FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

息抜きの旅 13

午後はボーっと百貨店めぐり

 6月のバンコクは暑い。
 連日最高気温が35度を突破するような日々が続いていました。
 ちょうど今の日本の天気みたいな案配です。

 ウィークエンド・マーケットからBTSで戻ってきて、ちょっと遅めになりましたが、お昼をとることにしました。
 タイ・セントラルグループの旗艦店でもあるバンコクのセントラルデパートが建て替えられて、その旗艦店にふさわしいフードコートを持っているという。

 こりゃ、見とかなくちゃね。
 行ってみれば入り口に撮影禁止のマークがぶら下がっている。ありゃ、ま。

 たしかにそこら辺のフードコートとは、ちょっと格が違う。
 雰囲気もちょっと高級店並のムード。
 調度品もなかなか品が良い。

 その分、いろいろなもののお値段が高い。

 席は自由なので、食事の後はドリンクを持って窓際に席へ。



  マンゴースムージーです。

 その窓から見える光景は、鉄ちゃんご推奨の場所でもある。


 午後の暑い時は、冷房の効いたこんな場所で、しばらくのんびりとしていました。

 いい加減涼んだあとは、フードコートが建物の上の方にあったので、各階にどんなものを置いてあるかデパートを眺めながら階下・階下へと移動を開始。

 この日は、お土産を買う日に当てていたので、写真はあまり撮っていません。

 あっちのビル、こっちのビルとフラフラと見ながらいたら、段々と時間が過ぎていきました。

 


 この日は、綺麗な夕陽が見られました。

 いつもお世話になっているISETAN(セントラルワールド・ビル)。
 その横に一見すると綺麗な緑の場所に見えますが、それは看板です。そしてその中は再開発中です。

(つづく)
スポンサーサイト



息抜きの旅 12

 2015年6月7日 快晴 バンコク到着4日目。
 バンコクに目一杯いられるのも、この日まで。明日の昼には空港です

 ウィークエンド・マーケット


 ここは幾度となく来ている場所でもある。そう言えば一昨年の夏にも来ていました。

 駅から会場へ行く通路から見えた光景。タクシーがおまわりさんに捕まっているようだ。



日本だと、他の自動車の邪魔にならぬように移動させるが、こちらでは捕まえたその場所から動かさないようである。おかけで、後続の車が……。



 エライ迷惑を被る。これが渋滞のひとつの原因かもしれないと思われるほどだ。

 さて、会場へむかってみよう。
 いつも来ているのは夏のピーク時で、通路は通勤時間帯のような混雑さと暑さが酷いのであるが、さすがに時期外れですね。
 人混みはそう酷くはなかった。というか、これぐらいじゃないと歩きにくいのである。



 中には店頭に「撮影禁止」の看板を出しているところもありました。
 そういうお店は、多かれ少なかれヤバイものを扱っているようです。
 それは、どこかのパクリ(コピー)商品だったり、公には販売禁止ものだったり……。



 外周道路で見かけたハローキティの痛車。
 カメラを向けたら車中の人が、撮られることを喜んではしゃいでいたのだから、こちらは問題ありません。
 ハローキティの位置づけは、日本だったら小さな子か女の子が対象だと思われるのですが、こちらでは成人の男性も、その対象のようです。



 最近、日本でも見られようになったココナッツジュース(椰子の実)。

 ちょっと独特の甘い味と青くささがあります。
 この汁を飲んだ残った後に周囲の壁についている白い部分がココナッツ。
 これをスプーンを借りて、こそいで食べるのが正しい食べ方かな?

 これを珍しいと言って好むのは、主に初めて来る観光客ぐらいでしょうか。

 ちょっと冒険して、頼んでみたのがコレです↓



 ウォーターメロン(スイカ)のスムージー。

 これが意外や意外に美味しい。
 日本だとスイカにお塩は定番の組み合わせともいえますが、塩の代わりに砂糖シロップを加えて作るのです。
 あの独特の水ぽっさがなくなって、すっきりと甘くて美味しく変身していました。
 同じものが日本でもあれば、ハマりそうです。


 初めて、ここに来た頃のTシャツの絵柄は、そのほとんどがオリジナルとわずかばかりのコピーだった記憶があります。

 1997年のアジア通貨危機以降、暫くTシャツの絵柄は、米国の絵柄のコピーばかりになってしまいました。
 またはどこぞのパーケージからとってきたもので、「甘い辛いも……」など日本の煎餅メーカーのコピーもありました。日本語であれば、なんとなくいいんじゃないのノリだったのでしょう。

 社会全体が、自分たちに自信を失っていたようにも感じられました。

 今年は、相変わらずのコピーものも見かけましたが、オリジナルデザインのものもより多く目につきました。
 デザイナーやお店が、自分たちの商品に自信をつけてきたのでしょう。

 こういう定点ウォッチも世相が現れていて面白いものです。
(つづく)

息抜きの旅 11

バーレム駅

 さて、バーレムには、途切れてしまった線路の続きがある。
 このバーレムとメークロンを結ぶ路線である。
 メークロン訪問については2012BKKの旅を参照して下さい。

 この路線が、2015年5月13日から同年11月8日までリニューアル工事をしている。
 報道によれば、路線の劣化がひどく、度々脱線事故を起こしているのだという。

 当初、いくつもりはなかったのだが、折角ここまで来たのだからちょっと見て行くか。である。
 なにせ渡し船乗り場から歩いて5~10分程度の距離である。
 


 ガーン!! である。
 線路が枕木ごとない。この砂利の上を2本のレールがあったのだ。
 リンク先の1枚目がほぼ同じ位置です。

 振り向けば、こちらもこうである。



ここはホームの外れであったハズ。



こちらが終点。
屋根のあるところが駅舎。手前の白い建物はトイレ。



 確かに駅である。
 が、レールがない。どこにもない、枕木すらない。



 黒いシミは、油がこぼれた跡。
 気分は、ほとんど 廃線跡を歩く である。 

 ひょっとして、これはリニューアル工事ではなくて、このまま廃線かとも思えるほどだ。



 が、よく見ると駅舎は駅として機能しているし、こうして代行バスの時刻表もあった。

 2人ほど、待っている人もいるし……。

 一人は日本人らしい。ここで日本人と会うなんて珍しい。しかも私よりも年配そうである。
 お話をしてみると、このリニューアル工事期間中だけ走らせる代行バスに、わざわざ日本から乗りに来たと言うではありませんか。

 お、お、お、乗り鉄さん!!

 更にお話を伺うと、タイ国鉄の路線はボロボロ状態で年がら年中アクシデントで止まるし、転覆事故も起こしているらしい。
 そのため、路盤の強化からの本格的なリニューアル工事なんだそうだ。

 運賃も通常運賃で代行バスに乗れるとか。
 駅と道が離れている場所もあるから、どうなるのでしょうね。と楽しそうだった。

 だが、駅にはバスが入るようなスペースはない。
 駅員は、ここで待っていろと言っているんですよねぇ。

 どんなバスが来るのが、こりゃ見ておかなくちゃと好奇心がムクムクと起きてしまった。

 だがバスは、時間になっても姿を現さない。
 駅員も、無線でやりとりをしているが入感がないらしく、若干焦り気味の様子である。

 しばしのちに入感あり。
 で、駅員が付いてこいと、歩き始める。

 そこに止まっていたのは、代行バスならぬ代行大型テンソーである。


 (奥が駅からの道です)



 そりゃ、そうだよなぁ。
 10バーツだか15バーツの運賃で乗るのに、観光バスを手配できる訳がありません。

 こ、これに1時間ですか。



 見ていると乗客は3人ほど。
 タイ人の男性と、乗り鉄おじさんと、そして観光客らしい女性。

 車外の2人と、ここには写っていませんがタイ人女性がひとり。こちらの3人は彼女の見送りにきただろう知り合いみたいでした。

 そして車掌さんが乗り込むようです。

 乗り鉄おじさんにお別れの挨拶をしたら、ちょっと後悔気味の口調になっていました。

 私は、ここで見送りです。が、なかなか発車しません。
 その辺が、実にタイらしいところです。
(つづく)

息抜きの旅 10

バーレムの町

 5分と掛からない渡し船でバーレムへ。
 ここは川を隔てた以上に時間的な格差があって、のんびりとした町です。

 対岸では見られなかったサムロー(人力三輪車)が現役です。
 でも、サムローも、こぎ手も、年季は入ってきています。



 ここは、すぐ後ろは渡し船の乗り場です。

 目の前に広がるストリートは、というとこんな感じ。
 奥の方に日本でもおなじみの看板セブンイレブンがあります。



 この道を歩いて行きますとロータリーにぶつかります。
 まぁ、ロータリーということは、町の中心部なんでしょうけれどねぇ。



 日傘を差してバイクに乗っています。
 昔は、この付近が中心部だったのでしょうけれど、今はその奥が開発されて中心部としての機能が移ったようにも思えます。

 この時計台の日陰に座って、ボーっとしていました。
 ロータリーを回っていくバイクや車、人を、ただただ眺めていました。
 
 熱い風が吹き抜けていきます。
 街中とも、リゾート地とも違う、ゆったりとした時間が流れています。
 気怠いような時間、タイ時間とでも言うのでしょうかねぇ…。



 この奥が、おそらく今の中心部に続くのだと思います。なにせ、道幅も広いしね。

 日陰が段々と移動してきて、直射光が当たるようになってきました。さすがに暑い(熱い)です。
 さて、少し歩きますか。



 分け入っても 分け入っても 青い山 (種田山頭火
 
 じゃないけれど

 歩いても 歩いても 閑散な町

 まぁ、平日のお昼近くに歩く方が、問題かもしれないけれどね。



(つづく)

息抜きの旅 09

マハチャイの渡し船

 さて、マハチャイから渡し船に乗って、対岸のバーレムへいきます。



 ここが、船着き場。
 雨が降っても大丈夫なように広めの屋根が設置されていますね。
 土砂降りの時は、ここで止むまで雨宿りしているのが、目に浮かびます。

 その周辺には、こんなお店もありました。



 売り子さんが高校生みたいな感じで、カメラを向けたら笑いながらピースサインをしてくれました。



 まぁ、この辺はパ、バッと見て下さい。
 


 ここは渡し船の上。決してオートレースのスタート付近ではないです。



 対岸につけば、ご覧の通り。
 バイクに跨がったまま下船し、そのまま走り去っていきます。

 バイクがいくらだったかは見ませんでしたが、人間はひとり2バーツだったか3バーツだったか(汗)。



 バーレムの船着き場から、マハチャイ側を見るとこんな感じ。

 前回、前々回に来た時は、水面にホテイアオイが群れをなすように大量に浮遊していましたが、今回は激減していました。清掃されたのでしょうか。

 少し回れば橋もあるのですが、これだけの距離に大回りするのもなんだよぁと言わんばかりにバイクも人と同じように乗船しています。

 日本だったら決して許されないような気がしますが、このユルさがタイというか東南アジアなんですね。

(つづく)

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (369)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (77)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (53)
JR (147)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (474)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (99)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (219)
メトロ II (14)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (76)
飛行機_海外 (62)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (75)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (171)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん