FC2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

1053F+1051F各停「伊勢原」

5951N_1051+1053F

 気がつけば1000形の幕車で新宿方に付く4両編成で残っているのは、登山線に充当されている3本を除けば、この2本と1068F、1092Fと更新されないワイド車だけ? という事態になっているような気がします。(もしかするとカウントが落ちているかも(汗))

 新宿方に付く車両は、ことごとくLEDの白い光が見えて視界に登場してきます。

 安心の幕車の滅亡は秒読みに入っていて、その最終段階なのかもしれません。

 日中には、あまり見られない各駅停車「伊勢原」の運用にこの日は入っていました。

 2020.7.21 小田急線


 そう言えば、今日から8月に入りました。

 そして、あと2~3日後じゃないかと思われていたことを反するかのようなタイミングで、梅雨明けも発表されました。

 夏と言えばまず頭に浮かぶのはプールですが、今年は海水浴も、山小屋も、盆踊り大会も、海外旅行も、ことごとく新形コロナウイルスの影響で(営業)中止になっています。

 海外旅行だと現地についてから概ね14日間は隔離ですから、普段のスケジュールで行ってくる海外旅行だと隔離期間に旅行は終わり、しかも日本に戻れない状況となります。

 戻ってからも日本での隔離期間がありますから、隔離を経験するための海外旅行になってしまいます。

 そりゃ、海外旅行は当分無理やなぁ。

 であります。

 Ps. 画像が少々眠かったので、処理をやり直して差し替えました。

 
 
スポンサーサイト



新5051F 急行「新松田」

5950_5051F

 新5000形も2本目が既に小田急に到着していますし、順調に3本目も回送されてきています。

 じわじわっと増えていく頃が、新車の楽しみ方としては一番面白い時かもしれません。

 沢山あれば、また○○かになりますし…。

 走っているのだけれど会いにくいところが、気を引かれるところなのかもしれません。



 それはそれとして、この逆台形顔が小田急線を走るなんて想像すらつきませんでした。

 E233系顔と言っても良いのでしょう。

 本家本元では南武線に投入した8000番台を最後として、そのあとの新製車はスマホ顔と言われているE235系へと製造が切り替わりました。

 昔々、日本で廃れた自動車の金型を東南アジアに持って行って現地生産の新形として売っていました。さすがにインターネット時代では情報がすぐに流れますから、それは無くなりつつあるようですが。


 このE233系顔シリーズは、型落ちしたエアコンじゃありませんが、旧モデルだから安いヨ とばかりに、大手私鉄に売っているのでしょうか(各社仕様に合わせて、ある程度はカスタマイズしているでしょうけれど)。

 どうなんでしょうね?
 
 2020.7.12 小田急線

 

小田急3085F

5937_3085F

 気がつけば、昨年度の増備計画にあった8両→10両化計画の最終編成が登場していました。

 社会状況がドタバタしていても、きっちりと計画を推し進めていたのですね。

 2020.6.29 小田急線

1091F 多摩急行「唐木田」

5928_1091F多摩急行

 湘南急行よりも長く運用されてきた多摩急行

 発足当初は、多摩急行の多摩の文字は山のイメージであるグリーンで表示され、湘南急行の湘南は夏の海、太陽のイメージでオレンジ色になっていました(と思います)。

 秋葉原からの帰り道、新御茶ノ水駅で多摩急行に乗って座れば新百合ヶ丘駅まで安心して寝ていられた。

 降りれば隣のホームに各停が待っている、とても便利な列車でした。

 今も千代田線から小田急線内への直通列車はあるけれど、まず登戸駅で後から来る快速急行に乗り換えて、更に新百合ヶ丘駅で各駅停車に乗り換える。



 めんどくさい!



 鉄道ファンにあるまじき発言である(笑)。

 ただ一介の利用者としては、利便性が低くなって不便になりました。

 万人に便利なダイヤなんて存在しないけれど、もう少しどうにかならないものかと思ってしまいます。

 2004.4.17 小田急線

 

孤高の一本1081F その13

5923_1081F

 聞いたところによれば、1000形唯一の8両編成が6月30日をもって運用を終了したようだ。

 翌日には、既に一部の車両では屋根上機器が撤去されたとの目撃情報も流れてきた。

 そうか、将来的には8両編成という編成長は必要とされていないからなぁ。

 更新されずに去っていったのか。

 更新されずに去って行くのはメトロ6000系の最終形もそうだったしなぁ…。

 実社会と同様にあとから出てきたものに、優しくない社会なのか(笑)。




 積極的に追いかけるほどではなかった。

 来れば撮るタイプの撮影スタイルでは、「各駅停車」と「区間準急」しか記録できなかった。

 でも、それが私の生活圏での記録・撮影スタイルですから。

 1081F お疲れ様でした。

 2020.6.30 小田急線

 

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
yahooブログより引っ越してきました。よろしくお願いします。

ジモティネタ満載の姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしくお願いします。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (371)
小田急 GSE (47)
小田急 MSE (152)
小田急 VSE (86)
小田急_EXEα (45)
小田急 EXE (78)
小田急_引退車両・旧塗装 (160)
小田急 RSE (35)
小田急 HiSE (45)
小田急 LSE (160)
小田急 LSE 赤塗装時代 (45)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (25)
小田急_ラッピング車 (57)
JR (150)
E233系2000番台 (45)
中央東線 (476)
中央西線 (12)
E353系 (31)
電気機関車 (45)
EH200 (46)
東海道線 (72)
御殿場線 (27)
小海線 (16)
南武線 (75)
横浜線 (17)
大糸線 (30)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (100)
京王 (32)
都営 (16)
メトロ (220)
メトロ II (15)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (20)
東武鉄道 (8)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (18)
保存_航空機 (2)
飛行機_国内 (80)
飛行機_海外 (65)
ビジネスジェット機 (4)
今昔物語 (47)
セピア色の時代 (220)
セピア色の時代_OER (100)
セピア色の時代_私鉄編 (90)
セピア色の時代_飛行機_国内 (70)
セピア色の時代_飛行機_海外 (77)
バスと自動車 (6)
撮影機材 (8)
実験工房 (6)
これで撮りたい (18)
使わずに死ねるか! (75)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行 台湾・高雄の旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 KHH (10)
旅日記海外 2006 BKK (6)
旅日記海外 2005 BKK (1)
旅日記海外 2004 BKK (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (56)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (5)
そばの蕎麦 (173)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター

Template by たけやん