FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

1Weekバンコク市民_21

バンコクの吉野家
 日本で吉野家と言ったら、牛丼のチェーン店を展開しているお店だ。

 その支店が、バンコク・セントラルワールド5階にオープンしていた。

 日本では、牛丼戦争とか、牛丼安売り合戦で草刈り場とか言われ、ひとり負けをしていた吉野家。

 吉野家の牛丼の味は、米国産の牛肉でなくては出ないとこだわって、BSEで米国産牛肉の輸入停止が続いた中でも、一刻も早い解禁をと訴えていた。
 解禁後、米国産が一転して割高になったにも関わらず、使い続けている。
 そのコスト高が、ひとり負けの要因のひとつとエコノミストが分析していた。

 その『こだわりの吉野家』が、バンコクに支店である。
 どれだけこだわっているのか、興味津々であった。



日本において牛丼(屋)の位置づけは、早い・安い・旨いの看板を掲げるファーストフード(店)に分類されることが多いだろう。
一方、タイにおける牛丼は日本のそれとは違い、日本食ブームとも思われる中での、日本のちょっとしゃれた食べ物と言った印象が強い。

さてメニューは、というとかなりローカライズされているものが多い。
いくら日本の味と言っても、同じメニューをそのままでは受け入れられないものもあるからだ。
また牛丼ひとつでは、あまりにもバリエーションに乏しい。
ここは、独自の展開をも考慮されているのだろう。

日本にないメニューの一つに「豚天丼」というものがあった。牛丼にも引かれるが、迷った末にこの新しいメニューを選んでみた。



豚天丼のセットメニューである。
丼の大きさは、日本と同じ。
薄切りの豚肉を天ぷらにしたものが2枚とニンジンのかき揚げが1枚。
まぁ、この薄切りのお肉がうすい。
片側の衣だけでも、衣の方が厚い。ハムかつバンのハム状態である。
で、おわかり戴けようか。

そして甘めの天丼のたれ。
これじゃ、「天丼てんや」じゃないか。

味噌汁の味噌も現地調達なのか、馴染んだ味とは少し違っている気がした。具はわかめが2~3枚程度。
この他にわかめスープともうひとつの三択であった。

飲み物は、お水・コーラ等の他に、アイスグリーンティ(玄米茶)があり、それを選んだ。

肝心のご飯であるが、ちゃんとジャポニカ米(短粒種)で、当然ねばりもあり、ここはこだわっている部分が見た気がする。
きっと10年前だったらインディカ米で誤魔化していたに違いない。

この玄米茶に思いきっりハマった。さすがにご飯の後にコーラは勘弁してほしい。まぁお水でもよいのだが、お茶の味が身体に染み渡るような気がした。
歳をとって、この短い期間でも日本食にあこがれるようになったのか?

お値段だが、セットで139バーツ。
日本円に換算し、日本の物価と比較したら対したことはないのだが、タイ飯が1食30~65バーツ程度(お水は別)で食べられることを考えると高いと思う。その辺りがイメージとしてのお値段が含まれるのかもしれない。

さて、それだけでは終わらなかった。

じゃん! 牛丼である。



当然ながら、別の日のものである。

牛丼の想い断ちがたし…である。
というか、あのアイス玄米茶が飲みたい…。玄米の香ばしさにひかれてしまったのだった。

これもセットメニューである。
牛丼の味は、日本での味そのままだった。

ただセットメニューの中に、日本だったらどの牛丼チェーン店にも絶対にある「生卵」が記載されていない。

なんでも日本の文化人類学者に言わせれば、

「世界中で生で卵を食べるのは、日本人と蛇ぐらいである」  だそうである。

その真偽の程は検証していないが、育んできた文化の違いなのだろう。

ベトナムでは、羽化途中の形になりつつある卵を食べると聞いている。

そういえば昔は、「生で魚を食べるなんて…」で、
特に欧米人に毛嫌いされてきたお刺身だったが、今ではしっかりと食されている。特にマグロなんかは。

異国の食文化は、そこに育っていないと理解しがたいものがあるのは事実である。
そのようなことから生卵がメニューにない理由がおわかり戴けるかと。

さて、こちらのお値段は、豚天丼に比べて10バーツアップの149バーツであった。

蛇足ながら、平日の2-5時の間は「牛丼単品 99バーツ」とPRパンフがセントラルワールド内の案内所に置かれていた。

2012.8.10、12 バンコク
つづく
スポンサーサイト



1Weekバンコク市民_20

バンスー・ジャンクション
 地下鉄に乗って行った先は、バンスー駅。
 ここはファラムポーン(バンコク中央駅)から出た列車が、方面別に分かれる駅。
 上野駅にたとえるならば、大宮駅みたいなところでしょうか。

 大宮駅に操車場があったように、ここは広大な車両留置線がある。



 で、のっけから、バイクが登場する。
 迂回路を回るのはめんどくさいとばかりに駅を中抜けの道路として使っているのだ。

 この駅は、ホームが平行していなくて、端と端とが接するような構造となっている。

 ホーム1の中程から見ると、ホーム2がごらんのようになっている。



人が歩いていますが、その先は一般道です。
この第1ホームに行くのに第2ホームから入って遠回りするのは、めんどくさいとばかりに垣根の切れ目から出入りしていたら、いつの間にか正式な通路になってしまった…。
これまでのタイ人の行動を見ていると、絶対にそうだろうなと思いますね。



こちらが留置線ですが、さすが南国です。雑草が元気でしっかりと覆われています。

ここに来た理由のひとつに駅横に古い車両がキッズコーナーよろしくあったことでした。
バンコクから出ると必ずといって良いほど見ますから、前から気になっていたのです。



線路側に出られぬように柵がありました。
この日は、お休みだったのか、子どもも大人も見かけることがありませんでした。

そして、もうひとつの理由は、昨年ロップリーから帰ってきた時に、この駅で現地に沈没している日本人が降りたことでした。
なんで、この駅で下車? と疑問が湧きました。
地図を見ると地下鉄との接続駅と言うことが判明。
じゃ、確かめてみようと…。
終着駅に近づくと、速度が遅くなってしまうことが多いですが、それを回避できたら早く宿へ帰れるかなと。



駅を出ると向かいに地下鉄の入り口がポッコとありました。
国鉄は、昔ながらのたたずまいでしたが、こちらは現代そのもののスタイルです。

このバンスー駅を起点として見るならば、終点はファラムポーン(バンコク中央駅)。大きく市内を『コ』の字状で結んでいるのが地下鉄ということになります。



そうそう地下鉄やBTSの車両のシートはこんな形状なっています。
暑い国だから、堅いシートのひんやりした座り心地が気持ちよいです。
もっとも車内は、冷房がガンガンに効いていますが。

2012.8.10 バンコク・バンスー
つづく

1Weekバンコク市民_19



鉄道博物館に多少の期待をしていたのだが、締まっていては仕方がない。訪問はまたの機会にしよう。

さて、この公園はBTSと地下鉄との乗換駅でもある。

ただ駅名は、BTSはモーチット。地下鉄はチャトチャック パークと名前が異なっている。
タイ語表記と英語表記の違いか。それとも作る時になにか問題があったのかはわからないが、ここを含めて3箇所ある接続ポイントは、ことごとく駅名が違っている。

さて地下に降りると、まずチェックポイントがあり、金属探知機のようなものの下をくぐらされる。空港の手荷物検査前にある、アレである。
昨年は、それがなくバックを持っていると全員が開けさせられたが、今年は少し進歩してブザーが鳴った者だけ開けさせていた。



コンコースは必要以上に広いと思うが、将来を見越してのことだろうか。



更に下に行くとホームがある。
ホームドアの使用で、警備員はいない。



何カ所か、ドアの位置近くに、テレビ(モニタ)がぶら下がっている。
現在の時間と、来る列車の行き先と、到着までの待ち時間と、広告が表示されている。

初めのうちは広告が面白くて眺めていたが、同じようなCMが繰り返されているので、すぐ飽きてしまった。



この黒い500円玉相当ものが切符である。
裏も表もかわらない。この中にICチップが埋め込まれている。

カードタイプだと段々と刷れて汚くなっていくし、紙はすぐにゴミになるだけ。
再利用するには、最適な色と形状。 
でもなんか、つまんないです。

エアポートレールリンクも、これと同様なものを使っていましたから、タイではこのタイプが都市交通の切符として主流になっていくのではないかと思います。

2012.8.10 バンコク チャトチャック パーク駅 
つづく


1Weekバンコク市民_18

タイの鉄道博物館
 昨日のトラブルにもめげずに、今日も観光へ。

 タイにも小さいながらも鉄道博物館があるらしい。

 数年前にBTSを撮っている人を1回見かけたが、それ以外に見たことがない。
 鉄道趣味というものが、まだ一般化していないのだろう。

 そんな中で、タイ鉄道の博物館があるとガイドブックに記載があったので、出かけてみることにした。

 場所はBTSスクンビット線の終点駅、モーチット。
 ここは、BTSの車両基地があり、周辺はウィークエンド・マーケットと呼ばれる週末だけ開かれる特設の市場がある。
 そしてその周囲は、巨大なチャトチャック パーク(公園)となっている。その北側に設置されているそうだ。


(おきまりのショットをモーチット駅で。持っているのは切符)

駅から降りれば、昨日散々苦労したミニパス群(えっと、今はそう呼ばないんだけ)が、たむろ、いや待機していた。
別段周辺に切符売り場があるわけでなく、ただそこにミニバスが佇んでいるだけ。
どれが、どこ行きなのか、どうしたら乗れるのか。
タイ語が読めぬ・話せぬ観光客には、やはり敷居が高い乗り物のようだ。



公園を散策して行き着いた、鉄道博物館だが…。



この日は、お休みだった。
周囲には、こんなものが置かれている。



給水塔と蒸気機関車の車輪。
1C2か、2C1か…。
給水塔には1902年と刻まれていた。



中には入れないので、周囲の窓から中を見ると、

ボールドウィンタイプらしい蒸気機関車と2軸のダブルルーフ客車。
客車の前(画面右側)に旧型の3軸タイプのディーゼル機関車が見えていた。

帰ってから調べてみると、車両などはタイ国鉄から無償譲渡されたらしい。そのため入場料を取ることままならぬという約束だったらしい。

なもので、収入がなくて、おじさんが一人でポツリポツリと整備・管理をしているらしい。
それには、週末はオープンしていると書かれていたが、さてどんなものか(ちなみに、この日は金曜日だった)。

2012.8.10 バンコク チャトチャック パーク 
つづく

1Weekバンコク市民_17



メークロンの町中は、どうなっているのだろうか?
カタカナの「ハ」の字のように遮断機のバーが上がっているが、そこの右側が駅。

少し歩くと、比較的大きな寺院があった。
そこそこ信者が集まっているようで、ここでは有名な寺院らしい。
当然ながらガイドブックに載っていないし、タイ語でしか表記がなかったので寺の名前はわからない。この辺りがタイ語が出来ない観光客の悲しいところである。

入り口付近には、屋台が出ている。
人の集まるところに屋台ありである。



手相見だろうか。
テーブルひとつで仕事になるようたが、この時間帯にはお客さんおらず手鏡で自分のひげ具合を見ていた。



こちらは、踏切の逆側で、お店の裏側に沿うようにして線路がある。
ご覧の通りの市場である。この市場が、次第に裏側に拡大していき「折りたたみ市場」となったのだろう。

その市場の横で見かけたトラック。


そういえば、東南アジアでは、絶対に必需品と言われている「味の素」のトラックである。
屋台でも、作る手順を見ていると時々パッと白い粉を使っているが、きっとコレに違いない。

えっーと、不確かな記憶によればその主成分は、うま味成分と言われるグルタミン酸ソーダだったかな。
身体に害のあるものではないが、これによって味が均一化してしまったと言われているしなものだ。

列車でスペシャルサービスを受けたので、次の列車を見なくても、もう満足という気分。
列車を待たずして、バスでバンコクに戻ろうか。

ガイドブック(地球の歩き方『バンコク編』2012-13)によれば、以前はミニバスと呼ばれる非冷房のマイクロバスで運行していたが、そのミニバスは2005年に廃止され、現在は冷房付の大型バンで運行されているという。
ミニバスは、私設で発達し、普通バスの補完的役割を担っているようだ。
このメークロンとバンコク市内のビクトリー・モニュメントを1時間で結んでいると書いてあった。
さらに行きは鉄道で行って、バスで戻るのも良いプランともあった。
この甘い言葉を信じたのが間違いの元。

ちょっとバンコク市内に戻るまで、冷房で身体を休めたいし…と、欲を出したのが冷や汗の元になった。
が、この時は、そんなことになるとはつゆ知らずである。

さて、バスターミナルは大体町(街)外れにある。
角を曲がってフラフラと探し歩いていたら、屋台の集落にあたった。
大体、こういう感じの場所だよなぁと思っていたら、そこで佇んでいる人から声が掛かった。

どこへ行く?

バンコク!

あっちだ。とばかりに指を指してくれた。
地元民以外が、歩く先は決まっているのだろう。何気ない親切が旅を楽しませてくれる。

歩くこと20メール。声が聞こえていたのだろうか。手招きをされた。

どこへ?

バンコク!

70バーツ!

値段もガイドフック通りと一安心。



これが、誰がバスチケット売り場と信じられようか。

そこに座っていてと手で教えられた。

しばらくすると到着したようだ。あの自動車と指をさしてくれた。


 (このあと、写真がありません。しかも長文です)

乗ること1時間近く…。一向にバンコクに近づかない。
どこかの大きな街についた。ここで乗客のほとんどが降りたので、運転手に聞いたらバンコクではないという。
なんか、見覚えのある街だなぁと記憶をたぐり寄せる。
川(堀)の両側に道路があって、3~5階立ビルが並んでいる。おそらく、ここは昨年来たナコーンパトムに違いない。

じゃバンコクまで、まだまだだ。
はぁ~。何が1時間だって…と思わず、文句の一つも言いたくなる気分。

特にミニバスは、日本のバスと違って時間になったからと発車するわけではない。ある程度乗客を乗せてからでないと出発しないのである。別段次の予定があるわけでもないので、温和しく乗っていることにした。
乗ったバン(ミニバス)は、あっちの町のあの路地、こっちの町のこの路地と何度も幹線ルートを外れながら、お客を乗り降りさせながらバンコクに近づいてくようだった。
なんか、各駅停車のバスに乗った気分。

更に時間が過ぎて、乗ってから3時間近くになった頃、畑の中のような細いクネクネした道を通って、チョットしたターミナルに着いた。
みんなが降りて、またかいな。と思って座っていたら、運転手が、「バンコク!」と一言。

じゃ、降りるかと降りたら自動車はスルスルと走り去っていってしまった。

あの~、ここは知っている、「ビクトリー・モニュメント」のある場所ではないんですけれど……。
畑の真ん中のターミナルに降ろされてしまった。

空は段々と暗くなり、今にも泣きそうな雲行き。
私の心も、泣くそうな雲行きだ。

と次の瞬間、ザッーと雨が降ってきた。
幸い広い屋根のあるターミナルだったので、折り畳み傘はあるが雨が止むまでここに留まるしかない。
ターミナルには違いないが、さて、ここはどこだろう?
意外と静かでミニバス専用のターミナルか? だったら判らんしなぁ…。
もう写真を撮る余裕はなくて、情報収集モード全開である。

近づいて来る人がいた。彼はタクシードライバーだった。
ここはどこかと聞くと「南バスターミナル」。

そう言えばとJCBラウンジで聞いた話を思い出した。
南バスターミナルは、2年ほど前に今まであった場所より、より郊外に移転したと教えてくれたのだ。
以前の南バスターミナルは使ったことがあるので知っているが、ここは初めて。
どうりで、建物や床のコンクリが新しいわけだ。

さて、これで路線バスに乗れば市内に戻れるのだが、雨は強いまま。
まだ外に出たくはないよなぁ。

とりあえずその4階立てぐらいのターミナルビルの中に入ってみた。入ると2階へのエスカレータと階段があり、その2階は巨大なショッピングモールであった。2~30位かテナントが入っている。
そして中央部に南バスターミナル発の切符売り場と待合席が両方ともズラッーと並んでいた。

そのフロア隅が発バスターミナルへの通路となっており、途中にセキュリティ・ポイントがあって係員がいて乗車券を持った人間以外は、出入りできないようになっていた。
さっき着いた場所は、下車専用の場所だったようだ。どうりで寂しい雰囲気だったのだ。

一通り見たので、下に戻る。
雨は、小降りになっていたが、まだ路線バス停を探したくはない程度だ。

マップを見ていると、またさっきのドラバーが寄ってきた。
どこへ行く?
と聞かれたので、最寄りと思われるBTSウォンウィエン・ヤイ駅といったら、

200バーツといった。

バンコクのタクシーは、そのほとんどがメーターで運賃を支払う(日本なんかと同じ)のだが、そのメーターを使わずに言い値で請求してきたのだ。
雨が降って誰もがタクシーを使いたくなるような需要と供給のバランスが崩れ、運転手が強気になれる時は、昔ながらの支払い方法が出現するのがバンコクのタクシー事情である。

この時も、そうだったに違いない。
足下を見られるというか、鴨ネギ状態というのか…。
おおよそ言い値は、通常のメーターの倍近くの値段が相場のようである。
この辺は、過去の経験から判っていた。

こういう時は、拒否し、メーター使用を求めるのが筋。じゃないと後に続く旅行者に迷惑が掛かる。
「メーターで」、と言ったら意外にもOKと言う。

じゃ、問題はないなと判断し、彼のタクシーで行くことにした。
少し歩くといい、彼は親切そうに傘をさしてくれた。タクシーはなぜか普通の駐車場に入っていた。この辺も、この手のドライバーがやるやり方だ。

席に座るとなんかヘン。

料金メーターのパネルが普通はブラックなのだが、シルバーになっていて形状も違う。
メータの種類が2種類あるのかなと思いつつ、
ドライバーが料金スイッチを入れると、そこには「102」の数字が浮かび上がる。
バンコクのタクシーの基本料金は35バーツ。

102バーツなんて、とんでもない数字だ。
道理ですんなりとメーターでOKと言ったわけである。
こりゃ、かなりヤバイなと思って、走り始めていたがすぐに車を止めさせて降りた。

ターミナルの外れまで来ていたが、元の場所に歩いて戻りかける途中に正規のタクシー乗り場があった。
もうこの時点で、路線バスで帰るということが頭から消えていたようだ。

タクシーの配車係の人に行きたい場所を告げたら、順番待ちのタクシーを呼んで、ドライバーに場所を知っているかと聞いた。
知っていると答えたらしく、これに乗れと指示された。
やはり、料金メーターパネルはブラック。料金は35バーツからだ。

これで、ヤレヤレと思ったら大間違いだった。まだまだ波乱は続く。

南バスターミナルはバンコクからの下り車線側に作られている。つまりバンコク市内へ戻るのには、逆側の車線に入らなければならない。
ターミナル出入り口が交差点にはなっておらず逆側は出られない。
そこで一端下り車線に出て、Uターンゾーンで逆側へというのが普通に考えられるパターンだ。
しかし、このドラバーいけどもいけどもUターンする気配はない。

どうも目的地まで逆コの字のように走って、いく気らしい。
途中何度か渋滞に捕まりながらも、ようやく駅が見えてきた。

運ちゃん、「ホラあれだろ」とばかりに手で指し示している。
そうそう。
でも、この中央車線で走っていると、降りる位置には生け垣が作られていて路側に付けないナと思っていたら、案の定、止めた位置は生け垣の横。

運ちゃん「はは…」と苦笑いをしながら生け垣が切れた位置まで移動する。

で、料金は167バーツ。なんだかなぁ…腑に落ちない数字だ。
こういう時の奥の手、邦貨に換算である。167×2.6=434円。

結論、この運ちゃん、道を知らない!

蛇足たが、バンコクのタクシーは、場所というか道を知らない人が多い。
以前のバンコク国際空港ドムアンでも、配車係に知っているかと聞かれてOK・OK言いながら、
走り始めてから、どこだっけ? と聞き返す事が多かった。
思わず、おまえ知らんじゃないか!
と突っ込みたくなる衝動を何度抑えたことか…。

いろいろと詰めの甘いことが重なり帰りは珍道中となりましたが、無事に知っている場所に戻ってくることが出来ました。
はぁ~、疲れた。

肝心の時間は、素直に列車を待っているより気持ち早い程度でした。
さて精算ですが、列車だと10+3+10=23バーツ。これだと70+167=237バーツ。

ざっと、10倍近くかかりましたとサ。

ここまで、お読み戴き、誠にありがとうございました。<(_ _)>

2012.8.9
つづく

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしく。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (369)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (77)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (53)
JR (147)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (474)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (44)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (99)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (219)
メトロ II (14)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (6)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (76)
飛行機_海外 (62)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (217)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (75)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (171)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん