FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

紅葉まであと少し



日曜日、天気予報では「雲が多くなるでしょう」と言われていた。

ま、確かに空には大小様々な雲が浮かんでいる。
これはこれで、いいなぁと思っていたら肝心な列車に雲影が……。

ええ、ま、よくあることです(泣)

この115系長野色は、その少し前に撮ったもの。
この時は、まだ良かったンです。

このあとから雲が大量に出てきてしまいました。
よく当たる天気予報が、この時ばかりは少し恨めしかった。

2014.10.26 中央東線 長坂-小淵沢

ps.気の早い木は、そろそろ紅葉になりかけているけれど、その他大勢はこれからというところでしょうか。

スポンサーサイト



茅ケ岳と長野115系C1編成



茅ケ岳は『日本百名山』の深田久弥終えんの地である。 
といういきなりの書き出しで紹介されていた北杜市観光案内のホームページ。 

木々の間から、その茅ケ岳が見える。
まるで、山がよく見えるようにと切り取られるような形状になっている。

日が短くなるにつれて、夕方近くに来る列車は撮りづらい。
おそらく木立の中を抜けるポイントは、もう影の中に埋もれてしまい光は回らないだろう。

前回お会いした方から、いい場所があるよと教えて頂いたのがこの場所。
いろいろと撮りようがありそうな場所です。

編成全部を入れるには6両が限界かな……少し算数を間違えたようでこのショットではお尻が入り切りませんでした。それが、ちょっと悲しい。 

2014.10.25 中央東線

富士山とスーパーあずさ 3



南アルプス、八ヶ岳とよく見えて撮影しているのだから、やっぱり富士山も撮らねばと予定を変更(←どういう理由だ?)。

ここに1ヶ月前に訪れた時は稲刈りの真っ最中であったが、当然ながら終わっており既にその稲藁も綺麗にかたづけられていた。
もう田んぼは冬支度済み。かろうじて奥にはざかけされている田が1枚残っているのみである。

近年、稲刈りの時期が遅くなってきており、この日も一部ではまだ刈り取られていない田んぼがあった。稲の種類が違うのか、それとも持ち主の都合なのかは残念ながら知るよしもない。

朝方のガスというのかモヤというのか午後になって幾分解消されたが、他の2山と違い多少遠くにある富士山はすっきりとはしなかった。もっと空気の澄む時期にならないとくっきりとは撮れないようである。

2014.10.25 中央東線 長坂-小淵沢

八ヶ岳をバックに



これだけ天気がいいんだからと、いつもの八ヶ岳が見えるポイントへ。

適度に雲もあって、いかにも秋らしい風情。

215系は東海道筋で撮ったことがほとんどない。215系からみれば、こちらへの運用はアルバイトみたいなものなのだろう。
が、私の場合はこちらで見ることが多いので、ここがメインのような気がします。

一度くらいは、しっかりと東海道筋で撮ってみたいもの。
でも平日の朝しか運用していないらしいので、意外に難易度が高い気がしています。

2014.10.25 中央東線 長坂-小淵沢

秋模様の中を行く215系



里の方も、ほのかに秋色がつきはじめています。

紅葉一色になるには、もう少し時間がかかりそうな案配。

逆光で撮れば、色づき始めた木々は綺麗になりますが、反面車両の側面は当然ながら影側になります。
215系のようなステンレス製だと輝きを失ってしまいます。

ここはやはり白色ボディを持つE257系か、115系長野色辺りの方が良かったかなぁの感も…。
するとわずかな紅葉が、尚更めだたなくなるし…。

どの車両でどう撮るのか、その選択が難しいところですね。

2014.10.25 中央東線 小淵沢-信濃境

山の秋、里の秋



思い立ったが吉日」という言葉がある。

「日曜日は雲が多くなりますが、土曜日は安定して晴れるでしょう」という天気予報が出ていた。

特にイベント系もないこと(というか急なことで調べていない)ですし、ちょっと紅葉の具合を見に行ってもいいなと、それこそ「思い立ったが吉日」です。

秋が完全に降りてくるには、もう少し時間がかかるようですが、秋らしいさっぱりとした天気の下で撮ってきました。
前回お会いした方から新しいポイントも教えて頂いたことだしと、その調査も兼ねてです。

小淵沢以西は元々3両編成での運用が多かったためか、ここで見た各停は211系ばかり……115系はどこへ行ったという感じすらしました。じゃ小淵沢以東は多いというと、見たところは五分五分位だったかな。

またしばらくこのシリーズが続きますが、よろしかったらお付き合いの程、お願いします。

2014.10.25 中央東線 小淵沢-信濃境

#283_秋は山から降りてくる



晴れ時々Fe にようこそおいで下さいました。

このブログでは、鉄道・飛行機などに関わる写真や風景写真、旅行記などがメインテーマとなっております。
写真を見て何か感じられましたら、一言コメントを書いていただくと嬉しいです。
コメントは撮影の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
下のお願いもよろしくです。

以前に扱っていた石仏や地元関連の話題などは、別ブログで行っております。

ぶらりASAO 

こちらも、あわせて宜しくお願いいたします。

撮影 : 2014. 10. 25 中央東線 小淵沢-信濃境

Ps.2013/ 8/29に一部書庫を整理統合し再区分しました。
何カ所かに散っていた海外での記録をその撮影した年ごとに集約しました。
3レター都市コード(BKK…バンコク・タイ、TPE…台北・台湾、SIN…シンガポール)は、行った国の首都を表しています。

【お願い】

★最近いきなりの友達登録が来ます。宣言して友達になるのではなくて、ごく普通の交流をしながら友達になるものだと考えております。その手順を踏んでから友達申請をお願いします。

★ここで公開している写真・文章は、その場に明記している・いないに関わらず著作権法により保護されております。同法に規定されている以外の無断使用は、同法違反によって処罰されることがあります。したがって無断使用はご遠慮下さい。

★記事に関係のない書き込みは、発見次第、即時削除させて頂いております。そのような書き込みもご遠慮下さい。

秋をゆく「メトロはこね」



秋は、陽の落ちるのが早い。
夕方スーパーで買い物をして外に出ると、入る時はあれほど明るかったのに、既に悲しいほど暗くなってきている。

まぁ、その分、早い時間帯で夕景や夜景が撮れるのが、メリットかもしれない。

10月の始めって、こんなにもススキが輝いていたっけ……。
じっくりと撮影地を見ていないかったんだなぁ……。

 2008.10.4 小田急線 鶴川ー玉川学園前

とある日の光景



何気なかった朝の光景。
でも、それは決して永遠に続く世界の光景ではない。

寒くなると朝陽の温もりが、待ち遠しくなる。

写真で、朝陽と夕陽の違いを出すのは難しい……色温度はどちらも似たようなものですからね。
朝にしか見られない光景があれば、それを取り入れれば、そこが朝と分かるポイントなのでしょうね。

2007.10.28 小田急線 厚木駅

さようなら371系



先日、突然舞い込んだ371系廃車のニュース。
当初、JR東海が計画していた団体専用列車に改造という話も立ち消えになったようです。

この秋の運転をもって、運用終了となるのだそうだ。

いよいよ本当の来るべき時が来たかという感じがします。

個人的には小田急線から引退という時点で既にけじめはつけてありますから、そうオタオタしていませんが、やはり無くなるということは一抹の寂しさがあります。

季節の絵的には場違いな感じもしますが、秋風景でさようならはチト寂しすぎますから、華やかな春の夕暮れショットでさようならにしたいと思います。

2009.4.5 小田急線 読売ランド前-百合ヶ丘

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (369)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (77)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (53)
JR (147)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (474)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (99)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (219)
メトロ II (14)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (76)
飛行機_海外 (62)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (75)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (171)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん