FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

#243_地元の秋色



晴れ時々Fe にようこそおいで下さいました。

このブログでは、鉄道・飛行機などに関わる写真や風景写真、旅行記などがメインテーマとなっております。
写真を見て何か感じられましたら、一言コメントを書いていただくと嬉しいです。
コメントは撮影の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
下のお願いもよろしくです。

以前に扱っていた石仏や地元関連の話題などは、別ブログで行っております。

ぶらりASAO 

こちらも、あわせて宜しくお願いいたします。

撮影 : 2013. 11. 30 柿生-鶴川

Ps.2013/ 8/29に一部書庫を整理統合し再区分しました。
何カ所かに散っていた海外での記録をその撮影した年ごとに集約しました。
3レター都市コード(BKK…バンコク・タイ、TPE…台北・台湾、SIN…シンガポール)は、行った国の首都を表しています。

【お願い】
記事に関係のない書き込みは発見次第、即時削除させて頂いております。
そのような書き込みをご遠慮下さいますよう、お願いいたします。
スポンサーサイト



N6の形見



ファミ展でも、ほとんど鉄道用品(廃棄部品)関連を買わないが、実は過去に2点ほど買ったことがある。

そのうちの1点が、このプレートである。
大きさは、縦が約20センチ、横が約4センチ程のものである。

N6が登場した当初は5両編成であった。
そのうちにサハを組み込み6両化されたのであるが、これはその識別のため運転台に取り付けられていたという。

いつ買ったかは、あまり明確に覚えていない。恐らく昭和50年前後の頃だと思う。
新宿小田急デパート上層階にある催し物会場で、そういったパーツ などが売られたことがあったので、その時に買い求めたようだ。

それと同時に要らなくなった旧ダイヤ(新品)なども売られており、こちらも買った記憶がある。その後非鉄時代に埃まみれになっていたのを廃棄してしまったが、今になって思えば……。

後悔 先に立たず   である。

キハユニ26 54



1両の車両で、いろいろなことをする(?)ちょっと変わった車両が好きである。

そう、のっけから宣言されても困るんですけれど……読まれている方の困惑する顔が浮かぶ。

電車ならクモハユ74、また客車ならばオハユニ61なんかも好きなのである。

人も乗せることも出来るし、そのほか当時鉄道事業に付帯しておこなわれていた業務も、ほぼ全て敢行することが出来る万能型の車両。
ちょっとカッコイイと思いませんか。

限られたスペースで分割しているので乗車定員は少ないし、絶対的なパフォーマンスが足らないのは事実でしょう。
まぁ、ローカル線ならではの仕様でしょうね。
コレとキハ20かキハ52辺りをセットにして、のんびりと走らせてみたいのですが、JRになる前に無くなってしまったので永遠に叶わぬ願いです。
せめて模型でも…の世界かな。

1974.5.6 会津若松機関区

国鉄301系 7両編成時代



直流形新性能電車は、101系、103系と100番台で続いているのに、なぜか飛んで300番台の形式。
鉄道に興味を持ち始めた頃の不思議のひとつだった。
(当然ながら201系の登場は、もっと後で200番台が空いていた)

それは、のちのち本を読み、少し違ういきさつを知るに知るにつれて判ってくる。

製造コストが高かったためか、その後暫く鋼鉄製の車両ばかりが製造され、アルミ製は登場しなかった。

昨今は、ステンレス製ばかりかアルミ製もごく普通に走り回るようになって、時代は変わったのだなぁと感じてしまう。
少しばかり登場が、早かったのかもしれない。

1973.9.9 中野

LSE はこね 2



日曜日の午後、3時のおやつのちょっと前に、LSEが通過していく。

ちょうど時間のない日の買い出し時間と重なる。

カメラを忍ばせて、いつもの場所でチョッコチョッコと撮影。

2013.11.24 柿生-鶴川

#242_燃ゆる秋



晴れ時々Fe にようこそおいで下さいました。

このブログでは、鉄道・飛行機などに関わる写真や風景写真、旅行記などがメインテーマとなっております。
写真を見て何か感じられましたら、一言コメントを書いていただくと嬉しいです。
コメントは撮影の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
下のお願いもよろしくです。

以前に扱っていた石仏や地元関連の話題などは、別ブログで行っております。

ぶらりASAO 

こちらも、あわせて宜しくお願いいたします。

撮影 : 2013. 11. 24

Ps.2013/ 8/29に一部書庫を整理統合し再区分しました。
何カ所かに散っていた海外での記録をその撮影した年ごとに集約しました。
3レター都市コード(BKK…バンコク・タイ、TPE…台北・台湾、SIN…シンガポール)は、行った国の首都を表しています。

【お願い】
記事に関係のない書き込みは発見次第、即時削除させて頂いております。
そのような書き込みをご遠慮下さいますよう、お願いいたします。

1969年八王子

1969年。この頃から、私は鉄道写真を撮り始めました。

当時のカメラはというと、オートフォーカスはありませんし、自動露光もありません。カメラによっては露出計は内蔵されているものもありましたが、使っていたのはそれもありませんでした。巻き上げは手巻きでした。とにかく写真を撮るという作業に達するまでが一苦労でした。

それで撮って、ちゃんと写っているのとブレ・ボケやフレーム曲がりなどダメなのと半々ぐらいの悲しいような撮影結果。要は下手だったのですなぁ。

それブレやボケがない写真も何だコレ?的なものもあって、今となっては本人ですら何が撮りたかったのか判別不明なものもあります。
とてもじゃないけれど、お目にかけられるようなものではありませんが、そこに写っているものは、ちょっと面白いものがありました。下手なものを割り引いてみて頂けたら幸いです。

モハ63の姿を限りなくとどめているクモハ73が横浜線・八王子駅に入線するところです。
周囲は、昭和20~30年頃の雰囲気が残っている一方で、大型商業施設のビルが建っています。








ホーム端から車庫にいる蒸気を狙ったものでしょう。
今だったら手前のキハもしっかり入れてと考えつくのでしょうが、そんな余裕がなかったのでしょう。そこにカマがいるだけバンザイをしたいような気分だったと思います。

このD51は八高線で貨物を引いていたものです。
ホームからの転落防止用の柵が木製……。

アングルもへったくれもないのですが、映り込んでしまったものにも時間を経て味が出てきたようにも思います。

1969(昭和44年).8.17 八王子

Ps. このところ撮影に出られないもので、昔ネタでお茶を濁しております。

サハ115



サハ115。今は、中央東線からほぼいなくなってしまった形式。

中央東線の115系がまだ新宿発着だった頃は、両端はクモハ+モハ+クハの3両口、編成中央部にサハ115を2両サンドイッチのハムごとく組み込んで8両運用されていた。

前後のコマには103系や客レ、機関車が写っているが、なぜか115系はこの1枚のみ。
恐らくサンドイッチ状態が珍しくて、それを撮ったのだろう。

この8両編成+クモニ83とクモユニ82を後部に付けて、松本まで行っていたようだ(荷物車両が全部の編成に付いていたかは不明)。

調べてみたら中央東線用スカ色では、唯一6両編成に1両組み込まれているようです。


フィルム現像を失敗したらしく、1本まるごとかなりの露光オーバーとなってしまった。
そんなネガからスキャンしたもので、画質が悪くて申し訳ない。

1971.8.7 新宿駅

小田急9401F その3



9000型は、急行などで颯爽と走り回るのが、似合っていると思う。

各停運用は言うなれば、骨休め的な仕事のイメージすら感じられるのだ。

といってしまうのは個人的な思い入れが、強すぎるかもしれない。

今は運用がなくってしまった湯本急行で、活躍する6両口トップナンバー。

2005.2.6 東海大学前-秦野

Ps.タイトル表記に誤りがございましたので訂正いたしました。

9405F



9000型廃車直前の頃は、4両口は4+4の固定編成で、6両口は急行運用に入っていることが多かったように記憶している。

恐らく、たまたまのタイミングなのだろうけれど、9000型6両口の各停は、あまり見かけなかった。

この当時、小田急小田原線の各停は、新宿-新松田間と運用区間が長かった。
初めて 『新松田』 と見た時、その 『新松田』  ってどこだったけかと思い悩んだほど(笑)。

それほど縁の無い駅名であった。
まぁ、今じゃ、すっかりなじみの駅名になってしまいましたが。

2004.4.17 新百合ヶ丘

Ps.タイトル表記に誤りがございましたので訂正いたしました。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (357)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (85)
小田急_EXEα (44)
小田急 EXE (76)
小田急_引退車両・旧塗装 (155)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (42)
小田急 LSE (159)
小田急 LSE 赤塗装時代 (42)
小田急 9000形 (32)
小田急 区間準急 (23)
小田急_ラッピング車 (54)
JR (150)
E233系2000番台 (43)
中央東線 (473)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (66)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (73)
横浜線 (14)
大糸線 (28)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (62)
東急 (92)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (231)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (18)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (19)
富士急行 (11)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (17)
保存_航空機 (0)
飛行機_国内 (77)
飛行機_海外 (51)
飛行機 (7)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (88)
セピア色の時代_飛行機_国内 (60)
セピア色の時代_飛行機_海外 (60)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (72)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 SIN  (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (10)
風景全般 (59)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (169)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん