FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

#103_185系特急「はまかいじ」



晴れ時々Fe にようこそおいで下さいました。

このブログでは、鉄道・飛行機などに関わる写真や風景写真、旅行記などがメインテーマとなっております。
写真を見て何か感じられましたら、一言コメントを書いていただくと嬉しいです。コメントは撮影の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。下のお願いもよろしくです。

以前に扱っていた石仏や地元関連の話題などは、別ブログで行っております。

ぶらりASAO  http://yajiburo.blog46.fc2.com/

こちらも、あわせて宜しくお願いいたします。

撮影:2009.5.4 中央東線

【お願い】
記事に関係のない書き込みは発見次第、即時削除させて頂いております。
そのような書き込みをご遠慮下さいますよう、お願いいたします。
スポンサーサイト



昭和のかほり 3

最近、たばこ屋の店先には、自販機が鎮座しているのがほとんどだ。
ここは木で作られた店頭だが、飯田橋駅近くにあったタイル張りの素敵な店頭を見ていたのは、いつまでだったろうか。
ルートが変わり通らなくなったので今は判らないが、あればもう一度見てみたい…。







子ども達の安全や犯罪に対する見回りなどの役目が、店先から人が減ってなくなった。代わりに監視カメラがそこら中についている。

だがサポート&抑止力として、人の優しい目に優るものはないと思う。


さて、このシリーズには、あえて日付を入れなかったが、ここで記載をしておこうと思う。
1・2の1枚目は、昭和49(1974)年3月15日。
1・2の2~3枚目とこの3の全ては、2010年5月16日撮影。

現在のは、浦安市郷土博物館(資料館)に移設された建物で撮影。
この資料館は、今時珍しく入場無料で、野外エリアは撮影禁止はありません。
興味が、ございましたら一度足を運んでみて下さい。

昭和のかほり 2

 昨日からの続きです。

人がいる限り、町・街は生きている。
昨日・今日・明日では、大きく変わらないけれども、もう少し時間を長くみると確実に変貌している。







この板をふいた壁は、街中に至る所にあったけれど、いまではすっかり見かけなくなった。
断熱性が悪く、そして手間がかかることが嫌われて、無くなっていく。

やはり、冬は暖かく、夏涼しく過ごしたい。という要望には叶わぬのだろう。

千葉県・浦安

昭和のかほり

昭和という時代が過ぎ去ってから、もう20年以上の時間が流れた。
昭和と一口に言ってもその期間は60年以上ある(昭和元年と昭和64年は、ほんの僅かしかなかった)。

自分が生まれ、そして生きてきた時代を、町や街を通して改めて見つめてみたいと思う。







ここは、江戸川を挟んだ千葉県・浦安。

山本周五郎が、書いた「青べか物語」の地でもある。

Nikon F2 photomic で江ノ電 5


 (50mm)

江ノ電で、唯一、駅でないところでの列車交換。

初めて江ノ電に乗ると、

「なんでこんな所で止まるの?」

と、不思議に思う場所。

ここも撮影ポイントだと思うのだが、この日は他に誰もいなかった。

私は、ここでフィルム交換。
撮影時間はもう少しあるしと、新しいフィルムを入れたのは良かったのだが、やはり撮りきれなかった。
残念ながら後半の部分は、まだカメラに入ったまま。
デジタルだとどこで終わっても完結できるのだが、フィルムはそこの所が弱い。
これで終わりにするか・続けるか、セーブしながら撮るか、フィルムには毎度つきまとう悩みのタネでもある。

という訳で、現像が上がってきてからこのシリーズは再開します。それまで、しばしシリーズはお休みです。

2010.5.16

今昔物語 江ノ電 鎌倉高校前駅界隈


1974.3.17 55mm


 2010.5.16 50mm

意識しないでとったら今昔物語になってしまいました。
今までは、かなり意識して現在のを撮っていたのですが、これは偶然に近いものがあります。多分、このポジションからのアングルが好きなんでしょうね。
またレンズも、標準レンズですし。

昔の江ノ電車両の右上に手すりの付いた家があります。これを基準としてみていただくと判りやすいかな。
画面左には、江ノ島が一部見えています。

*F2で撮るシリーズの1コマなんですが、こっちの方がいいかなと思って。

Nikon F2 photomic で江ノ電 4


(おそらく50mm)

さっきまでは、ちゃんと「生しらす」と読めていたのですが、風で……。ま、よくあるハナシです。

そばで天日干しのひものを作っています。
天日で作るのは、どちらかというとイメージに近いものがあるそうで、本当に上手い干物とは寒風乾しタイプだそうです。
冷風で水分をじっくり抜くとうまみ成分が濃縮されるのだとか…。

でも作っているところは見ることができません。
視覚的に訴えるにはこちらの方がよさそうです。でも、ここは大通り。車が通ればほこりもたつし、ついでに排ガスも出るしなぁ…。

2010.5.16 江ノ電 江ノ島-腰越

Nikon F2 photomic で江ノ電 3


(200mm)

江ノ電の一大ハイライトの場とも、一大難所の場とも思える併用区間。

自動車をかき分けて走る姿が、ここの名物シーンなのだが、なかなか簡単には撮らしてもらえない。


(200mm)

このシーンを撮るために今回のレンズ構成に200mmを入れたようなもの。
案の定、これ以外で今回は登場しなかった。

長年にわたって撮っていると、あそこではあんな風にとか、ここではこんな風にとかのイメージがどうしても作られてしまいがちだ。そう自己模倣に近いだろう。

更に不満点を取り除いて完成度の高い絵に作っていくか、全く視点を変えて違う絵を作っていくか、今回はいかにすべきか…。
撮り慣れた場所では、それと格闘している自分がそこにいる気がする。

2010.5.16 江ノ島-腰越

#102_E231系800番台



晴れ時々Fe にようこそおいで下さいました。

このブログでは、鉄道・飛行機などに関わる写真や風景写真、旅行記などがメインテーマとなっております。
写真を見て何か感じられましたら、一言コメントを書いていただくと嬉しいです。コメントは撮影の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。下のお願いもよろしくです。

以前に扱っていた石仏や地元関連の話題などは、別ブログで行っております。

ぶらりASAO  http://yajiburo.blog46.fc2.com/

こちらも、あわせて宜しくお願いいたします。

撮影:2010.5.22 浦安駅

【お願い】
記事に関係のない書き込みは発見次第、即時削除させて頂いております。
そのような書き込みをご遠慮下さいますよう、お願いいたします。

改修前の江ノ電鵠沼橋


昨日アップのF2で江ノ電を撮る2(2010.5.20)では、現在の姿をご紹介しましたが、その昔はこんな感じでした。

ひなびたローカル私鉄の鉄橋といった風情が、漂っていると思います。
護岸も海岸に近いといった特別なところは無くて、ごく普通の川にかかる橋といった案配です。

走っているのは、東急世田谷線(元玉電)から来た601+651。

1974.3.17 鵠沼駅付近

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (357)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (85)
小田急_EXEα (44)
小田急 EXE (76)
小田急_引退車両・旧塗装 (155)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (42)
小田急 LSE (159)
小田急 LSE 赤塗装時代 (42)
小田急 9000形 (32)
小田急 区間準急 (23)
小田急_ラッピング車 (54)
JR (150)
E233系2000番台 (43)
中央東線 (473)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (66)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (73)
横浜線 (14)
大糸線 (28)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (62)
東急 (92)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (231)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (18)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (19)
富士急行 (11)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (17)
保存_航空機 (0)
飛行機_国内 (77)
飛行機_海外 (51)
飛行機 (7)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (88)
セピア色の時代_飛行機_国内 (60)
セピア色の時代_飛行機_海外 (60)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (72)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 SIN  (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (10)
風景全般 (59)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (169)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん