FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

スポットライトを浴びて2


 日頃の行いが良いのか悪いのか判りませんけれど、直前に雲が出てくるということはよくあります。
 上空の雲の動きが速く、曇ったり晴れたりと露光値が変わってとても忙しい…。結局列車を追いかけるように雲が迫ってきました。必要以上に緊迫感が高まります。
 今回は、無事に雲の影に入る前に列車が無事に通過していきました。

 シャッターチャンスは一期一会とは言われますが、瞬間・瞬間の出会いを大切にしたいと思っています。
 中央線 すずらんの里-青柳

スポンサーサイト



スポットライトを浴びて


 「そろそろ御殿場線の115系が、消えそうだよ」と、とある掲示板に集う友人達から声を掛けられて、この日初めて出かけた。
 ローカル線の列車本数は少ない。その少ない機会に万全を期するよう、あれこれとやっているうちに通過時間が近づいてくる。と、突然手前から、みるみるうちに曇りだした。近づく列車。
 ファインダーの中に見えるその光景は、舞台でスポットライトを浴びる俳優のように思えた。
 そして、この撮影から1年半後、御殿場線から彼らは静かに引退していった。

なごり


 第二次世界大戦前までは東海道本線筋だった御殿場線。丹那トンネルが出来、戦時下の資材不足のあおりを受けて、複線だったレールが単線になってしまいました。今でも沿線のあちらこちらにその名残が見られます。
 ここは片側がやたらと広く空いていて、普通の単線とはひと味違う…こんなところにも複線時代の面影があります。

秋なかば


 高原の秋は、私が思っている以上に足早に来るようだ。9月終わりから10月初めにかけてはススキが里を飾る。
 線路端では列車が通るたびに、白銀に輝く穂が右に左に揺れて秋の到来をみなに告げている。そんなところを長野色を纏った115系が通り抜けていく。
 中央線 長坂-小淵沢

夏の終わり


 信州茅野の夏は短い。
 9月初めの平地の関東では、まだ青々とした稲なのに、こちらに来たら既に穂先から色が変わり始めていた。が、木々はまだまだ夏だと言わんばかりに元気に繁っていた。そんな中を白い車体をもつE257系が駆け抜けていった。

まぁまぁ、一献どうぞ。


 浄慶寺のご住職が、毎年少しずつ製作をお願いしているようで、気づくと増えています。
 最近の世相を反映しているようで、携帯電話をしている姿や携帯機器で音楽を聴いている姿もあります。
 平成の羅漢さんは最新の機器をつけて時代の流れを謳歌していますが、昔ながらのとっくりで一杯している伝統的な(?)スタイルをみると安心するのは、私も古いせいでしょうか。

願い


 鉄道が“動”の世界とするならば、石仏は“静”世界でしょうか。
線路端にも彼岸花は咲きますが、お寺の境内にも咲きます。

 羅漢(らかん)さん。仏教の世界では、一番人間に近い仏様です。修行中の身の上ですから、仕草がとても人間くさく親しみがあります。
 羅漢さんの石仏で有名なのは埼玉県川越市の喜多院、寄居町の少林寺。それ以外にも多くの場所にいらしゃいます。
 この地にいらしゃる羅漢さんは平成の生まれですから歴史美術的な価値はありませんが、表情が豊かで訪れる人々を癒してくれます。
 浄慶寺 川崎市麻生区上麻生(小田急線柿生駅下車徒歩10分)

彼岸花の咲く頃


秋のお彼岸の頃になると、まるでカレンダーを知っているように咲く花「曼珠沙華」別名を彼岸花と呼ばれています。ちょうど1年前の9月23日の撮影です。きっと今日も咲いていることでしょう。
走るクモハ123は、今年の3月で引退してしまいました。JRの路線を単行でトコトコ走る姿をもう少し見ていたかった気がします。

諏訪臨電


 ブログ始めました。どうぞよろしくお願い致します。

 年に2回程、8月中旬の諏訪花火大会と9月始めの諏訪新作花火大会の時、普段は都心部を走っている4ドア車の通勤電車が八ヶ岳の麓を走ります。
 濃い緑色の中を走るオレンジ色の電車がまぶしく見えます。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (365)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (44)
小田急 EXE (76)
小田急_引退車両・旧塗装 (157)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (43)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (43)
小田急 9000形 (33)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (54)
JR (150)
E233系2000番台 (43)
中央東線 (473)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (66)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (73)
横浜線 (14)
大糸線 (29)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (62)
東急 (98)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (232)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (18)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (19)
富士急行 (11)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (17)
保存_航空機 (1)
飛行機_国内 (76)
飛行機_海外 (56)
飛行機 (7)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (89)
セピア色の時代_飛行機_国内 (65)
セピア色の時代_飛行機_海外 (73)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 SIN  (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (10)
風景全般 (59)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (170)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん