FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

1本の樹



ここは有名撮影地で知られる通称モノサク。

でも、樹と電車を絡めて撮っている人は、ほとんどいなかった。
やはり定番の位置で決めるのが、主流なのだろうか。

と、へそ曲がりは、へそ曲がりなりに一応は悩むのである。

でも、人と違う写真がスキ! なのである。

2009.10.12
スポンサーサイト



早苗の頃



そう言えば、この場所もあったんだなぁと撮影フォルダを見ながら思い出した。

様々なアングルやポジションから撮れる所だったなぁと。
ただ、いくつかの制約があって、望遠で引きつければバックにドンとマンションが映り込むし、線路の向こう側にも建物があって、これまたアングルによっては入り込む。

それでも、面白くて何回か通ったけ。
もう少し撮りたいアングルがあるので、また通って続きを撮ってみようかと心を動かされている。

当時のデジカメの画像と今を比べると差があるのは仕方が無いが、わずか7年余で古びた感じが出ている。
成長期の技術進歩は凄いと思う。が、出来れば、もっと安定していて欲しいと願う。

2008.6.19 東海大学前-秦野

写り絵 II



例年通りであれば、そろそろこんな絵が撮れるシーズンになった。

今年は季節外れの台風が来たりして、農家の人たちも頭を悩ませているに違いない。

また原発事故の影響で、福島県では津波の影響の無かった地域で作付けをやめたと報じられている。
俺たちが悪いわけでもないのに、なんで日々の暮らしが出来ないのか…。

と、こちらでも悩んでいる農家の方々がいる。

そういった事を、今年は忘れずに早苗シーズンの撮影をしていきたいと思っている。

2009.6.3 開成-栢山

#141_紫陽花のシーズン



晴れ時々Fe にようこそおいで下さいました。

このブログでは、鉄道・飛行機などに関わる写真や風景写真、旅行記などがメインテーマとなっております。
写真を見て何か感じられましたら、一言コメントを書いていただくと嬉しいです。コメントは撮影の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。下のお願いもよろしくです。

以前に扱っていた石仏や地元関連の話題などは、別ブログで行っております。

ぶらりASAO  http://yajiburo.blog46.fc2.com/

こちらも、あわせて宜しくお願いいたします。

撮影:2008.6.3 開成-栢山

【お願い】
記事に関係のない書き込みは発見次第、即時削除させて頂いております。
そのような書き込みをご遠慮下さいますよう、お願いいたします。

EH500-11_金太郎



これも、機会があれば見たかった機関車のひとつ。

それも待っている間に、タナボタ式に撮れるなんて、なんてラッキー!

そう思えるのは、ダイヤを知らずに行くからだろう。
知っていれば、さも当然のような顔をして撮っているからだ。

こういう時の調べずに良かったナとサプライズを楽しめるスタイルに感謝したい。
もっともそれで、結構泣いているのだが…。

しかし、なんで北の大地で活躍する機関車になんで金太郎なのだろうか。
金太郎と言えば、足柄山に決まっていると思っていたのだが…。

西の岡山の桃太郎への対抗なのでしょうか?

2011.5.14 新宿駅

485系 きぬがわ



前々から見たかった車両。

東武の車両は、JR線上で幾度か見かけ撮影できたが、こちらはまだだった。

もう車両交代だし無理かなと思っていたが、お越し頂ける金太郎さんのブログで、まだ新宿に来ていることがわかり、早速に出かけた次第。

189系の方が表示幕もあって判りやすいが、コチラがメイン運用の車両である。

485系は異形に改造された車両が多い気がする。
非電化以外は、自力で走行できるので使い勝手が良いのだろう。

さすがに引退間際の車両である。到着時刻近くになると三々五々集まってくて、7名ぐらいの集団になってしまった。

返しは、途中駅に出向いたが山手線内回りに見事に被られてしまった。
あれだけ本数の多い路線を挟んでの撮影はやはり無謀であった。やるならちゃんと下調べをしないといけませんね。

2011.5.14 新宿駅

行き交う



学習院下~鬼子母神前までは、ちょっと鬱蒼とした気配があったように記憶していた。

が、再開発されてフルオープン状態。「あっけらかん」となってしまった。

この橋の下まで行って撮っていたのだが、さすがに今は許されないだろうな。

そんな場所を行き交う車両をイメージして、手前にも車両を入れてみた。
が、見ようによっては「被られた」 ととられるかもしれないナ…ふむ~。

2011.5.14

今昔物語 都電鬼子母神界隈


1973.10.14


2011.5.14

変われば変わるものである。 

そして、ここまで変わってしまったのか。
が、次の感想だった。

都市の再開発は、ある意味でノスタルジーとの決別なのだろう。
それが、良いことのなのか。

きっと便利さや快適性という観点から見れば、良いことなのだろうと思う。
……そうは思うが、少し複雑な気分だった。

緑多きところ



恐らく、その昔は緑深き鬱蒼とした場所だったに違いない。

それが一時無くなって、また再生してきた。

そんなことを想像させるに充分なエリア。

2011.5.14

学習院下



今回は全線に乗った訳ではないので断定は出来ないが、この辺りが沿線で一番緑が濃いのではなかろうか。

飛鳥山という場所もある。が、あそこは道路の真ん中に線路があって、少しばかり緑と離れている。

踏み切りが上がると結構な人々が、通っていった。

2011.5.14

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

ジモティネタ満載の姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしくお願いします。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (371)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (78)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (57)
JR (150)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (476)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (45)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (100)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (220)
メトロ II (15)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (8)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (80)
飛行機_海外 (65)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (220)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (77)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (173)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん