FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

京急1000系


 京急といえば特急を初めとして、カーブがあろうなかろうとビュンビュン飛ばす会社だ(偏見も混じっているかも)。

 そんな昔から飛ばす車両のイメージが今も残るのがこのタイプだと一人思っている。

 そろそろ廃車が始まっているので、先はそう長くはないだろう。じっくりと腰を落ち着けて撮りためたい車両のひとつだ。

 2009.2.15

B737の血筋


 久々にB737の腹面を見た。

 ウィングレットが付こうが、エンジン形状が変わろうが、全長が長くなったり短くなったりしようが、B737の血筋は変わっていなかった。

 そう、収納されたタイヤに外カバーがなく、タイヤが納められたハウスが下から見られること。

 短時間の離発着でもタイヤが充分に冷却できるようにとカバーがないのが、その昔読んだ本に書かれていたB737-100や-200の特徴だった。
 そしてこの-800にもカバーがなかった。やはり、脈々と血筋は受け継がれていた。

 2009.2.15

今昔物語_鶴見線浅野駅



 昔々、あるところに鉄道好きな少年がおりました。
 彼は、好きな鉄道のためならばと昼食すら抜いて、昼食代を交通費やフィルム代としてため、撮影に出かけておりました。

 いつしか時は流れ、彼はすっかり鉄道を忘れたかに思えました。が、ふとしたことから再び鉄道趣味に目覚め、また撮り始めました。
 -------------------
 そんな、昔撮った場所と復活してから撮った場所を集めたのがこの新コーナーです。
 -------------------
 旧国の17m車が、鶴見線で全盛だった頃に訪問して以来という30数余年ぶり。変わったところ、変わらなかったところ色々です。見比べていただければ幸いです。

 当時は公害問題が大きくなっており、この日は温暖な気候で風が無く午後になってスモッグがかかり、変な匂いが漂っておりました。

 鶴見線浅野駅から西方面を見たところ
 上:1972.4.30 クモハ11+クハ16
 下:2009.2.15 205系

 Ps.スキャナの調子が悪くて上の写真は黒い筋を引いています。申し訳ございません。

都会のローカル線_鶴見線


 都会のローカル線と呼ばれている鶴見線。

 川崎・横浜という地にありながら、本数は土日祭日の日中は1時間2本(場所によっては1本)。確かに地方ローカル線並ですね。

 前に鶴見線を訪問したのは、まだクハ16やクモハ11の17m車の全盛の頃だった。その後の変遷は20m車に代わった72系、101系、103系そして現在の205系。

 いやいや、数えてみれば随分と昔だ。

 のんびりとした雰囲気が、せわしない心を癒やしてくれる。もっとも天気が悪いとこの閑散としたムードが侘びしさを醸し出す。ある意味では撮りづらい路線かもしれない。

 2009.2.15

政府専用機 II


 天候は曇天。グレーの雲に空は覆われている。時間も時間だし、そろそろ撮影を上がろうかと思っていた。

 遠くに見えるは4発機、尾翼に赤い丸いものが見える。
 「まだ鶴丸機、まだ残っていたんだ!」と一瞬思った。更に近づいてくると尾翼のそれは「鶴」ではなく、ただの赤丸だった。

 政府専用機!見ているとVスポットに止まった。目一杯にズームをのばしたレンズ、そのファインダーには、コックピットの上に小さな旗が微かに見えた。 

 誰が出かけているんだ? 

 今日の朝刊を見ると皇太子がベトナムから帰国したと報じられている。


 改めて「鶴丸」の凄さを実感した。やはりあれは日本機の象徴だったかもしれないと…。

 この日、始めて飛行機撮影に同行した友人に「これが見ることが出来たって、ラッキー!?」聞かれた。

 さて、どうなんでしょうか?

 2009.2.15

2レ(EF66 48)


 この3月のダイヤ改正で無くなる「富士・はやぶさ」。

 1ショットもなしで終わってしまうのは少し悲しいものがある。今日は千葉でC57も走るし、それなりに撮影者は少ないのでは…という思いもあって、出かけてきました。

 が、多くの人がいらしゃました。狭い場所ながら、譲りあってスペースを戴き撮影できました。
 和気藹々と撮影できたことが嬉しかった。

 しかし、ベストポジションに来る前に下り電車に被られてしまいました。

 これは直前にズームを目一杯にのばしてのショット。私の場合、これから残された時間でリベンジなるか微妙な案配です。

 本日、撮影地でご一緒された方々お疲れ様でした。またどこかでお会いできたら、よろしくお願いいたします。

 2009.2.15 東海道本線 大船-藤沢

#38_湘南色E217系


 晴れ時々Fe にようこそおいで下さいました。

 このブログでは、鉄道・飛行機などに関わる写真や風景写真、旅行記などがメインテーマとなっております。
 写真を見て何か感じられましたら、一言コメントを書いていただくと嬉しいです。コメントは撮影の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。下のお願いもよろしくです。

 以前に扱っていた石仏や地元関連・写真機材の話題などは、別ブログで行っております。

 ぶらりASAO  http://yajiburo.blog46.fc2.com/

   こちらも、あわせて宜しくお願いいたします。

 撮影:2009.2.15

【お願い】
 記事に関係のない書き込みは発見次第、即時削除させて頂いております。
 そのような書き込みをご遠慮下さいますよう、お願いいたします。

TDA DC-9 super80


 ナローボディ機の中で、DC8-61に次いでひょろ長い機体。

 元のサイズからみれば、よくもここまでストレッチをしたものだと思う。

 そんな機体に東京から大分まで乗る機会があった。
 前方の席だったので、気になって後を後ろを振り返ってみると真っ直ぐな通路が延々と続いているような気がした。
 特にボディが狭いから、一層そう感じたのかも知れない。

 この旅行中にインディラ・ガンジーインド首相が暗殺されるという事件があり、それを知ったのは空港で借りたレンタカーを運転中のことだ。

 その前年に身体を壊して、しばらく入院生活をおくっていた。本当に旅行が出来るだけの体力が回復しているかどうか、不安ながらも出かけた大分旅行。

 そんな事件と旅行の記憶に密接に絡み合っているのが、このDC-9 super80という機体である。

 1986.5.25 羽田空港・京浜島

ANA B737-281(JA8416)


 全日空のB737-200。

 今、B737は-800までシリーズが進んでいるようだ。
 
 ここまで世代が変わると外見も中身も大変身、もう初期モデルとは別物と言えるでしょうね。

 その初期モデルといってもいいでしょうか。成田空港あたりで撮影していると、やたら大きなエンジン音を立てて飛び上がっていくのは、この737だった。

 いったい何事かと思うほどの爆音の先を見ると、ちょこんと小さなコイツが滑走路にいて今まさに離陸直前…拍子抜けすることがたびたびあった。

 小さいくせに音だけは一番大きい。撮影場所は違うけれどもこの写真を見ていて、そんな記憶が甦った。

 1986.5.25 旧羽田空港・京浜島

頭隠して、尻隠さず


 旧羽田空港の展望デッキは、業務の拡大によって下のビルが増改築で拡大していくにつれて、展望デッキも伸びていった。

 端から端まで、歩くとかなりの距離なったように記憶している。その一番外れから見えた風景。

 巨大な尾翼まで入らなかったのだろうか? 

 「頭隠して、尻隠さず」…撮影する時にそんな言葉が思い浮かんだのであろう。こんな光景も記録撮影してあった。

 1986.5 羽田

« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

ジモティネタ満載の姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしくお願いします。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (371)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (77)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (57)
JR (150)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (475)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (45)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (100)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (220)
メトロ II (15)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (8)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (80)
飛行機_海外 (65)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (220)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (76)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (172)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん