fc2ブログ

晴れ時々Fe 2

鉄道と鉄道風景写真やアジアの旅行記などをやっています。

Nikon FM2を持って座間界隈で散策 4

菜の花と

 春らしく菜の花が咲いているエリアが2箇所ほどあります。

 花と相模線E131系の組み合わせは、今シーズンが初めてのこととなります。

 この場所に着いたら、参加者が蜘蛛の子を散らすように動いていった理由のひとつに、この花に目が行ったからなんでしょうね。

 バックの山は大山。

 春が、かなりのところまで登山しておりました。

 2022.4.30 JR相模線

 
スポンサーサイト



Nikon FM2を持って座間界隈で散策 3

E131系500番台1

 小田急線からJR相模線へは相模川が長い年月をかけて作った河岸段丘を下るようにして歩くと到達します。

 こちらはこの3月のダイヤ改正で主力となったE131系がまだピカピカなので、こちらも収めておきたい。

 開けた場所に到達すると、まるで蜘蛛の子を散らすようにばらけています。

 撮影ポイントを限定される場所だと各自のバリェーションもなにもありませんが、自由に動けるならばと話は別さとばかりです。

 お立ち台なんて言葉が、まだなかった頃に自力で撮ってきた方々ですから本領発揮なんでしょうね。

 あ、私ですか。それはもう定番通りの位置からスタート。

 これはもう、この路線での儀式みたいな気すらしております。ハイ。

 2022.4.30 相模線

 

Nikon FM2を持って座間界隈で散策 2

GSE

 参加者は小田急沿線に住んでいない人が多いので、

 地元鉄としては 「これ、ぜひ撮って下さいネ」 とGSEを宣伝します(笑)。

 そんなことをしなくても「お鉄仲間」ですから、ご存じだったでしょうね。

 地元鉄でないとよく判らないのが、1000形と2000形の違いでしょうか。

 パッと見て普通は判りませんよねぇ。

 こちらも他所の沿線に行くと判らない車両が多々ありますから同じようなものなのでしょうね。きっと。

 2022.4.30 小田急線

 

Nikon FM2を持って座間界隈で散策 1

Nikon NewFM2

 平成最後の日であった2019年4月30日に昭和(駅)を撮りに行き、また来年もやろうねと約束して別れましたが、コロナ禍で開催できずコロナが落ち着いた今(2022)年4月30日に3年ぶりに開催されました。

 何がですかって? そうフィルムカメラで、今の鉄道を記録しようという趣旨の会です。

 今回のお供は、Nikon New FM2 というカメラ。昨年に大ヒットして入手しずらいと話題になったNikon Z fc がリスペクトしたカメラでもあります。

 今回は、FM2にAi-s 28-85/3.5-4.5とAF Nikoor70-300/3.5-5.6Dの2本で散策することにしました。

1251F 急行「町田」

 先が見えなくなってしまった1000形幕車を撮るべく、まずは小田急線へ。

 待っているとやって来たのは、1251F 急行「町田」。

 急行「町田」という行き先が新鮮!

 デジカメと違って1枚1枚丁寧に撮らないと、ランニングコストがべらぼうに掛かってしまいます。

 そろそろ供給されているだけでもありがたい存在になりつつあるフイルムというメディアは完全に趣味世界の存在ですね。

 大昔は、駅の売店から観光地の売店まで「フイルムあります」のポップや幟があったのですが、今や写真屋さんでもフイルムが置いてあったり・無かったりの状態です。

 それでも色々な映画用フィルムをパトローネに詰めたものやら、開発途上国で生産されているもの、はたまた欧州の小さなメーカー製のフイルムまで、探してみれば見つかります。

 2022.4.30 小田急線

 Ps.:反転作業をやり直して、画像を差し替えました。

 

緑の中を行く

緑の中を行く

 普段の行いがよくないせいか、1日ぐらいは撮影ができない日がままあるのだが、今回は予定していた3日間、全てが晴天。

 それこそ、青天の霹靂だぁ。

 さて、役者がE353系と211系ばかりなので、3日目ともなると満腹感も半端ない。

 午前中は、以前から気になっていた社寺仏閣を訪ねることにしました。


 その近くまで来たのだからと、3日間の〆はここにすることに。

 そう言えば、この3日間同業者をほとんど見かけません。

 今回のGW中に中央東線に注目される車両が来るわけでもないし、みなさん他のイベントへお出かけなのでしょう。

 そう思っていたら、地元鉄さんが来られました。

 お話しを伺うと例の見かけたグリーン色のE257系を狙いに来られたのだとか。

 でも通過するのは17時過ぎなんですよねと…。
 情報をありがとうございます。

 さすがにそこまでは頑張り切れそうにもなくて、これを撮って終了にしました。

 長々と引っ張ってきましたが、これにて終了です。

 ご高覧ありがとうございました。

 2022.5.5 中央東線

 

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やじたか

Author:やじたか
許可なしに当ブログ内記事の文章や画像の転載・転用は固くお断りいたします。

ジモティネタ満載の姉妹ブログ(ぶらりASAO)もよろしくお願いします。
http://yajiburo.blog46.fc2.com/

最新記事

FC2カウンター

カテゴリ

小田急_現行車両・現塗装 (463)
小田急 GSE (63)
小田急 MSE (175)
小田急 VSE (114)
小田急_EXEα (58)
小田急 EXE (101)
小田急_ラッピング車 (81)
小田急_引退車両・旧塗装 (213)
小田急 RSE (37)
小田急 HiSE (46)
小田急 LSE (162)
小田急 LSE 赤塗装時代 (51)
小田急 9000形 (35)
小田急 区間準急 (28)
JR (166)
E233系2000番台 (56)
中央東線 (328)
中央西線/篠ノ井線 (15)
E353系 (67)
E351系 (84)
185系はまかいじ (70)
183/9系 (35)
電気機関車 (47)
EH200 (65)
東海道線 (75)
御殿場線 (28)
相模線 (19)
身延線 (15)
小海線 (17)
南武線 (80)
横浜線 (18)
大糸線 (32)
しなの鉄道 (20)
私鉄 (48)
東急 (108)
京王 (52)
都営 (20)
メトロ (249)
メトロ II (20)
江ノ電 (18)
京浜急行 (31)
相模鉄道 (27)
東武鉄道 (10)
西武鉄道 (20)
富士急行 (11)
岳南鉄道/電車 (12)
371系 (30)
蒸気機関車 (18)
保存_鉄道車両 (20)
保存_航空機 (12)
飛行機_国内 (94)
飛行機_海外 (72)
ビジネスジェット機 (5)
今昔物語 (50)
セピア色の時代 (230)
セピア色の時代_OER (106)
セピア色の時代_私鉄編 (93)
セピア色の時代_飛行機_国内 (75)
セピア色の時代_飛行機_海外 (82)
バスと自動車 (9)
実験工房 (13)
使わずに死ねるか! (96)
旅日記_国内 (6)
旅日記海外 2020 寒さからの逃避行台湾・高雄旅 (31)
旅日記海外 2019 暑気と雨期のはざま旅バンコク (24)
旅日記海外 2018 ハノイよいとこ、一度はおいで (18)
旅日記海外 2018 バンコク病み上がりの旅 (15)
旅日記海外 2015 バンコクで息抜き旅 (13)
旅日記海外 2014 麗しの島・台湾 基隆 (27)
旅日記海外 2013 バンコク落ち穂拾いの旅 (15)
旅日記海外 2012 1Weekバンコク市民 (21)
旅日記海外 2011 20年目のバンコクホリディ (20)
旅日記海外 2010 シンガポール夏休み日記 (9)
旅日記海外 2008 台湾・高雄でお正月 (10)
旅日記海外 2006 タイ・バンコクでお正月 (6)
旅日記海外 2005 タイ・スコタイで夏休み (1)
旅日記海外 2004 タイ・バンコクで夏休み (15)
町・街 (15)
風景全般 (48)
見上げてごらん空を (73)
読み鉄 (4)
Beer (9)
タイ食 (14)
そばの蕎麦 (197)
雑記・戯れ言 (25)
TOP (428)
石仏 (16)
未分類 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

Template by たけやん