FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

諏訪臨電の日_2


 こちらも応援に貸し出された気動車。たしか野辺山あたりからの臨時だったと記憶している。

 いつもは2~3両でトコトコ走っているのだが、この時ばかりは5両編成で疾走していた。
 あわてていたため、5両が全部入らなかった(恥)

 2006.9.2 中央東線 青柳-茅野

スポンサーサイト



諏訪臨電の日


 毎年、8月に諏訪花火大会、8月末(9月初)に諏訪新作花火大会がある。

 この時は、臨時電車が大増発され大入り満員の列車が行き交う。
 2006年、来年は201系の臨時が走らないかもしれないと思われて、諏訪新作花火大会の臨電を初めて撮りに行った。

 東京から2本の201系を回送するはずであった。1本目は予定通りだったが2本目がなかなか来ない。2本目の撮影予定地で長く待ちすぎで後の計画が狂ってしまった。

 そろそろ日も落ちかけて終わりにしようかという頃になって、遠くにオレンジ色の電車が見えた。2本目の臨時が大幅に遅れて来たのだ。

 東京に戻って新聞を読むと2本目の遅れの事が記事になっていた。なんでも車掌の手配を忘れて出発できなかったとか…アメリカあたりだったら、oh my God! となるのだろうか。

 2006.9.2 中央東線 青柳-茅野

高尾付近をいく。


 中央高速道で、八王子バリアを過ぎると山道にさしかかる。

 しばらく走ると「この付近で圏央道とつながります」といった看板があった。それを目にしてからどれくらいの時間が経ったのか、とんと記憶が定かでない。

 いつになったら圏央道とつながるのかと思っていた工事が、既に完成している。
 合流部はまるでジェットコースターみたいだなと、走りながらも思っていた。やはりこうやってみると、カタパルトのようにも思えている。自動車に羽を付けたら飛んでいくかもしれない…。

 そんな風景をみながら、電車はいつものように走っていた。

 2006.6.25 中央東線

首都圏色


 首都圏色=別名タラコ色。

 大糸線が首都圏あるかどうかは関係なくリバイバルで登場した。

 昔々、気動車の塗装はクリーム色とオレンジ色だと信じ込んでいた時に、このタラコ色が登場したときは驚いたというよりもぶっ飛んだ感じがした。
 国鉄が赤字のために経費節減で1色化、しかも警戒色にもなるように選定したと聞いた。

 登場した時の印象が「手抜きカラー」といった思いが強いので、未だにどうしても好きになれないのは少々しつこいかもしれない。

 いろいろな世代の方々と話してみると、ある世代からはこれが標準的な色となっているので私ほど毛嫌いをすることはないようだ。その感触から40歳前後にその境があるのではないかと思っている。

 ご覧になっているあなたは、如何ですか?

 2006.5.4 大糸線

TOP_05


 晴れ時々Fe にようこそおいで下さいました。

 このブログでは、鉄道・飛行機などに関わる写真や風景写真、旅行記などがメインテーマとなっておりいます。
 写真を見て何か感じられましたら、一言コメントを書いていただくと嬉しいです。コメントは撮影の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。下のお願いもよろしくです。

 以前に扱っていた石仏や地元関連・写真機材の話題などは、別ブログで行っております。

 ぶらりASAO  http://yajiburo.blog46.fc2.com/

   こちらも、あわせて宜しくお願いいたします。

 撮影:大糸線 2006.5

【お願い】
 記事に関係のない書き込みは発見次第、即時削除させて頂いております。
 そのような書き込みをご遠慮下さいますよう、お願いいたします。

有楽町で逢いました。


 定点撮影の1枚目みたいな気がします。

 撮影は1973年9月9日と記録にある。
 今から、何年前…えーと…数えたくないなぁ(笑)。

 前の写真は2005年の撮影。それから数えても…、ああ、時の経つのが早い。

 何が変わったか・変わっていないか、ご興味のある方は探してみてください。

 有楽町

有楽町で逢いましょう。2


 お気付きの方も多いと思いますが、タイトル名はフランク永井が歌った有名な曲のタイトルをお借りしました。

 「会う」と「逢う」同じ発音をするが意味が微妙に違う…。
 国語の時間ではないので、あえて説明しませんが判らない方、調べてみる価値がありますゾ。

 2005.9.4 有楽町

♪有楽町で会いましょう。


 113系が東海道東京口から撤退すると言われた半年前。

 所用があり都内へ出たときである。ついでに113系でもと思って有楽町駅へ行った。それこそカメラを持って有楽町なんて、30年ぶりと言っても差し支えない程である。

 ここは沢山電車が来るので、被る確率も高い場所である。221系と113系ついでに新幹線も…。
残念ながら新幹線の先頭部と会えなかった…。

 あとは時間切れ…。結局113系と新幹線と並びは、これでお終い。
 今から思えば、もう少しマメに通っていればと思うことが多々ある。

 2005.9.4 有楽町

 

EH200-11 ブルーサンダー


 ブルーサンダー、もう少し鈍角で撮ると車体に描かれたイメージの稲妻がよく判る。

 ブルーに対してレッドサンダーというものもあるそうだ。直流機だからブルー・交直機だからレッド……まるで昔の塗装ルールそのままだ。

 だったら赤い直流機を塗り直して欲しい……ありゃ、私にとって違和感の塊です。

 2006.4.15 中央東線 日野春-長坂

 ps.画像を補正し直したものに差し替えました(2017.8.15)

お台場へ行こう


 昨年6月に新宿駅で見かけた「お台場へ行こう」のラッピング車。

 ラッピングというよりもシール車と言った方が、イメージにピッタリする。

 りんかい線車両が埼京線に乗り入れてると聞いてはいたが、これもまたなかなか見る機会がなかった。

 ところで70-100の前面に書いてあるが、これって型式番号+車体番号なのかなぁ?
 う~ん、よくワカランです(大汗)。

 2007.6.3 新宿駅

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

TOP (428)
小田急_現行車両・現塗装 (336)
小田急 GSE (46)
小田急 MSE (149)
小田急 VSE (82)
小田急_EXEα (44)
小田急 EXE (76)
小田急_引退車両・旧塗装 (155)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (42)
小田急 LSE (158)
小田急 LSE 赤塗装時代 (42)
小田急 9000形 (32)
小田急 区間準急 (23)
小田急_ラッピング車 (54)
JR (150)
E233系2000番台 (43)
中央東線 (473)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (65)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (73)
横浜線 (14)
大糸線 (28)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (62)
東急 (92)
京王 (30)
都営 (16)
メトロ (231)
江ノ電 (18)
京浜急行 (30)
相模鉄道 (18)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (19)
富士急行 (11)
371系 (30)
保存車両 (17)
蒸気機関車 (18)
飛行機_国内 (75)
飛行機_海外 (48)
飛行機 (7)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (212)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (88)
セピア色の時代_飛行機_国内 (60)
セピア色の時代_飛行機_海外 (60)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (70)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 KHH (4)
旅日記海外 2019 BKK (24)
旅日記海外 2018 HAN (18)
旅日記海外 2018 BKK (15)
旅日記海外 2015 BKK (13)
旅日記海外 2013 BKK (15)
旅日記海外 2014 TPE (27)
旅日記海外 2012 BKK (21)
旅日記海外 2011 BKK (20)
旅日記海外 2010 SIN (9)
旅日記海外 2008 TPE (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (10)
風景全般 (59)
見上げてごらん空を (51)
読み鉄 (4)
Beer (7)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (166)
雑記・戯れ言 (25)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

RSSリンクの表示

FC2カウンター

訪問者数

Template by たけやん