FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

BKK 落ち穂拾いの旅_15 終

さあ帰国へ
楽しんだ今年のバンコク逃亡の旅も、もう終わり近くになった。
あとは飛行機に乗って、一路日本へ戻るだけ。

空港の入国審査を終えて中に入ると、そこには免税店など様々な店が建ち並んでいる。
そして、そこに売っている物の値段が急に上がる。
競争がないためか、それとも最後の残ったお金を使ってしまえと言っているのか、素晴らしい値段ばかりだ。
ちなみに市内にあるコンビニ価格と比較してみると、
コカコーラ缶 330cc 17バーツ → 45バーツ。
シンハ缶ビール 330cc 34バーツ → 110バーツ。

もう、ボっているとしかいえないような値段設定である。

…閑話休題…



この半楕円系の通路は、スワナンブーム空港の搭乗口への通路。
昔に見た映画かSFテレビドラマで登場したような、ちょっと近未来的なイメージ。

その通路の最エンドに、搭乗口はあった。
成田でも末だったし、やはり Air Japan は、LCCよりもほんのちょっとだけ上のようだ。
本物の(?)LCCだと以前のドムアン空港を使っているようだしね。

看板のお姉さんが 「お疲れ様です。ここですよ」 と声を出しているような案配で立っている。
視覚的に、ここがあなたが乗るANAの搭乗口だよと不慣れな旅行者に語りかけるようなものである。



廊下の所々に床蓋が開けられるような場所がある。そして、そこあるのはコンセント。
旅慣れた人たちが、スマホを充電中だった。

スマホって早い話が、パソコンそのものでしょ。
ノートパンコンだったら数時間から10時間程度というし、それに比べれば長く持つようだが、それでも絶えずチャージをしなければならないからねぇ…。

旅行中、不思議ともった天気が、ここに来て一気に崩れた。
雷はガンガン轟くし、雨は土砂降りで一部天井からは漏ってくるし…。

そんな中、飛行機も降りるに降りられず、上空待機を余儀なくされたようだった。
その影響で出発便も遅れが目立ちNH916便も搭乗開始時刻が、出発時刻と同じになり30分近く待たされた。

疲れ切っていたので、乗ってしまえば、あとはビールを呑んで寝るだけ。

日本近くになって朝ということで起こされる。



洋食を選んでみた。洋食ってこんな感じなのね。

乗ったのはJA618A。行きに乗った613Aとは導入年が違うので、位置表示のソフトが少しバージョンアップして3Dぼっく表示されていた。
そういえばその頃は必要性が感じられない天気予報まで、やたら3Dぼっく表示するのが流行っていたっけなぁ。




成田に到着。
さすがに朝はスポットが空いているようで、ボールディング・ブリッヂだった。でも、外れの方……。
そういえば、沖止めしてバスでターミナルに入るということは日本ではまだ体験していないようだ。

////////////

ということで2013年の旅も無事に終わりました。

タイトルにあるように過去2年で見損なったり、気になったりした部分の 『落ち穂拾い』 的な旅でした。
このあとスポット的な話題のアップがあるかもしれませんが、本編はこれにて終了です。

ここまで、ご高覧頂き本当にありがとうございました。

- 終
スポンサーサイト



BKK 落ち穂拾いの旅_14

バンコク中央駅(フアラムポーン駅)3


たしか昨年までは、なかったよなぁ。

昨年までミスト装置は、天井にだけ設置されていたようだったが、今年は進化して地上近くの扇風機にも設置された。

この暑い時期、このミストは気持ちよい。もっともバンコクは一年中暑いが…。



こんな具合で吹き出している。
だからといってそこに人が集まるようではなかった。



まぁ、ミストだけではチト寂しいので、車両を。

車両サイドに Full Van と書かれている。早い話が、いや早くなくとも荷物車である。

サイドにこういった表記があるのは見た限りおいては、これと食堂車しかなかった。
食堂車は判るが、地味(?)な荷物車にねぇ…。

地味と思うのは日本人の感覚からだろう。
かなり道路網が整備されたとはいえ、鉄道で運ぶものも多い。
トラックでは大きすぎるし、といった場合に利用されているようだ。

駅の隣接して、荷物の重さを量る計測所が設けられており賑わっていた。
そういえば宅配便というシステムも恐らくあると思うけれど、その自動車を見かけることはなかった。まだそれほど普及していないのかもしれない。

日本も宅配便が普及する前は、各鉄道で小物輸送もしていたから、感覚的にはそれに近いのかもしれません。

2013.8.10 バンコク中央駅
つづく

BKK 落ち穂拾いの旅_13

バンコクのマンゴ タンゴ(スィーツ)
並んでまで、スィーツを食べたいとは思わなかった。

でも、まぁ、話のタネにもなるし、ブログの記事にもなる(!)し…。

一人じゃ絶対に並ばないナ。男二人でもおそらく並ばない…いや、それは相手の気持ち次第か。

やはりスィーツというと女性が、張り切る食べ物の一つだろう。
現に並んでいるのは、女性陣とそれにつれられた男達…しかもそのほとんとが日本人ばかり…。


(少し食べかけてしまい形が少々崩れてしまった。すみません)

マンゴ タンゴの有名なスイーツ。
マンゴーのアイスクリームとババロア、そして果物のままのマンゴー。

この3点が一度に味わえるとかで人気なんだそうだ。

このお店、日本にも支店があったとか、でも撤退したとか…。

ググって見たら、当時日本では1200円位はしたらしい。今日のバンコクでは120バーツだった。

小さなお店で、それほどテーブルがある訳でもないが、スィーツと言うこともあって客の回転は速い。


おいしいことは美味しかったのですが、バンコクで並んでまでは食べなくてもいいなというのが正直な感想。
スィーツに心から酔う女性陣とは、私の場合、多少感覚が違うようです。

2013.8.12 バンコク市内 サイアム・スクエア
つづく

BKK 落ち穂拾いの旅_12

バンコク街中、拾い歩き
街中というか、ビル中というか……とにかくビルの中が広いのである。

日本でも見かけるが、新車の展示である。
このマークはよく知っているが、このスタイルは見たことがなかった。




(Big-C)

帰ってきてから、調べてみるとホンダのアジア戦略車だそうだ。
ホンダは、バンコク近郊のアユタヤに工場を持っているから、そこで製造しているのだろう。

それこそ昔は、日本で製造が終わったタイプを持ってきて、作ったり・売ったりしていたが、インターネットが普及し情報がリアルタイムで流れる時代である。
もうそういった手法は通じず、現地のニーズに合った車が作られるようなってきたのであろう。


(ZEN Central World)

8月12日は、タイの母の日。王妃誕生日でもある。
その日の前後は、様々なイベントが開かれる。

タイの高校生の演奏会が、吹き抜けのホールでおこなわれていた。
いろいろと目白押しのようで、このあとすぐに撤収し違う団体が準備していた。


(ZEN  Central World)

なぜかウルトラマンシリーズの彼がドンと立っていた。
見てたウルトラマンとウルトラセブンは判るが、それ以外の名前は全然わかりません(汗)。



ZEN Central World手前の広場には、翌日からイベント用の大きなテントが立てられるようで、テントのパーツが並んでいた。
そういえば、この時期にいくといろいろなことをやっていたなと記憶がよみがえる。
去年・今年と例年より若干出かける時期が早かったので、そのイベントに間に合わないようだ。

この広場、道路を挟んでBig-C(巨大スーパーマーケット)がある。
その隣が、今年・一昨年と宿泊したアノーマホテル。
ホテルの隣がコンビニというケースはよくあるが、ホテルの隣にスーパーという場所はそうそうあるまい。
何か飲み物や食べ物、日用品が足らなくなったら、すぐに買いにいける。

Big-Cは、今年は朝9時30分から開店し、夜10時まで営業していた。
30分ほど開店時間が早まったようだ。

ちなみに昨年泊まったバンコクシティインは、画面左奥になる。普通に歩いて3分ぐらい。でも屋台が出て歩きにくいから5分くらいかかるかな。

2013.8.10 バンコク市内
つづく

BKK 落ち穂拾いの旅_11

ワイをする人(?)たち
ワイとは、手のひらを胸元であわせ相手に敬意を表するタイスタイルの挨拶の仕方です。

スーパーで買い物をしてもキャシャーのお姉さんたちが、支払いを終わったあとに必ずしてくれますし、日本人が挨拶や電話をしながらでも相手に無意識に頭を下げるような、そんな感覚でしょうか。


(Amarin plaza)
象さんもしていますね。


(Amarin plaza)
ブタさんもしています。

そして、街中ではこの彼もしています。


(Big-C これは2011年撮影:再掲載)

こちらはというと、


(Central World)

韓国焼き肉のお店です。チェーン店らしく他のところでも見かけました。
実は2011年に行った時に入って食べてみました。

まぁ、焼き肉というとこんなものかなぁ…という位で、今度来た時には、きっとないよねぇ(撤退・倒産)しているかと話していたのですが、さにあらず頑張っていました。
韓国風ということが、この地でうけたのかもしれません。

なものですから、ワイはしておりません。
代わりに親指を立てています。

2013.8.11 バンコク市内
つづく

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (369)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (77)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (53)
JR (147)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (474)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (99)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (219)
メトロ II (14)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (76)
飛行機_海外 (62)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (75)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (171)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん