FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

Nikon F Photomic FTN で江ノ電 5


  Auto nikkor  50mm  F2

 今回の組み合わせNikon Fに、登場当時のレンズを使って撮ってみたシリーズもこれでお終いです。
 フイルム1本という制限で撮ってみました。
 (2本目を入れると途中で終わりそうだったので)

 整備したボディとはいえ、年代物という点においては間違いありません。
 レンズも、コーティングをはじめとしてそれなりに劣化しているのは、明白な事実でしょう。

 こりゃ、早く言ってしまえば、古い革袋に古酒 をいれたような状態です。
 フイルムだけは現在のものですが…。

 おもしろ味という点からしたら、デジカメに古いレンズの方がマッチングがよいかもしれません。
 または、逆のパターンで古いボディに新しいレンズ。

 デジタル時代の単焦点レンズは、澱みがないアルコール(蒸留したばかりの焼酎か。またはビールのフレーズだな)のようにキリっとしているので、それはそれで楽しそうにも思える。
 ま、個人的には、そこまでレンズのラインナップが揃ってないのがナンですが。

  2015.5.2 江ノ電

Nikon F Photomic FTN で江ノ電 4


 Auto nikkor 50mm F2

 この日は、江ノ電最古参の305編成も動いていました。
 ペアを組んでいたのは502編成。このコンビだと色合いが揃っています。

 撮ろうと思えば50ミリと105ミリでも、どうにかまとめることが出来ます。
 さすがに高速で走るものには、ちょっと手が出ませんが…。

 こうして単焦点レンズで撮るのは、レンズ写角の確認の意味もあります。
 50ミリならば、この辺りまで入るとか、105mmならば、ここで一杯かなという確認作業。

 ズームを使うようになっては、それが段々と疎かになってしまい、高倍率ズームに意識と利用度が高まっていきます。
 まぁ、もっとも、フィルムまで戻らなくても構わないのですが…。
 ほら、そこはそれ、たまには ノスタルジーの世界へ です。

 今回、フイルムからプリントを経ずCD-Rに焼いてもらいました。
 露出が大分バラついていて合わせるのに苦労しました。とオペレーターに言われてしまいました。

 すみません。
 女の子を泣かす趣味はないのですが…。
 (最近じゃ60歳を優に超えても、女子会だそうですから、その歳以下ならば女の子でも問題はないか…(汗))

 2015.5.2 江ノ電

Nikon F Photomic FTN で江ノ電 3


 Auto nikkor 50mm F2

 江ノ電の併用区間の江の島駅口には交通指導員が3人いました。

 観光地にきた併用区間に慣れぬドライバー。
 車の先頭は突っ込むけれど、後ろ(お尻)は引っかかっていることが判らぬ車(人かな?)もいますから、
 「あたま隠して、しり隠さず」 状態にならぬように……。

 そんな人達の車をバシバシと制御して、円滑に鉄道運行を支えていました。

 この車両、嵐電カラーなっていました。しかもHMまで付けています。
 なんでも5周年とありますから、提携して5年も経つのですね。
 

 40年以上も前のレンズでも、順光下では全く問題はありません。
 ま、多少フワっとしていましたので、その辺は手を入れてありますが。
 画像処理ソフトのお陰ですというところでしょうか。

 2015.5.2 江ノ電 江ノ島-腰越

Nikon F Photomic FTN で江ノ電 2


Auto Nikkor 50mm F2

 ニコンで言えば、ナノ・コーテイング化して必死になって逆光やレンズ内反射を押さえ込んで画質のクオリティがおちない努力をしている時代に、大昔の単層コーティングレンズである。

 こういった逆光下では、その弱点が顕著になる。
 さすがにどうしようもなくて、フォトショップの力を利用する羽目になった。

 露出計のテストも兼ねていたので、露光は毎回ちゃんと確認したが、結果的には気持ちアンダー気味となった。
 こちらがこの露出計の癖を読み切っていないこともあるだろう。なにせ1本目のフィルムだからなぁ。


 その昔に撮っていた頃は、江ノ電の基本は2両編成の1組だった。
 そんなイメージを求めて、編成が半分隠れたところにしてみる。

 ここの岸には5年ほど前は多くのボートが係留されていたが、今回は1艘も見かけなかった。
 規制が施行されているのだろうか。

 2015.5.2 江ノ電 鵠沼-湘南台公園

Nikon F Photomic FTN で江ノ電 1

 2014年秋口に、とある中古カメラ店で Nikon F Photomic FTN を見つけました。
 製造番号は、いわゆるニューFと呼ばれているロットです。

 ボディ外見程度もまぁまぁ。ただ露出計は動作しません。

 だよなぁ…。

 ニューと名はつくけれど、1970年代前半に作られたものです。既に40年以上前のものです。
 もうクラッシックカメラと呼んでも構わないでしょう。

 整備を兼ねて修理店に持ち込みました。買った金額以上に整備費用がかかりました(汗)。

 これにコレクションしている Auto nikkor -H 50mm F2(1968〈S43〉1-1971〈S46〉) と Auto nikkor -P  105mm F2.5(1966〈S41〉12-1971〈S45〉) こちらは初期モデルの単コーティング仕様で製造から40年ぐらいは経ています。
で、撮ったらどんな感じになるか。



 これに合う被写体と言えば、やはり江ノ電でしょう。
 という訳で出かけてきました。

 機材にあう被写体のことしか頭になかったので、大型連休中の江ノ電は激混みということを失念していました。
 久々にラッシュアワー並の混雑です。(いた時間帯で最大10分程度遅れていました。そこまでズレると江ノ電場合、単に一段落としでの運行に近い感覚ですね)


 Nikon photonic FTN Auto nikkor  105mm F2.5

 本来は、年が明けてからすぐ撮るつもりだったので、ISO400(ASA400と書きたい)のフィルムしか用意してありません。 これだとこの時期のド・ピーカンだと1/500や1/1000でも f 8 やら f 11です。
 レンズの味という意味ではナンですねぇ。

 予想していたとおり順光下では、ちょっと濃度が薄くなる程度しか大きな差は出ませんでした。

 2015.5.2 江ノ電 鵠沼駅

« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

ジモティネタ満載の姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしくお願いします。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (371)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (77)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (57)
JR (150)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (475)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (45)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (100)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (220)
メトロ II (15)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (8)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (80)
飛行機_海外 (65)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (220)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (76)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (172)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん