FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

木立の間からの秋



木立の間から秋が見える。
木々は色づき、ススキは白い穂を出す。

2013年はダラダラと夏がいつまでも続き、秋がちょっとで、唐突に冬が来た。
そんな印象の年であった。

2014年夏以降は、台風はよく来るようだけれど、順当に季節は巡っているような感じである。

今年のここはどうなっているであろうか。
115系長野色でも、このようなシーンをちょっと押さえておきたいなと思っているが、さて…?

2013.11.3 中央東線 すずらんの里-青柳

odakyu マーク



小田急ファミリー展からの部分撮りです。

ついた当初から、いつも邪魔者扱いされている小田急コーポレイテッドマーク。

せっかく(?)付いているのだから、たまには綺麗に格好良く撮ってみたいものですね。 

2014.10.18 小田急ファミリー鉄道展2014会場 海老名検車区

16006



毎年行われる小田急ファミリー鉄道展。今年は14回目になるそうです。

今年は、初めてメトロからも展示車両が来ました。
新百合ヶ丘以東であれば、何のめずらしさもない常連のメトロ車ですが、この海老名で見るとこの周辺の子供達にとっては、大変珍しい部類に入るのでしょうね。

展示車は展示中は、動きませんからじっくりと見ることが出来ます。

小さな子供が、お母さんに「電車の下に潜ってもいい?」と聞いていました。
さすがに「それはダメ」と言っていましたが…ほのぼのしていて、ファミリー展なんだなぁと。

大きく引いて撮影すると必ず人物が入ってしまいますから、部分撮りがメインです。
滅多なことでは、この位置からは撮らないので、こんなものも撮っていました。

2014.10.18 小田急ファミリー鉄道展2014会場 海老名検車区

#282_小田急ファミリー鉄道展2014



晴れ時々Fe にようこそおいで下さいました。

このブログでは、鉄道・飛行機などに関わる写真や風景写真、旅行記などがメインテーマとなっております。
写真を見て何か感じられましたら、一言コメントを書いていただくと嬉しいです。
コメントは撮影の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
下のお願いもよろしくです。

以前に扱っていた石仏や地元関連の話題などは、別ブログで行っております。

ぶらりASAO 

こちらも、あわせて宜しくお願いいたします。

撮影 : 2014. 10. 18 小田急ファミリー鉄道展2014会場  海老名検車区

Ps.2013/ 8/29に一部書庫を整理統合し再区分しました。
何カ所かに散っていた海外での記録をその撮影した年ごとに集約しました。
3レター都市コード(BKK…バンコク・タイ、TPE…台北・台湾、SIN…シンガポール)は、行った国の首都を表しています。

【お願い】

★最近いきなりの友達登録が来ます。宣言して友達になるのではなくて、ごく普通の交流をしながら友達になるものだと考えております。その手順を踏んでから友達申請をお願いします。

★ここで公開している写真・文章は、その場に明記している・いないに関わらず著作権法により保護されております。同法に規定されている以外の無断使用は、同法違反によって処罰されることがあります。したがって無断使用はご遠慮下さい。

★記事に関係のない書き込みは、発見次第、即時削除させて頂いております。そのような書き込みもご遠慮下さい。

EH200-16



いつの頃からか、貨物はタキとコンテナばかりとなってしまった。
いや正確に言うならば、それ以外のものも走っているはずだが、この中央東線の日中にはほとんど見かけなくなってしまった。

コンテナが満載されている列車もいい。ただ途中に歯抜けのように空きスペースがあると間が抜けたようでナンではあるが…。

タキは形状が似通っていて色違いはあっても統一感があり、これまた美しいと思う。

2014.8.3 中央東線 長坂-小淵沢

川崎らしい風景1 撮り直し編



前回撮影した時は、時間帯が遅く手前にビル影が黒々と落ちていた。

記録として残すには、この手前の影は少し邪魔かも……と思って撮り直し。
それでも、いつもの如く出かける時間が遅くて、やはり影は多少落ちる。

ことわざの如く「早起きは三文の得」のように早起きしないと良いものは望めないかも…。

いよいよE233系が3本投入・運用を始めたようだ。
ということは確実に205系3本は運用を外れたということにもなる。まだまだ大丈夫と安心していると、思わぬ所でしっぺ返しを食らうことになりそうだ。

2014.9.23 南武線

時代は繰り返すのか !?



改めて鉄道写真を撮るようになってから10年が過ぎました。

その昔、フィルム感度がASA100や、更に高感度と言われていたASA400時代には、1/125というシャッター速度はよく使っていた。
ひとつには、列車速度が全体的にそんなに早くはなかったこと。ふたつ目には、フィルム感度の制限による絞りとシャッター速度の関係で、必然的(妥協的に?)にそういう速度になってしまうのであった。

デジタルカメラの時代になってまず感度の制約がとれて、特殊な用途以外には、手ブレ・被写体ぶれ防止の意味合いを含め高速度シャッターが常用になった。

だが、最近そこに思わぬ伏兵が出現した。
それがこのE233系など一部に採用されているロー・リフレシュレートの液晶表示。
ご存知のように、高速度シャッターを切ると表示がブチブチになってしまう。

液晶表示を途切れないように綺麗に写すのには、最高速度で1/125である。

再び1/125の世界にご厄介になることに。

う~~ん、時代は繰り返すというのか。

2014.10.11 南武線 久地-宿河原

南武線209系 快速 川崎



南武線を撮っていて楽しいのは、ちょっとした変わり種が来ることだろうか。

普通(?)の205系ほかに中間車から先頭車に改造された1200番台、そしてこの209系である。
細かいことを言えば209系は、0番台と2200番台と2種類あるが、外見上の違いは分からない。

そして、E233系と結構楽しめる顔ぶれが揃っている。(時期限定だが)

南武線を撮っていて比較的多く見かける方は、この209系狙いの方々だろうか。
都心近くの最後の209系というイメージのようなのだが、千葉県へいけばごっちゃりと活躍しているし、少し北上すれば、八高線・川越線にもたしかいるはずなのだが…。

この209系、0番台はともかくとして2200番台は、どこかへ移動するのではないかと思っているが…さてどうなんでしょうね?

2014.10.11 南武線

藤子不二雄ミュージアム専用シャトルバス



登戸駅で何度も乗り降りしていたが、今回初めて見ました藤子不二雄ミュージアム専用シャトルバス。

逆側は絵が違っています。
今回は影側になりますし、乗車のお客さんが並んでいるため撮影は出来ませんでした。

こんなの走らせているのね、川崎市市営は。
ミュージアムが出来てから時間が経つので、いい加減落ち着いているのかなと思っていましたが、バスには長蛇の列ということで、なかなかの人気のようです。

帰路にまた見かけました。途中で、これ以外にこのサイズのが1台とマイクロバスサイズが1台と計3台すれ違いました。
バスはラッピングカラーがクリーム色と違っていました。絵は……よく覚えていません(笑)

2014.10.11 JR/小田急 登戸駅前

残照の中で



太陽は南アルプスの山の向こう側へ行ってしまった。
いよいよ日が短くなったことを実感する。

もう夕方の山スカ115系、小淵沢折り返しは陽のあるうちの撮影は無理なシーズンに突入したようだ。

しかし、雲がなければ残照で撮れるし、面白いものでクリーム地はかえって光り輝く。
ある意味、不思議。

日中は暑くて腕まくりをしていたが、陽が落ちた山の気温は下がる一方だ。

さあ、今日の撮影は、このショットで終わりにしよう。

2014.9.28 中央東線 長坂-小淵沢

« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

ジモティネタ満載の姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしくお願いします。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (371)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (77)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (57)
JR (150)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (475)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (45)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (100)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (220)
メトロ II (15)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (8)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (80)
飛行機_海外 (65)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (220)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (76)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (172)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん