FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

FトレII 4 「準急」



各停で、本厚木まで下っていく運用の次は、準急になって上っていく。

* * * * *

柿生から百合ヶ丘へ。
さすが夏休み。中学生か高校生らしき先客が、おふたり。

会話を交わしていないので、単独行動らしい。
若い人達とはいえ、先に来ている方。挨拶してから後ろで撮ることにした。

「俺の後ろに立つな」

は、昔、流行った某漫画の主人公の言葉だが、普通、黙って立たれると驚くのは当然。

それじゃなくても、暑くて不快指数も高い。
少しでも気持ちよく撮影したいものである。

こんな時こそ、一言、挨拶を心がけたいものだ。

* * * * *

この編成の液晶表示は、なかなか優秀で、かなりの高速シャッターを切っても途切れない。

きっちり緑の準急カラーも表示も撮れた。

よし。
これで、種別は、コンプリート!

1回の撮影行で、2度美味しい日だった。

2012.7.29 百合ヶ丘駅
スポンサーサイト



FトレII 3 「各停」



向ヶ丘始発の各停は、新宿行と相場が決まっていたが、最近は下りもあることを知った。

それが判ったのは、小田急がFトレIIの運用を公開してくれたおかげだ。

登戸以東のホーム延長工事をしているが急行停車駅や高架部の駅を除いて、まだ8両分のホームしかないところが多い(というか工事が始まったばかりで、完成している方が少ない)ので、新宿始発で10両各停を運用することが出来ない。
それもあって向ヶ丘発、本厚木行という形態となっているのだろう。

この付近で10両編成各停は、下りは準急(崩れの)運用しかないと思い込んでいたので、ちょっと衝撃的だった。


上りは新百合ヶ丘から、化け急行があったような気がしている。
が、それは一体いつの記憶だろうか。
そして、それは今もあるのだろうか?

2012.7.29 新百合ヶ丘-柿生

メトロ湘南マリン号



Fトレ2の登場で、すっかり影が薄くなってしまった「メトロ湘南マリン」号。

期間限定、旬のものなのだが……。

この撮影ポジションは、残念ながら影がなく、炎天下。
朝から陽射しがきつくて、犬よろしく、舌を出してハアハアしそうなくらいだ。

うむ、これ以上は、身体がもたん! と、これと次のを撮ってから一端撤収!
40分程度滞在時間であった。

2012.7.29 新百合ヶ丘-柿生

きつね目の電車



ここ何年か、きつね目の電車がJREで多数発生している。

愛称版というか、愛称表示機能も無くなったまま…。

寂しいというか、なんというか……。

話題閑話。

「きつね目の男」といえば、犯人指名手配書に書かれていた。
あの事件は、何だったのだろうか。

それも記憶もあやふやになる位、昔のことになった。

そして、あの男は、捕まったのだろうか?

2012.6.30 日暮里付近

F-train II 2 「快急」



FトレIIの新宿側の絵は、以前とさほど変わりがないように見える。

が、小田原寄りは、でっかいドラえもんの顔のみ。

あ、なんか横についていますが…(汗)。

これを印象的に捉える手はないものかと思案中。
思案しすぎて、撮れなくなったらどうしよう(笑)。

パステルカラーの温和しい色味は、曇天下だと眠くなりそうな気もする。

次回は、青空の下で撮ってみたいな。

2012.7.22 柿生-鶴川

#187_F-train II 1 「急行」



晴れ時々Fe にようこそおいで下さいました。

このブログでは、鉄道・飛行機などに関わる写真や風景写真、旅行記などがメインテーマとなっております。
写真を見て何か感じられましたら、一言コメントを書いていただくと嬉しいです。コメントは撮影の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。下のお願いもよろしくです。

以前に扱っていた石仏や地元関連の話題などは、別ブログで行っております。

ぶらりASAO  http://yajiburo.blog46.fc2.com/

こちらも、あわせて宜しくお願いいたします。

撮影:2012.7.22 新百合ヶ丘-柿生

【お願い】
記事に関係のない書き込みは発見次第、即時削除させて頂いております。
そのような書き込みをご遠慮下さいますよう、お願いいたします。

5255F



今は無き5255Fの各停運用。

ヘッドライトが9000形タイプになってしまったけれど、頑張っていたっけ。


ほんのごく一部しか見えないけれど背景に季節感を感じられて、この百合ヶ丘側から、見る読売ランドの森が好きである。

どうも、5200形さよならのポスターに登場したためか、それ以来撮影が増えたようにも思える。
なので最近は、チトご無沙汰気味。

もうしばらくして、ほとぼりが冷めた頃に出かけてみるとするか。

2005.7.24 読売ランド前-百合ヶ丘

EF13 31+山手貨物



まだ武蔵野線が、出来る前の話。

武蔵野線が出来ると都心部を通過しなくても、東西南北の各地を結ぶことができる。
さすれば、いずれ山手貨物は廃止となると聞いていた。

武蔵野線が出来てからかなりの年月が経つが、山手貨物がなくなったという話は聞いていない。


製造数からいっても、EF15の撮影回数が多いかと思っていたが、ざっとフォルダを見てみると首都圏の撮影では、EF13のカットが意外に多い。

EF13って、意外に頑張っていたんだ。

1974.4.30 原宿駅

EF13 4+タキ レ



今月に入ってから、やたら過去ネタが多い。

天気が悪くて撮影に出られなかったり、仕事で休みがなくなったり、野暮用で潰れたり…。

どうにもこうにも鉄分が少ない。
仕方がないので、昨晩は鉄分を補うべく、レバニラ炒めを食した。って、それ、違う!!

20日からはFトレIIも走ることだし、撮りに行きたいものである。


過去ネタもきれいな絵のものが、少なくなってきている。
これも突っ込みどころ満載だが、なにぶん昔に撮ったもの。お許し願いたい。

1970.12.27 豊田-八王子

今昔物語 小田急厚木駅界隈


1972.7.2


2011.10.29

奈良時代の海老名には國分寺がおかれた。天平13年(714)のことである。
今は、その建物の礎石などの一部が残っているだけだ。
が、その当時から面々と続くものがある。


以前は、海老名駅を厚木に向けて出発すると、途中から国鉄相模線をオーバークロスするように上り坂になり、そのまま厚木駅に進入。高さを保って、今度は相模川を越える。

厚木駅新宿寄りから海老名方面を撮ると海老名一帯に広がる水田が入った。

広大な水田は、碁盤の目のようにきれいに整備されている。それがいつ整備されたかというと奈良時代。
その水田を海老名市教育委員会が発掘調査したところ、当時の遺物が見つかっている。

この水田こそ、奈良時代から続く生きた遺産だったのだ。

残念ながら、近年はごく一部を除いて開発されてしまい変貌している。

小田急線も、海老名駅を出るとすぐに高架区間に入るようになったのは、ごく最近のこと。
そして、厚木駅へ上ってくるという姿を見ることが出来なくなってしまったのであった。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (365)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (44)
小田急 EXE (76)
小田急_引退車両・旧塗装 (157)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (43)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (43)
小田急 9000形 (33)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (54)
JR (150)
E233系2000番台 (43)
中央東線 (473)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (66)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (73)
横浜線 (14)
大糸線 (29)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (62)
東急 (98)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (232)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (18)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (19)
富士急行 (11)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (17)
保存_航空機 (1)
飛行機_国内 (76)
飛行機_海外 (56)
飛行機 (7)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (89)
セピア色の時代_飛行機_国内 (65)
セピア色の時代_飛行機_海外 (73)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 SIN  (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (10)
風景全般 (59)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (170)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん