FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

京王5000系復活塗装



日も暮れてきたし、そろそろ撮影を終えて上がろうかという時間。

側線で休んでいた京王塗装に復活した車両が動き出した。

これからの時間が、この車両達の出番のようだ。
このあとホームに滑り込み、客扱いを待っていた。

2014.1.25 富士急 河口湖駅
スポンサーサイト



富士急6000系



この日、一日中フル稼働状態だった6000系の2本。

夕方、河口湖駅に行くと2本並んで、お休み中。

観光客もあらかた帰路につき、後の利用者は地元の方々がメインになるのだろう。
側線で休んでいた旧京王5000系が、動き始めるようだった。

2014.1.25 富士急 河口湖駅

うら顔



なんで、この位置までヘッドライトを下げたのだろう?
と初めて見た時に思った疑問だった。

高運転台の窓との間が空いてしまい、とてもバランスが悪く感じられたからだ。

目の前を通過していって、その理由がわかった。
前後でヘッドライトの位置(デザイン)を合わせたように思われたからだ。

で、下に動いて、角目の囲い付きなのね。 

2014.1.25 富士急線内

復活「パノラマエクスプレスアルプス」色



この時期は、いろいろとお別れがあると前に書いたが、こちらも期間限定の復活カラーとなった。

見たいなと思っていただけに、まず1つはコンプリート。
実は、この色を見るのは初めてだったりする。

コレが登場した当時は非鉄時代。
そう、これの 『思い出』 というか、『思い入れ』 がないのだ。

そう言えば昨年に見た117系も、それ以前に見たことがなかった。
非鉄の時代が長かっただけに、そんなのがポロポロとあるし、見ずに終わってしまったもの多々ある。

最後で、すがるように見るなんて、過ぎ去った “鉄” の青春時代を追体験しているのかもしれない。

  しかし、まぁ、あの165系をよくもこんなに改造をしたものだと感心してしまった。

2014.1.25 富士急線内

ホリデー快速「富士山」号



中央東線で撮影となると、私の場合、小淵沢周辺がメインである。

従って、その手前までの区間を運用する列車には、ほとんど縁がなかった。
甲府までの特急「かいじ」やこのホリデー快速「富士山」号がそうである。

今回これも撮れて、はるばると出かけて行った甲斐がある。
とは言うもののお客さん状態で、

「お客さん、お客さん、目的地に着きましたよ。起きて下さいよ」。状態(笑)

な訳で、駅間での撮影でありながら、場所を特定できていない。
場所を確実に記録するためには、やはりカメラにGPSを搭載しなければ、ならないかなぁ。

2014.1. 25 富士急行線内

富士山登山電車



週末ということもあったのだろうか。
思った以上に元京王の5000系が動いていなかった。

そりゃ、乗る分には混んだ狭い車内よりも、ゆったり出来る方が良いに決まっている。

ということで本線で動いている旧京王5000系は、この1本しか見ることが出来なかった。

どちらかというと富士登山電車と言うよりも、これはやはりチョコ電だよなぁ。という印象だった。

各色の運用中を撮るためには、平日に訪問しなければならないだろうなという気がしている。

2014.1. 25 富士急行線内

#249_富士山と山スカ115系



晴れ時々Fe にようこそおいで下さいました。

このブログでは、鉄道・飛行機などに関わる写真や風景写真、旅行記などがメインテーマとなっております。
写真を見て何か感じられましたら、一言コメントを書いていただくと嬉しいです。
コメントは撮影の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
下のお願いもよろしくです。

以前に扱っていた石仏や地元関連の話題などは、別ブログで行っております。

ぶらりASAO 

こちらも、あわせて宜しくお願いいたします。

撮影 : 2014. 1. 25 富士急行線内 

Ps.2013/ 8/29に一部書庫を整理統合し再区分しました。
何カ所かに散っていた海外での記録をその撮影した年ごとに集約しました。
3レター都市コード(BKK…バンコク・タイ、TPE…台北・台湾、SIN…シンガポール)は、行った国の首都を表しています。

【お願い】

★最近いきなりの友達登録が来ます。宣言して友達になるのではなくて、ごく普通の交流をしながら友達になるものだと考えております。その手順を踏んでから友達申請をお願いします。

★ここで公開している写真・文章は、その場に明記している・いないに関わらず著作権法により保護されております。同法に規定されている以外の無断使用は、同法違反によって処罰されることがあります。したがって無断使用はご遠慮下さい。

★記事に関係のない書き込みは、発見次第、即時削除させて頂いております。そのような書き込みをご遠慮下さいますよう、お願いいたします。

小柱のかき揚げ蕎麦 II



2014年、冬の箱そば季節メニューのふたつ目は、リバイバルでした。

そろそろ新作よりも、以前のメニューの品が食べたい!
というリクエストがあったのでしょうか?

このメニューは好きな品の一つですから、私としてはリバイバル大賛成です。

ただ、貝柱が小さめ&少なめだったのは、たまたまだったのでしょうか。
円安の影響で、(恐らく)仕入れ価格が上がった分、小さなサイズの貝柱にして更に数を少なくして対応だったのでしょうか?

肝心の貝柱が、ここまで少なくなって存在感がなくなると、普通のかき揚げでも良かったかもしれないなと思ってしまいました。

お値段は、変わらずの430円。

2014.1.23 箱根そば 新百合ヶ丘店(改札外)

101系といえば…



中央線のオレンジ色101系と共に忘れてならないのが、総武線のカナリヤ色101系だろう。

♪花の都 東京で~ ではないが都心部の主力として走っていた。

この時、すでに中央線には103系も配置され始めており、同じフィルムには低運転台から高運転台タイプまで写っている。

101系の思い出というと、中央線の101系よりも総武線の101系の方が多い。
職に就いてから新宿~飯田橋の利用が多く、途中で中央線の101系に抜かれることが多々あり、抜き去るオレンジ色をじっと見つめていた記憶がある。

それでも101系というとパッと頭に浮かぶのは、オレンジ色の方。
やはりカナリヤ色というおとなしい色が、損をしているに違いないと感じている。

1974.10.26 阿佐ヶ谷駅 駅名失念(ご存じの方がおられましたら、ご教授下さい) 
ご教授頂きました。ありがとうございます。

さようなら101系。



最後まで生き残っていた101系こと、秩父の1000系がいよいよ引退するという。
もう何年も前から、あとは時間の問題かという状態が続いていた。

最後くらいは、きっちりとお別れに行きたいなとも思う。

3月は、別れのシーズンでもある。
学校ならば、卒業式であろうか。

電車は引退。
列車、「あけぼの」も臨時化されたのちに完全引退だろう。
そういえばANAのジャンボジェット機も引退だったけ。
etc、etc……。

バッと思いつくだけでも結構ある。とてもじゃないが全部は無理だろうな。
どれか一つぐらいは、行ってお別れしてこようかと思っている。

写真は、101系が国鉄でバリバリ現役時代のもの。

1971.11.3 信濃町

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (357)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (85)
小田急_EXEα (44)
小田急 EXE (76)
小田急_引退車両・旧塗装 (155)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (42)
小田急 LSE (159)
小田急 LSE 赤塗装時代 (42)
小田急 9000形 (32)
小田急 区間準急 (23)
小田急_ラッピング車 (54)
JR (150)
E233系2000番台 (43)
中央東線 (473)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (66)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (73)
横浜線 (14)
大糸線 (28)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (62)
東急 (92)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (231)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (18)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (19)
富士急行 (11)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (17)
保存_航空機 (0)
飛行機_国内 (77)
飛行機_海外 (51)
飛行機 (7)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (88)
セピア色の時代_飛行機_国内 (60)
セピア色の時代_飛行機_海外 (60)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (72)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 SIN  (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (10)
風景全般 (59)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (169)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん