないに関わらず著作権法により保護されております。同法に規定されている以外の無断使用は、同法違反によって処罰されることがあります。したがって無断使用はご遠慮下さい。

★記事に関係のない書き込みは、発見次第、即時削除させて頂いております。そのような書き込みもご遠慮下さい。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (339)
小田急 GSE (46)
小田急 MSE (149)
小田急 VSE (83)
小田急_EXEα (44)
小田急 EXE (76)
小田急_引退車両・旧塗装 (155)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (42)
小田急 LSE (158)
小田急 LSE 赤塗装時代 (42)
小田急 9000形 (32)
小田急 区間準急 (23)
小田急_ラッピング車 (54)
JR (150)
E233系2000番台 (43)
中央東線 (473)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (65)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (73)
横浜線 (14)
大糸線 (28)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (62)
東急 (92)
京王 (30)
都営 (16)
メトロ (231)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (18)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (19)
富士急行 (11)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (17)
保存_航空機 (0)
飛行機_国内 (75)
飛行機_海外 (51)
飛行機 (7)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (212)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (88)
セピア色の時代_飛行機_国内 (60)
セピア色の時代_飛行機_海外 (60)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (70)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅 (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコク息抜きの旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 SIN  (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (10)
風景全般 (59)
見上げてごらん空を (53)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (167)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん