FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

サロハ371


 小田急線に1日2回入ってくるJR車両。

 よくみれば、オレンジ色で車体に「JR」と入っているのですよね。そしてあのグリーン車マークも…。

 めったな事では鳴らさぬ警笛音も聞けば、小田急とはひと味違うJRの音。

 その存在が、あまりにも日常的になりすぎてしまって有り難みも感じなくなっているが、1本しか無い編成を毎日確実に見ることができるのは、実は素晴らしいことなんじゃないかと…。


 今年もこの場所で春の花達を見ることが出来る。どんな風に咲いてくれるのだろうか? そしてどんな光景を見せてくるのだろうか? 

 それは、ささやかだけれどきっと幸せな事に違いない。

 2009.3.28 柿生-鶴川

黄色い花、青い電車


 京急と言えば、赤。

 そのイメージが頭の中で固定されてしまっているのだろう。

 京急に青電車? まさか、そんなはずはないよねぇ…。

 これが登場して初めて写真で見た時の印象だった。
 それから何年か経つが、こうやってみてもいまだに「京急に青!」が馴染めない。

 今回は今までに比べて、たっぷりと見ることができたので、これで少しは印象のアップデートが出来たのかも知れない。

 でも、京急と言ったら「赤」でしょうが。やっぱ(爆)。

 2010.3.14 京急 野比駅付近

#92_黄色い花、赤い電車


 晴れ時々Fe にようこそおいで下さいました。

 このブログでは、鉄道・飛行機などに関わる写真や風景写真、旅行記などがメインテーマとなっております。
 写真を見て何か感じられましたら、一言コメントを書いていただくと嬉しいです。コメントは撮影の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。下のお願いもよろしくです。

 以前に扱っていた石仏や地元関連・写真機材の話題などは、別ブログで行っております。

 ぶらりASAO  http://yajiburo.blog46.fc2.com/

   こちらも、あわせて宜しくお願いいたします。

 撮影:2010.3.14 京急

 【お願い】
 記事に関係のない書き込みは発見次第、即時削除させて頂いております。
 そのような書き込みをご遠慮下さいますよう、お願いいたします。

485系特急「はくたか」


 さようなら、ボンネット形特急車両。

 その昔、右を向いても、左を向いても、真ん中を見ても特急だらけという上野駅の時代を知っている人間としては、細々とやってくる「能登」の存在はないにも等しかった。

 自分の中では、すっかり終わった存在に心を動かされることもなく、上野駅や沿線に出向くことすら考えつかなかった。そして、その最後の状況は新聞報道から得ただけだった。 

 そういえば、昔からさよなら運転には行かなかった。有名なD51791の都内でのさよなら運転・新幹線との併走もテレビで見ただけだった。

 そういうお別れの仕方も、よいのじゃないかと思っている。

 残念ながら能登の写真はないので、そちら方面への車両ということで485系「はくたか」。
 今も「はくたか」は走っているが、残念ながら上野までは来てくれないようだ。

 1971.11.3

 

南の風を感じる日


 今日みたいな南から風を感じる日は、のんびりとしたいものだ。

 ビール片手に海を眺める。


 そんなイメージで作られたレストランなのだろうか。ここは湘南のとある駐車場の一角。



 江ノ電を撮っている間に飲んだのは、水分補給飲料水…イメージと現実が違いすぎた。

 撮影が終わった後は、ビールで乾杯。

 ま、こじゃれたお店ではありませんでしたが。

 2009.8.7

秩父鉄道1000系 2


 やはり側面が、一番のポイントかも知れない。

 101系の同じ流れを汲む103系は、大阪付近にはまだ残っているが体質改善車となり戸袋が埋められたりして、サイドビューの印象が違っている。

 大きな改造もなく、ここまで残っていた元国鉄の101系らしさのポイントは、ある意味ではこの側面だと感じている。

 このあたりは、どうしても山の中。
 路線の走っている方角から、どうしても撮影に適している光線状態とは言い難い。でも味がある写真が撮れるのは、こちらの方かなぁ。

 だんだんと行きたくなってきたゾ(爆)

 2007.5.7

秩父鉄道1000系


 元国鉄101系が活躍する秩父鉄道。

 国鉄リバイバルカラーでの運行が始まって久しい。
 オレンジ・カナリア・スカイブルー・グリーンと4色が揃い、秩父鉄道のリバイバルカラーも2色、そしてこの現行塗装とバリエーションも豊富。

 なぜか撮りに行こうと思いつつも、なかなか重い腰が上がらない。


 この時は、「折角だから塗装を戻してサ、旧国電色にしたら集客にもなるのじゃないか」という話題は、仲間内の思い付き・冗談程度の会話でしかなかった。
 それがあれよあよれと思っているうちに現実化してしまった。


 東急からの新車も導入され、いよいよ元国鉄101系も最後になってきたようだ。今年の春は、ひとつ行ってみようかと密か思っているのだが…さて。

 2007.5.7

4057F


 小田急4000形の液晶表示は1/125以下でないと消える。

 漫画の主人公が投げる、消える魔球ならば“かっこいい”のだが、欠けている液晶はイマイチ。
 普段は消えても仕方がないと高速シャッターで切って気にもとめないのが、この時は少々拘っていた。
 もっとも日没以降の時間だと高速シャッターは切ろうにも切れないのだが…。

 そう言えば去年は春の撮影シーズンに備えて、夕方に流し撮りの練習をしていったけな、とフォルダの写真を見ながら思い出した。写真は、その時のもの。

 2009.3.11 柿生-鶴川

#91_山里の春まであと1歩


 晴れ時々Fe にようこそおいで下さいました。

 このブログでは、鉄道・飛行機などに関わる写真や風景写真、旅行記などがメインテーマとなっております。
 写真を見て何か感じられましたら、一言コメントを書いていただくと嬉しいです。コメントは撮影の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。下のお願いもよろしくです。

 以前に扱っていた石仏や地元関連・写真機材の話題などは、別ブログで行っております。

 ぶらりASAO  http://yajiburo.blog46.fc2.com/

   こちらも、あわせて宜しくお願いいたします。

 撮影:2010.2.20 中央東線 穴山-日野春

 【お願い】
 記事に関係のない書き込みは発見次第、即時削除させて頂いております。
 そのような書き込みをご遠慮下さいますよう、お願いいたします。

小田急デニ4連


 それまでのデニの組み方は1000と1100が、1300は1300同士で組んでいるのが普通だった。

 同じHB車同士だから組めない訳はないのだが、もっぱらデニ1000+1100は小荷物輸送に、デニ1300は新聞輸送に活躍していた。

 画面左からデニ1100+1300+1000+1300。
 まだ先頭のデニ1100は白帯は巻かれていない。ヘッドライトは全車1灯のみの原型タイプ。

 川に橋が架かっているが、これは現在保線機材置き場へ入り口になっている。
 画面左上に向かう線路があるが、これが現在の新百合ヶ丘から柿生への路線で、この日はまだ下り線しか利用されていなかった。

 川は麻生川で桜の木がまだ植えられていない。この半月後に多摩線が開通し、その後この多摩線の下を走る路線は撤去されたのは、ご存知の通りです。

 1974.5.16 百合丘-柿生

ps.もともとの画質がよくありません。ご了承下さいませ。

« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (369)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (77)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (53)
JR (147)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (474)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (99)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (219)
メトロ II (14)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (76)
飛行機_海外 (62)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (75)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (171)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん