FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

LH B747-830(D-ABYP)

5782_D-ABYP-1

 ルフトハンザドイツ航空のB747-8。

 午後ゆっくり目のスタートでも羽田国際空港で確実に見られるジャンボ機。

 エンジンが4発なので、効率が悪いとか散々な評価がありますが、空港での存在感は大きい。

 大きさから言えばエアバスA380の方が更に大きいですが、羽田空港での運用はありません。


 この機体に後部に他のとは違うマーキングがしてありました。

5783_D-ABYP-2

 B747の1500機目になるのですね。

 長い時間を掛けて1500という数字を達成したわけですから、偉大な数字だと思います。

 機数のみならば、LCCに採用されて爆発的に売れているA320は優にその数を超え倍近い機数です。

 まぁ、お値段も違いますから…ねぇ。

 今や少数派になってしまったB747ですが、1日でも長く見られることを願っております。

 ちなみに登録は2014年6月とありますから、今しばらくは大きな情勢の変化がない限りは大丈夫と思っております。

 2020.1.13 羽田空港国際線ターミナル

 
スポンサーサイト



SL A330-941(HS-LAL)

5629_HS-LA_A330-900

 タイのLCC会社、タイ・ライオン・エアのAirbus A330-900。neoと追加名付けられていることもあり最新の飛行機です。

 登録は2019年10月ですから、本当にピカピカの機体です。

 インターネット上には搭乗してみた感想などもありましたが、所詮はLCCで個人用のモニタはないそうですし、過度の期待はするなと書かれていました。

 LCCの運賃は一見すると安いですが、いろいろなオプションを加えたりするとフルキャリアとさほど差が出ない場合もありますし、とにかく大勢のせて安くするというコンセプトですから席のピッチが狭い。

 蛇足ですが先日乗ったA321-200はシートピッチと窓ピッチが合っていませんでした。あれはLCC用にシートピッチが狭いのに合わせているのかと思ったほどです。

 小柄でスマートな人ならば問題は無いですが、その逆の体型の持ち主ですからねぇ。

 タイまで約6時間…ちょっと躊躇してしまいます。

 2020.1.4 成田空港第1ターミナル展望デッキ 
 
 

HN Airbus A380-841 (9M-MNF)

5628_9M-MNF_A380

 マレーシア航空のA380。この機体はエアバスA380の100機目の機体で、その記念に機首部分に100と書かれています。

 さすがに重そうに離陸していきます。

 成田空港のA滑走路は4,000メートルあり将来コンコルド機など飛来に備えていました。

 運航コスト、いわゆる経済的な理由からコンコルド機は成田への定期運用はならずに、この長い滑走路は一時は無用の長物とも思われていましたが、この総2階建て飛行機の登場によって安心して離着陸できる滑走路となっています。

 A380の離陸必要距離は約3,000メートル、着陸距離は2,100メートル。(ウィキペディアより)

 それでも余裕はあればあっただけ安心感は高まるというもの。

 離陸していく姿を見ているとデッカイ飛行機という言葉を実感できます。

 2020.1.4 成田空港第1ターミナル展望デッキ

 

SQ Airbus A350-941XWB(9V-SMK)

5603_9V-SKM1

 シンガポール航空のエアバスA350-900。

 2017年2月に登録されています。

 レジは9V-SMKでこれは2回目の使用。初代はB747-400で使用されており2003年7月に除籍されています。

 A350-900を見た回数もまだ片手の指の数で済むほどです。

 まだ乗っていませんが、新しい機材ほど室内空間が快適なことは判りますから、どれくらい快適なのかも興味のあるところです。

 機会があれば、早く乗ってみたいですね。

5604_9V-SKM2

 2019.12.29 羽田空港国際線ターミナル

 

LH B747-830 ( D-ABYI ) スカイツリーとジャンボ機

5598_スカイツリーとジャンボ機

 冬至を過ぎて日は長くなりつつあるが、ルフトハンザのB747-8が飛び立つ15時20分(定刻)になるとそろそろ暗くなり始める。

 上空に上がれば、まだ光を受けるはずと思っていたら、ちょっど雲の合間に入ってしまい光が機体に届かない。

 その一方で、地上からそびえ立つスカイツリーは光を浴びていた。

 そんなこともあるんだなぁ……。

5599_D-ABYI

 この日の機体はB747-8 D-ABYI でした。

 2019.12.29 羽田空港国際線ターミナル

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (357)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (85)
小田急_EXEα (44)
小田急 EXE (76)
小田急_引退車両・旧塗装 (155)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (42)
小田急 LSE (159)
小田急 LSE 赤塗装時代 (42)
小田急 9000形 (32)
小田急 区間準急 (23)
小田急_ラッピング車 (54)
JR (150)
E233系2000番台 (43)
中央東線 (473)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (66)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (73)
横浜線 (14)
大糸線 (28)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (62)
東急 (92)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (231)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (18)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (19)
富士急行 (11)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (17)
保存_航空機 (0)
飛行機_国内 (77)
飛行機_海外 (51)
飛行機 (7)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (88)
セピア色の時代_飛行機_国内 (60)
セピア色の時代_飛行機_海外 (60)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (72)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 SIN  (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (10)
風景全般 (59)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (169)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん