FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

暑中お見舞い申し上げます



最近、まともに撮影していないので、ネタが枯れ気味…。

暑いことですし、今日は、こんな絵で。

明日から8月かぁ。

2013.1.14 よみうりランド前-百合ヶ丘
スポンサーサイト



ホコ天の上を…



復活した秋葉原の歩行者天国。

飛んだマシン(先だって報告した飛んだマシンの後の翌週に別のサーバーが壊れ(マザーボードが壊れ)ました。高い費用をかけた専用サーバーでも、普通のマシンと同じように壊れます(泣))そのマシンを構成する専用パーツの予備を探しに出かけたのだが、知っているお店は壊滅していました。

店舗のあった場所が駐車場になっていたり、秋葉原から移転したのか、潰れたのかは判らないが、全く別種のお店になっていたりした。

ここは、私の知っている 秋葉原 じゃない!

思わず声を上げたくなる衝動すら出そうだった。

街は生きている……。
以前にブログにそう書いたのは、他ならぬ自分自身だった。


5年前の6月、秋葉原無差別殺人事件があった。
それ以来、中止されていたホコ天だったが、紆余曲折があって復活したようだ。

やたらと規則が厳しくなって、監視の目も多いようだ。

そのホコ天の存在だけが、私の知っている秋葉原だった。

2013.7.28 秋葉原

梅もと「冷やしかき揚げ蕎麦」




梅もとの冷やしかき揚げ蕎麦。

器が温かいものと同一なので写真を一見すると、これが「冷たい」の?的な印象がする。

温かい蕎麦に入れる薬味は、ワサビではなく七味唐辛子であろうか。
器にワサビがドンとのっているので、それで冷やし系と判る……って、判って下さいませ。(笑)

さて梅もとの天ぷらは店舗で揚げずに工場で一括して揚げ、各店舗に配達しているようである。
そのため、温かい汁で、天ぷらを温めて柔らかくする技が冷やし系の場合に使えない。

そのため天ぷらが、ちょっとボソついた感じになってしまっているのが、チト寂しいところ。

日曜日だったため日替わりサービスのワカメや玉子がのらず、シンプルそのもの。

最近の流行だろうか。
汁もよく冷えていて、蕎麦も最後に氷水でしめた冷たさがあった。

だが肝心の天ぷらとのマッチングが、今ひとつ。
今度は、天ぷら以外のトッピングで、試してみよっと。

お値段は、380円でした。

2013.7.28 新宿西口地下 梅もと

C56 102 & C56 131



訪問した日は、今日みたいに暑い日だった。

地方へ行ったら、そこの機関区を訪問するのが自分の中で、ある種の「しきたり」みたいになっていた。

出払っているカマも多いが(仕業中なので当たり前)、だが珍しい機関車もまたいた。

ここは、長野機関区。
ターンテーブルの奥にC56が2両並んでおかれていた。

1両は、虎塗り仕様になっていたが、もう1両は通常のままだった。
好きなC56が2両並んでいたので、念入りに撮っていたことを思い出します。

1971.8.25 長野機関区

Ps.当然ながら、許可を受けて撮影しています。
毎回書いておりますが、当時は、機関区の事務所で住所・氏名などを訪問者ノートに記載し、簡単な注意を受けて許可されました。腕章を貸してくれ(付けて)区内を自由に移動撮影ができました。

夏が来れば思い出す…




夏と言ったら、海? 山? それとも自宅?(驚)

私の場合は、とぢらかというと山派でしょうか。

湿度の少ない爽やかな朝夕。これにつきます。

もっとも日中は、暑い時も多いですが。

そういえば、この日も暑かったなぁ。
筑波山の四六のガマよろしく、汗をタラ~リじゃなくて、ダラダラと流していましたっけ。

短くはなったけれど、こうやって見ることができたのは幸せな瞬間でした。

2012.9.15 長野鉄道 (暑くて、場所が思い出せない……し、調べる元気もない(汗)) 夜間瀬-信濃竹原

つくし野駅



仕事であれ趣味であれ、初めて降りる駅は少しだけワクワクする。

どんな駅構えなのか、街や町の風景はどうなのかと。

時間がある時は駅を撮ってきた、そんな1枚。

駅名にもなった「つくし」。

おそらくここに線路が走り町ができる前までは、春になると野山いっぱいに「つくし」が生えていたに違いない。

駅の壁に、その記憶があった。

開業年月日:1968 (S43)年 4月 1日

2010.2.8 東急田園都市線 つくし野駅

J-AIR エンブラエル ERJ-170



 B777やB767の大型・中型機に混じって、小型機が離陸していった。
 
Embraer ERJ-170-100

ブラジル産のコーヒーならぬ飛行機である。
調べてみると、この7月に運用を開始したばかりのピカピカの機体であった。

帰ってから、どこと結んでいるのかと思って調べてみたら、南紀白浜だった。
その昔、東亜国内航空がYS-11で飛んでいたなぁ。
その継続機種と路線のようだ。

ちなみにYS-11は64席。このエンブラエルは76席。

大型・中型機用のレンズ・機材であったため、トリミングを余儀なくされた。

2013.7.14 羽田空港

いろいろな読み方



とある日のとある時間の羽田空港。

4対1。
1:1:2。
オール・ボーイング製。

鶴丸が増えたな。
飛行機が、併走している。(という表現が正しいかなぁ?)

いろいろな見方(読み方)があると思う。

あっ、写真ヘタやなぁ。という見方もあったけ(大汗)

2013.7.14


おはようございます。と、

先日、先に声を掛けられた。

声の主は、地元の小学校に通う小学1年生。

記憶にあまり自信がないが、顔に覚えはなかった。
たまたますれ違いの時に、目が合っためだろうか。

小さい頃は、きちんと挨拶ができるのに、なんで大きくなると、できなくなる人が多いのだろう?



この秩父鉄道を撮りに行った時も、集団下校する小学生たちに次々と挨拶をされた。
高学年になると、なかなか言い出せないものだが、すらっと言ってくれたのは日頃の行いからだろう。

この時は、挨拶をされるなんて予想していなかったので一緒にいた、いい大人達が多少焦ったのも事実(汗)。

田舎の子は、純朴でいいなぁ。と思ったのも事実。

たった一言の挨拶で、その日の気分はよかったのも、これまた事実。


最近、駅などの撮影ポイントで、挨拶を交わしてくれる人たちが増えた。
特に中学生など若い人たちは、素直だ。
まっすぐに、このまま伸びていって欲しい。

こちらから声を掛けても、返事もなくブスっとしている、もう少し大きくなった人もまだ多い。
歳を重ねているのだからサ。もっと大人になろうよと願わずにはいられなかった。

2007.5.20 秩父鉄道

ジャンボ



数が減ったなぁ……。

ざっと見回しても双発機ばかりが目に付く。

たまたまジャンボの離陸シーンに出くわした。遠くにピカチュウジャンボも見えている。
この日のこの時間帯は、この2機だけ。

数が減ったなぁ……。

飛行機を撮るには条件が悪かったが、とりあえずのテストにはもってこいだったかもしれない。

だが、このあと東側から雨雲が近づいて、だんだんと視界が悪くなってくる。
そして雨。

夏の天気だから、仕方がないか。
ポツリポツリときた雨に打たれながら、そんなことを思っていた。

2013.7.14 羽田空港

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (369)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (77)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (53)
JR (147)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (474)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (99)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (219)
メトロ II (14)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (76)
飛行機_海外 (62)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (75)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (171)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん