FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

小田急 2656F「快速準急」 新宿行

5396_720314

 今は無き種別幕の「快速準急」新宿行です。

 2600形もいなくなってしまったし、画面右横に写っている大正堂の店舗もなくなってしまっています。
 画面左の柱に付けられている「通過表示灯確認」の表示も懐かしい。

 新宿から来た準急はこの登戸駅以西は各駅に止まっていくので、通過表示灯を消灯していた。
 今の小田急は運転中ベッドライトを点灯しているので、あえて通過表示灯をしなくてよいと考えたのだろう。

 2051Fと2052Fには表示点灯部があり、まるで途中で気が変わったように、それ以降の編成には初めから付いていない。



 画面右側一帯の登戸地区は、再開発中になっている。
 少し前に見た時は、更地に区分けをするようなものがチラリと見えていました。今はもう少し開発が進んでいるかと。

 遠くの丘の上に建っているビルは、当時この辺りでは総合病院として機能していた稲田登戸病院。
 1949(S24)年に開業し、2006(H18)年3月31日に閉院とウィキにあった。

 1974.3.14 小田急線 登戸駅
スポンサーサイト



9000形準急を待つ9000形各停

9000形準急を待つ9000形各停

 とある時代の一コマとなってしまったシーン。

 ここは地上駅時代の成城学園前駅。

 この時代は上下線とも登って駅に着いたのに、いまは逆に下って駅に着くようになった。

 
 各駅停車に9406Fが待避線いて、準急で到着したのは9404F。

 同じ9000形同士で、緩急の接続をしていました。

 当時は通過表示灯を使用しており、ヘッドライトの点灯はまだしていません。

 

 まぁ、画面中央部にどんと柱があって、構図的には大変問題があるのだが、この時に持っていたレンズではこれが精一杯であった。

 使ったのは6×6版カメラのマミヤC220。

 (掲載にあたり上下をカットしてあります)

 レンズも望遠系はあったが、ワイド系は持っていなかったので標準レンズ(80mm)が最短という鉄仕様のシステムであった。

 もっとも先の持ち主は、先輩のお友達(鉄友らしい)だったので、そういう意味ではある意味で理にかなっていたのであった。

 1975年頃 小田急線 成城学園前駅

小田急 現役時代のSSE車あさぎり号



 昨日、久々に小田急SSE車と出会ってきました。
 5両編成で見るのは、これが最後です。

 暑い日でしたから、別れを惜しんでしんみりと来ることはありませんでした。
 やはり、しんみりとくるには、それなりの気温が必要なのでしょう。
 

 SSE車3000形。よく沿線で見かけたし、撮ったンだよなぁ。
 そんなことを思っていたら、現役時代のSSE車を探していました。

 
 時は半世紀近く前。
 小田急線が10両編成化するために駅の改良工事をしている最中でした。

 撮影した場所は新宿駅南口、甲州街道の代々木寄り。
 今は、ここは蓋をされて人工の地表になっています。

 1974.4.30 小田急新宿駅付近

小田急 旧4000形×2+1800形



 小田急旧4000形×2+1800形。

 春なのに秋風景…すみません。

 画面右端に屋根の色が違う車両が見えますが、それが1800形です。

 この頃はABF車もいたので、4000形のモーターはHB車から移設されたものでしょう。

 最近、サルベージした画像です。車両がメインで写っていないのでスキップしたのだと思います。



 進入禁止の立て札が立つ、ここは柿生1号踏切。

 今のマルエツ前の踏切です。

 今昔物語に使えるかと思いましたが、この場所には建物があって無理・無理状態です。

 そのような訳で、単独でのアップとなりました。
 
 1971.10.20 小田急線 柿生駅付近

小田急 クハ2480「猪電」



 立春の昨日は四月並みに気温が上がりましたが、今日は一転して寒い冬に逆戻りしています。

 こんな日は、鍋ものが食べたくなります。

 昔は年末~年度末にかけて、臨時ツアー電車「猪電」が走っていました。

 温泉に浸かり、お昼に猪鍋を頂くというものでした。

 今でも厚木や伊勢原付近の宿では、そういったメニューがあるそうです。

 猪鍋の肉は「いのしし」です。今の流行言葉で言うところの「ジビエ」なんでしょう。


 基本的に獣肉食が禁じられていた江戸時代も「山鯨」という名前を付けて食していた歴史があり、ウサギなんかも、1羽と数えるのも「ありゃ、鳥だ」と行って食べていたといいます(諸説あります)。


 猪鍋は、そういう歴史がありますが、自家箸で大鍋をつつくというのは…という風潮も出てきて宴会などでは個人用の小さな鍋で食べるのが主流となって行きました。

 そういう流れと会社や店舗職員が揃って宴会を、も廃れていった時期と重なって、いつの間にか消えていきました。

 1972.3.26 小田急線 新宿駅

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

ジモティネタ満載の姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしくお願いします。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (371)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (78)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (57)
JR (150)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (476)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (45)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (100)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (220)
メトロ II (15)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (8)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (80)
飛行機_海外 (65)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (220)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (77)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (173)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん